スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博麗の巫女の結界破り

SSリクエストの5連作の第2作目「博麗の巫女の結界破り」が完成したのでアップします。今回もイラストを1枚入れています。
霊夢は可愛いので巨大化して暴れると絵になりますよね~。

……
「ちょっと……どうなってるのよ、これ」
自分の置かれた状況に気づいた瞬間、博麗霊夢は思わず大声を上げた。
紅白の巫女服に身を包んだ少女は約三十倍サイズまで巨大化して、外の世界とおぼしき大きな街の中央に立っていた。パンプスに包まれた巨大な足は通りのアスファルトを陥没させ、複数の車を完全に潰してスクラップに変えていた。
「紫の仕業ね、どう考えても……」
こんなイタズラをするのは妖怪の賢者・八雲紫以外には考えられなかった。そもそも、縁側でお茶を楽しんでいたところ、いきなり空間上に開いたスキマに落とされてしまったのだ。
油断も隙もあったものではなかった。
「で、なんで巨大化してるのよ。そもそもここって本当に外の世界? まるで人の気配は感じられないし、覚えのある妖力だって感じられるし……」
<ご名答。さすがは博麗の巫女ね~>
「紫! すぐに元に戻しなさいよ! イタズラばっかりしてると本気で退治するわよ!」
<あら、ご挨拶ね♪ 貴方にちょっと頼みたいことがあるのよ>
「あんたの頼みなんて怪し過ぎるわね。またろくでもないことを企んでるんでしょう?」
<そんなはずないじゃない~。要はその街を完全に破壊し尽くして欲しいのよ♪>
「へ?」
<殴ったり、蹴飛ばしたり、体当りしたり、押し潰したり……どんな手を使ってもいいわ。但し、弾幕とスペルカードは使用禁止。貴方の身体と力だけで壊して欲しいの>
「なにそれ。本気なの?」
<私が嘘を言ったことがあったかしら?>
「……。こういう時に嘘をついたことはなかったわね」
<ふふ。ありがとう。実はその街は私が作った架空の街なのよ。実際は街ではなくてとある結界なんだけど、どうしてもそれを破らないといけなくなったのよ。で、貴方の出番となったわけ>
「ただの結界破りにしては手が込んでるわね。まだ裏がありそうだけど……要するに私が身体と力で結界を壊さないと駄目な状況なのね」
<さすがは飲み込みが早いわね~。つまりはそういうことなのよ。というわけで、お願いするわね♪>
あっと思う間もなかった。
紫の気配は消えて、架空の街の中には巨大化した霊夢だけが残された。
結界破り、ね……確かに得意だけど、こういう方法ってある? 普通にやった方が早いのに。
不平半分思いながら足を振り上げて、足元の車を思い切り蹴飛ばす。その一撃だけで複数の車が巻き込まれてスクラップになり、一部が爆発炎上する。車の一部は通りに面した建物の正面を思い切り破壊し、電線が切れて火花を散らす。
恐ろしくリアルだったが、架空の街なので霊夢自身は熱さも痛みもまるで感じなかった。
簡単に全部壊せそうね。こんなに巨大化してるんだから当然かもしれないけど……。
そう思うのと同時に、心が熱くなるのを感じる。当の本人は気づいていなかったが、それは純粋な破壊衝動だった。
「……。仕方ないわね。こうなったら思い切り暴れてやるから!」
半ば開き直るように宣言するのと同時に。霊夢はついに動き始めた。

最初に破壊されたのは、通りに密集していた車だった。さっきの一撃で既に一部がスクラップと化していたものの、霊夢の巨大なパンプスによって道路のアスファルトごと潰されていったからだった。
「簡単に壊れるのね。ま、こんなに大きくなっているから当然だけど」
十歩ほど歩いてから、霊夢は口元に手を当ててつぶやいた。
「それにしても大きな建物ばかりで自然なんかまるでないじゃない。こんな所に暮らして何が楽しいのかしら。しかも……」
言葉を切って、霊夢は白い袖に包まれた両腕を通りに面していた建物めがけて振り下ろした。それだけで建物は両断され、階層がむき出しになる。瓦礫が道路に落下し、さらに車を潰してしまう。
「想像以上に脆いじゃない。これなら幾らでも壊せそう。えいっ」
もはや躊躇いは一つも存在しなかった。巨大化した博麗の巫女は膝上までのスカートを思い切り翻して、半壊したビルに蹴りをお見舞いした。パンプスと三つ折ソックスに包まれた足が凶器となって建物をまとめて破壊し、周囲のビルなども巻き込みながら倒壊する。一気に瓦礫や埃が舞い上がり、さすがの霊夢も口元を押さえたが、視界が晴れるのと同時に。かすかに笑みを浮かべた。
蹴りの一撃によって、街の一部は原型も止めないほどに破壊されていたからだった。一部からは黒煙も吹き上がっていたが、霊夢は気にすることなく足を踏み入れる。瓦礫を踏み潰すたびに不思議な快感が込み上げてきて、下半身が少しずつ熱くなってくるのを感じる。
……無理ないじゃない。こんなに楽しいんだから♪
立ち並ぶビルをスカートに包まれた足で破壊しながら進み、両手で大型の商業ビルの屋上を鷲掴みにして引きちぎる。それを無傷の住宅地に叩きつけると、小さな家がまとめて瓦礫と化していく。それでも霊夢は手を止めたりしなかった。
自分の胸元ぐらいまでの高さを誇る大型マンションに行く手を塞がれると、再びキックを食らわせて中央部を破壊する。そこに足を踏み入れると今度はむき出しになった部分を何度も殴って破壊し、最後は両手をかけて押し倒してしまう。1分もかからずに、大型マンションは瓦礫の山となり、霊夢はそれを踏み潰しながら新たな獲物へと襲いかかる。
「これ……鈴奈庵で借りた雑誌で見たことがあるわね」
次に霊夢が目をつけたのは、大型の電線塔だった。無造作に足元の建物を蹴散らしながら近づくと、軽く手をかける。
「でも武器代わりにちょうど良さそう♪ えいっ……あ!」
軽く力を込めて地面から電線塔を引き抜いた霊夢だったが、電線が切れた瞬間、派手に火花が散ってさすがに驚いた。それでも熱くなかったので無理やり電線を引きちぎると、両手で電線塔を持つ。
「うん。いい感じいい感じ。やっぱり武器がないと駄目よね~」
笑いながら言い切ると、紅白の電線塔を持った紅白の巨大巫女は住宅が密集する地区を踏み潰しながら歩くと、大きめのビルに襲いかかっていく。まずは手にしていた電線塔をを思い切り振り下ろす。その一撃で建物を壊そうとしたが、壊れたのは塔の方だった。
「……。なにこれ、全然じゃない」
不満げにつぶやいて原形を無くした電線塔を無造作に投げ捨てると、憂さ晴らしに派手なキックを食らわせる。体重の乗ったそれによってビルは中程から真っ二つになり、瓦礫が派手に飛び散って周囲の建物や住宅、道路上の車などをめちゃめちゃにしていく。それでも霊夢は残った部分ににも蹴りを食らわせて、ついに周囲ごと瓦礫にしてしまった。
「まだまだかなり残ってるわね。大変かも……」
口ではそう言いながらも。霊夢は無邪気な笑みを浮かべていた。
怪獣のように暴れるのは楽しくて仕方なかった。

巨大化した博麗の巫女が下半身の熱さをはっきりと意識したのは、大きな街の四分の一が瓦礫と化した頃のことだった。
「……なんでこんな時にこうなるのよ。確かに興奮して仕方ないけど何もこんな時に……」
口ではそう言ったものの、原因は分かりきっていた。制限のない破壊行為が、ちょっとした背徳感と混じり合って今まで経験したことがない性的興奮に結びついていることに……。
「でも適当なものなんか……あるじゃない♪」
密集する住宅を壊滅させて、その上に仁王立ちになっていた霊夢だったが、瓦礫を蹴散らして次の標的へと向かっていく。そこにあったのは……電車の高架線だった。
「さっきから気になってたのよね~。武器にはしづらそうだけど、大きさもちょうどいいし」
言い訳半分つぶやいていたが、身体は正直だった。高架線の上にあった通勤電車を先頭から掴み上げると、二両分だけを引きちぎって手に持ったからだった。一瞬だけ周囲を見回して誰もいないことを確かめると……赤い巫女服の上から胸の谷間にこすりつけ始めてしまった。途端に今まで経験したことがない程の快感が背筋を走り、とろけるような恍惚感と共に霊夢は高架線を壊しながら尻もちをつく。
「う……うふっ、箒と違って刺激的♪ こういうのもいいかも……ああ、駄目……!」
思い切り足を伸ばして高架線や周囲の建物を破壊しながら、電車で胸の谷間を刺激し続ける。小ぶりながらも形の良い胸が揺れるたびに少女の唇からは喘ぎ声が漏れ、下半身の熱さが加速していく。
「もう……どうにでも……なれ!」
しばらくして、ついに霊夢はスカートの中に電車を入れてしまった。よく箒でやるように、短めのドロワ越しに原形を失いつつある電車で秘部を思い切り刺激する。さっきまでの何倍もの悦楽が全身を支配し、霊夢はまるで獣のように転がってしまう。ふわりと翻った黒茶色の髪と赤いリボンが住宅などの上にかかり、さらに転がってきた博麗の巫女の巨体が簡単に全てを押し潰していく。それでも霊夢はスカートが完全にまくれたあられのない姿で一人遊びを続ける。
「ああっ……駄目……ドロワの中までぐちゃぐちゃ……後で大変なのに……でも……凄く気持ちいいかも……」
小さなアパートを枕にしながら、巨大化した少女はつぶやく。両手は握りしめた電車をドロワに押し付けたままだった。
「まさかこんな状態でイッちゃうなんて……思わなかった……でも、何回でもイケそう……」
平然と言いながらさらに転がって住宅街を破壊する。巨体の下で建物が潰れていく感覚すらも気持ちよくて、秘部から幾らでも熱いものが溢れるのを感じる。
極楽にいるかのような悦楽に浸りきって、霊夢がゆっくりと体を起こしたのは、それからしばらくしてからのことだった。道具代わりした電車を無造作に投げ捨て、乱れた髪を直しながら辺りを見回す。大きな架空の街はたったひとりの少女の手によって、一部が原形を残さないほどに破壊し尽くされていた。あちこちからは黒煙や炎が吹き上がり、瓦礫とも相まって地獄絵図と化しつつあった。
それでも、霊夢の笑顔は崩れなかった。
「でもまだまだ無事な建物とかが多いわね。もっともっと壊さないと♪」
そんな事を言いながら立ち上がる。汚れた巫女服からは瓦礫などがぼろぼろと落ちてきたが、気にすることなく次の獲物へと襲いかかっていくのだった。

その後も巨大化した博麗の巫女による大破壊は続いた。アーケードを持つ大きな商店街はそのアーケードを武器にして破壊し尽くされて無残な姿を晒し、高架線の駅は電車ごと壊滅し、その周囲に立ち並んでいた大型のビルもまた全て倒された挙句、完膚なまでに踏み潰されてしまった。
「まだまだ壊し足りないわね~」
ゆっくりと瓦礫の上から体を起こしながら、霊夢はつぶやいた。街の中心部に襲いかかって約十五分で、主な部分は壊滅していたが、なぜか物足りなかった。

街破壊巨大少女幻想136

「もっと大胆に壊した方がいいのかも。たとえば……」
両膝をついた状態のまま、巨大化した霊夢は移動を始めた。また車などが潰されて爆発したが、構ったりせずに目についた無傷のビルに襲いかかる。いきなり、全体重を預けて寄りかかる。小ぶりな胸の下で建物が崩壊していったが、そのまま押し潰してしまう。それでも満足できなかったので、今度はセミロングの髪やリボンを思い切り揺らしながら転がる。約1500トン近い体重を受け止めて、周囲の建物が次々に瓦礫となっていく。
「やっぱり楽しいわね~。こういうのも。こんな事もしたりして」
密集する住宅地の中心部に横たわって、巨大な少女は二の腕がむき出しになった腕を伸ばすと、そのまま立ち並ぶ建物を巻き込みながら腕を閉じてしまった。綺麗な両腋の下で、住宅などが破壊されていったが、霊夢は笑っていた。
「腋で建物を壊すなんて私ぐらいかもね~。胸はあまりある方じゃないし……」
一瞬、自分よりも立派な胸を持つ別の腋巫女の存在が心に浮かんだが、すぐに打ち消して霊夢は立ち上がった。全身に付着した瓦礫を振り払うと、今度は工場などが立ち並ぶ地区へと襲いかかっていく。
「このあたり壊すと酷いことになりそう~。でもやっちゃったりして♪」
爛漫な笑みを浮かべると、霊夢は躊躇いを見せることなく工場へと足を踏み入れていく。パンプスに包まれた足で正面ゲートを踏み潰し、まずは目についた腰ぐらいまでの高さの建物を壊しながら歩く。原形を失うほどに破壊されたのを見ると、今度は足を振り上げて周囲の建物ごと壊してしまう。
「やっぱり脆いわね~。簡単に壊れるじゃない」
わざとらしくつぶやきながらも、手足を使って次々に工場を壊していく。
大型のクレーンがスカートに倒れ掛かってくると両手で持って武器にして暴れる。
ガスの詰まったタンクを見つけると地面から引き抜いて、別の建物に叩きつけて大爆発を引き起こす。
吹き上がる爆炎と煙を悠然とかき分けながら何かのプラントに襲いかかって、さらに爆発炎上させる。
気がつくと、30倍サイズに巨大化した霊夢の周囲には、無残なまでに破壊された工場と、派手に燃え上がる瓦礫などしか残されていなった。
「よく燃えるわね。焚き火がわりにちょうどいいけど♪」
気がつくと、街の半分は破壊されるか炎上するか、灰燼と化していた。全て自分が起こした惨劇だと気づくと、霊夢は自分の胸に手を当てて少し俯く。罪悪感に駆られたわけではなかった。自分の<力>に改めて興奮しつつあったからだった。
一度は鎮まったはずの下半身が激しく疼き、新たな性的興奮を求め始める。
「ああもう……。私ってそんなに淫乱じゃないのに……」
<可愛らしい顔をしてえげつないほどエロい>ことにも気づかないまま、霊夢は興奮を鎮めるために大暴れを再開する。それでも、一度火がついた欲情を止めることはできなかった。

夢中になってどれだけ暴れただろうか。
巨大な博麗の巫女は高層マンションなどが立ち並ぶ地区へと襲いかかって、瀟洒な建物をまとめて瓦礫へと変えていた。
「えーいっ!」
気合の入った掛け声と共に、まだ壊していないタワーマンションの中央部にキックを喰らわせる。その一撃でも崩れないのを見ると、今度は白い袖を大きく翻しながら拳を叩き込み、最後にショルダータックルまでお見舞いして一気に倒壊させる。派手に埃が舞い上がり、視界が悪くなったが、気にすることなく踏み潰して仁王立ちになる。
「かなり壊したわね……。もうそろそろ壊滅しそう」
さすがに少しばかり息が荒くなっていた。疲れを感じたこともあり、壊していない建物をスカートに包まれたヒップで潰しながら座り込み、大通りの車などを巻き込みながら足を伸ばす。巨大化した少女が動くたびに新たな破壊や爆発が発生したが、もはやまったく気にならなかった。
「……駄目。止まらない……。なんでこんなに興奮するの……」
スカート越しに秘部を両手で押さえて、霊夢は赤面した。一度は発散したはずの疼きが止まらず、正直困り果てていた。
「でも同じ方法じゃ駄目だし、もっとこう激しくないと……」
ふと、すぐ近くにまだ壊していないビルが目に入った。巨大化した少女の腰ぐらいの高さがある建物だったが、ある事を思いついた瞬間、霊夢の理性は吹き飛んでいた。
弾かれるように立ち上がると、そのビルの前に立ってフリルの付いたスカートを豪快に捲り上げる。短めのドロワが丸見えになってしまったが、霊夢は興奮を抑えられないまま、ドロワに包まれた秘部をビルに押し当て始めてしまった。電車を使った時とはまた違う興奮が脳天を刺激し、可愛い顔に似合わない喘ぎ声を上げる。
「うう……す、凄い! この感じこの感じ! これが欲しかったのよ~。なんで今まで思いつかなかった……うふっ……」
もはや本能の命ずるままだった。霊夢は腰を激しく動かし、まだ未熟な下半身をビルに擦りつけ続ける。道具代わりにされたビルは屋上の施設が簡単に破壊され、上層階までむき出しになったが、それがまた新たな刺激を少女にもたらす。
「あふう……うっ……あああ……駄目……見られたら最悪なのに止められない……気持ちよすぎ……」
自分がビルを壊しながら角オナをしていると思うと、恥ずかしさも背徳感も最高潮だった。しかし、それ以上の悦楽が全身を支配して、博麗の巫女を性欲の塊に変えていく。
絶頂に達した瞬間、一段と激しく腰を動かしたせいでついにビルが倒壊した。勢い余った霊夢は前のめりに倒れて、大通りの車などをめちゃにしながら転がる。スカートはまくれ上がり、濡れそぼったドロワの下でもトラックなどが潰れていたが、少女は愉悦の笑みを崩さなかった。
「ここまできたら何をしても平気ね……。見られてもかまわない♪」
絶頂を迎えたばかりだというのに、霊夢の興奮は止まらなかった。全身から瓦礫やスクラップを落としながら立ち上がると、残っていた建物を夢中になって壊しては、その場に座り込んで自慰したり、角オナを繰り返したからだった。
大きな架空の街が瓦礫と炎と灰燼に沈んだのは、霊夢が何回目かの絶頂に至った直後のことだった。

いい壊しぶりね~。さすがは霊夢。可愛い顔をして本当にエロいんだから。ま、最後は少しばかり理性の<境界>を弄んだけど、この程度ならいいわね♪ この映像を外の世界に流せば莫大なアフィリエイト収入があるんだから……。

……
次回はSSリクエストシリーズ第3弾というわけで、神風様からのリクエストに応えたいと思います。前にも登場してもらったロッテ・リオン姉妹&スノウ・アリシア姉妹が主人公の大暴れを予定していますが、正直かなり長い話になると思います。ネタの多いキャラたちですからね~。ただの巨大少女破壊ものではなく、普通の小説としても読めるような話にしたいと思います。お楽しみに!

最後の一枚

OMC経由依頼イラストの最終作をお送りします。
街破壊巨大少女幻想135

注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

OMC経由で依頼したイラストで、作者は実に4回目となるMAO..AZ.様です。この方のイラストが好きなので最後を飾ってもらいました。定番の制服巨大少女たちの大暴れです。暴れているより遊んでいるようにしか見えないのがいいですよね~。

今後は自分が制作したコンテンツが中心となります。出来はアレかもしれませんが、頑張って書き(描き)ますので期待していてください。

話は変わりますが、来年久しぶりに巨大娘物の小説本を無料頒布同人誌で出す予定です。pixivやツイッターで少しだけ触れていますが、巨大能力を持つ少女と謎の巨大ロボットがコンビを組んで宇宙からの侵略者たちと戦うお話です。エロ無しの全年齢対象のゆるい作品ですが……巨大化して街中で派手に戦ってしまうお約束シーンはてんこ盛りにしますのでお楽しみに!

次回の更新はイベント参加もあるので3週間後ぐらいの予定です。Prinny様からのリクエストで「東方」の博麗霊夢が巨大化して大暴れする話をイラスト付きでお送りします。霊夢は「東方」で二番目に好きなキャラなので気合い入れて書きます!

戦闘演習は街中で

SSリクエスト5連作の第1作目……「艦これ」の文月が主人公のSSならびにイラストが完成しましたのでアップします。
文月ちゃんマジ天使!

……
「……これが噂の仮想戦闘演習装置か? 随分大きいな」
工廠の一部を専有するその<装置>を眺めながら、上杉提督はいささか呆れたようにつぶやいた。
艦娘たちの指揮に長けた若き女性提督であり、物事に動じない胆力の持ち主と言われていたが、さすがに今回の発明はすぐに理解できないようだった。
「はい。艦政本部第八部・特別部設計班の総力を上げて開発しました。これさえあれば演習に伴う弾薬や燃料の費消に悩まされないで済みますよ~」
提督の横で、特別部設計班の担当者が揉み手しながら説明する。
「なにしろ全て仮想現実の世界で繰り広げられるので貴重な資源を消費しないで済むわけです。資源を全て前線に振り向けられますので運営も格段に楽になりますよ~」
「つまり、この装置の中に艦娘が入って、仮想の敵を相手に戦う……そういう理屈なのか?」
「はい。その通りでございます。さすがは上杉提督」
「……何を企んでいる?」
「は? 何のことでしょう?」
「ウチの鎮守府にこんなデカブツを運び込んでおいて何もないとは思えないだろうが!」
「いやーさすがは上杉提督、お目が高い。実はですね……ちょーっとだけ頼みたいことがありまして」
「どうせウチの艦娘を実験台にしたいということだろう?」
「は……ま、まあ、そんなところでして……。人望厚い上杉提督ならばなんとかしてくれるかなーなんて……」
提督は腕組みしたまま何も言わなかった。
<上杉提督の沈黙は落雷の前兆>
海軍内でも有名なことわざを思い出した担当者だったが……。
「ふむ。面白い。さっそく実験に協力しよう」
「え? よろしいのですか?」
「どうせ断ったら本部長命令だとか言い出すのは目に見えているからな。それに……面白そうだ」
提督の瞳に子供のような好奇心が満ちていた。その視線が動いたかと思うと、すぐ側で止まる。
「文月」
「はい?」
「お前が入って実験してみるといい。栄えある第一号だ」
「へ? え……あたしが、ですか!?」
「今日の秘書艦だったことを幸運に思うといい」
「……はい。提督がそうおっしゃられるのなら……」
全ての人の心をくすぐる丸い声で、文月は頷いた。それを見て提督は満足そうに笑う。
「ところで装置の準備は出来ているのか?」
「もちろんです。さ、入り口はこちらです。全部仮想なのでまったく痛くないですよ~」
「はい。頑張ってみます」
小さく頷いて、駆逐艦の少女は艦政本部の担当者に言われるまま装置の中に入っていった。
「中の様子は確認できるのか?」
「もちろんです。ここの画面に映し出されます……あ」
「あ?」
「いや、その……。ちょーっとだけ間違ってしまいました。艦娘演習用プログラムではなくて陸軍さん用に開発してたプログラムセットしてました。しかもちょーっとだけ縮尺間違ってました……」

気がつくと、駆逐艦の少女……文月は仮想空間上の街の中に立っていた。
但し、約100倍サイズまで巨大化しているので、町並みがただの模型のようにしか見えなかったが……。
「……え? えー!? どーなってるの、これ~!?」
てっきり海に出ると思っていたので驚きも半端ではなかった。そのまま座り込みそうになってしまったが、道路上に車が多数あることに気づいて止めた。
よく見ると町並みは帝都と違ってより近代的で、車もビルディングも瀟洒でモダンだった。
<文月、聞こえるか?>
口元に手を当てて戸惑っていると、提督の声が空間上に響き渡った。
「あ、はい……。聞こえます。あの……どうなってるのですか? これ……」
<ここにいる馬鹿な担当者が設定を間違えたと言っている。後で46センチ砲試射の標的だな>
<そ、それだけはご勘弁を!>
<冗談だ。赤城の一ヶ月分の食費程度の罰金で許してやる。それよりだ。困ったことになった。よく聞け。文月。お前は今からそこにある街を完全に壊滅させろ>
「え……?」
<ここにいる神武以来の大馬鹿者がそう言っている。何でも間違った設定で仮想空間上に入ったのでそこにある建物を全て壊滅させない限りそこからは出られないらしい。……健闘を祈る>
「え? え? えーー!?」
<幸い、仮想空間上なので痛みや熱さはまったく感じないから遠慮なく大暴れするといい。日頃の憂さを晴らすといい>
「……。この街、全部壊してもいいんですか?」
<もちろんだ。現実ではないからな>
敬愛する提督の自信に満ちた声が心に染み渡るのと同時に。文月は小さく頷いた。提督の命令は絶対だった。
「了解……しました。文月、大暴れします」
その返事で覚悟は固まった。
巨大化した艦娘・文月はついに破壊活動を開始したからだった。

最初の行動は、歩くことだった。躊躇いがちにパンプスと紺ソックスに包まれた足を上げると、ゆっくりと道路へと下ろしたからだった。車が数十台まとめて潰れ、アスファルトも大きく陥没して電柱や街灯などがまとめて倒れたが、薄い紙を潰したような感覚しかなかった。
「こんなに簡単に壊せるんだ~」
口元に手をあてたまま感心すると、もう一歩を踏み出してさらに道路上の車などをまとめて蹴散らしていく。スクラップになった車が爆発して黒煙を吹き上げ、切れた電線が火花を散らしたが、巨大化した少女は何も感じなかった。
「凄い……怪獣になったみたい。今度はこんな事してみたりして。えいっ」
軽い掛け声と同時に、文月は足元にあったビルをまとめて蹴飛ばした。膝下ぐらいまでの高さの建物がまとめて破壊され、ただの瓦礫になっていく。それでもパンプスに包まれた足で止めとばかりに踏み潰し、さらに蹂躙を続ける。口元に笑みを浮かべると、それこそ積もったばかりの雪を蹴散らすかのように走り出したからだった。建物が一気に破壊されていき、巨大な文月の通った後には無残な瓦礫や爆発炎上する建物しか残されなかったが、大きな交差点を見つけると、両手を前にして飛び込んでいく。
「あっ……」
全ては一瞬の出来事だった。セーラー服に包まれた巨体が、瀟洒な町並みを一瞬の内に壊滅させたからだった。伸ばした両手はビル何どころか鉄道の高架線すらも壊滅させ、脱線した電車が道路に激しく叩きつけられる。ごく小さな胸が道路上の車を押し潰してスクラップに変える。ポニーテールにした長い髪がふわりと広がってまだ壊されていない地区にかかったが、すぐに巨大化した少女が無造作に転がってきて、簡単に壊滅する。
<いい壊しぶりだ、文月>
心なしか上気した声で、外にいる提督が声をかけてくる。
「なんだか……凄くいい気分です~。全てを解放してしまうような感じ?」
<何をしてもいいからな。どうせ架空の街だ。思い切り壊してしまえ!>
「はい、提督。がんばります!」
無邪気そのものな笑顔で答えると、文月はゆっくりと体を起こした。セーラー服についた瓦礫やスクラップを払い、瓦礫の上に座り込んだまま辺りを見回す。
文月が暴れた後には無残な瓦礫しか残されていなかった。所々で黒煙や炎が吹き上がっているのも見えたが、罪悪感はなかった。それどころか、人間社会を守る存在である自分が破壊の限りを尽くす背徳感に、全身が疼いて仕方なかった。
凄い……。ここまで壊せるんだ~。まるで怪獣みたい♪
無邪気に笑うと、巨大化した少女は両膝をついたまま進んで、さっき一部を壊したばかりの鉄道の高架線へと襲いかかっていく。まずは両手を無造作に下ろしてさらに潰してしまうと、無造作に半分壊された電車を編成ごと持ち上げてみせる。百倍サイズに巨大化しているのでおもちゃのようにしか見えなかった。

街破壊巨大少女幻想134

これで遊んだら面白そう~。
もはや外部の目も気にならなかった。外見に相応しくない妖艶な笑みを浮かべると、手にしたままの電車をスカートの下へと入れてしまったからだった。
「ん、ん、気持ちいい~。いつも全然違うし~」
下着を挟んでいるとはいえ、電車が秘部に当たる感覚は恐ろしい程の快感を文月にもちらした。悦楽が頂点に達し、喘ぎ声が唇から何度も漏れる。
「あ、駄目……こんな事したら……でも我慢出来ない!」
電車でオナニーをしたまま、巨大化した文月は思い切り転がった。轟音と共に建物が次々に壊されていき、瓦礫と化していく。それでも両手は止まらず、道具代わりの電車は次第に下着から漏れてきた愛液にまみれ始める。
「こんな事したまま壊してしまうなんて……駄目……」
口ではそう言いつつも、少女は心の底から悦楽に溺れていた。してはいけないことを同時に幾つもしてしまう快感は、今まで経験したことがなかった。
散々建物などを破壊して、一地区を瓦礫した後で、文月はようやく体を起こした。かつてデパートがあった場所に無造作に座り込んだまま、スカートの中から電車を取り出す。小さな<道具>はぐしょりと濡れていたが、無造作に投げ捨てて、高架線の駅を簡単に半壊させる。
「まだまだ壊すんだから~。そうじゃないと出られないんだし♪」
悪魔じみた笑みを浮かべてつぶやくと、立ち上がってさらに破壊活動を再開する。
もはや文月を止められる者は存在しなかった。

その後も巨大な少女の大破壊は続いた。
電車によって一部が壊された高架駅は足だけで蹂躙されて完膚なまで破壊され、その周囲に立ち並んでいた高層建築も巻き添えを食らって全て引きずり倒されてしまった。
高架の道路に至っては地面から引き抜かれた挙句、ガスタンクに叩きつけられて大爆発を起こしてしまった。
「まだまだ無事な部分が多すぎるわね~」
街の半分近くを瓦礫に変えても、文月の口調はまったく変わらなかった。全ての人を魅了する舌足らずな声でつぶやくと、ポニーテールにした髪を大きく揺らしながら新たな標的へと襲いかかっていく。最初に狙われたのは中心街近くに建つ複数のタワーマンションだった。まずは思い切りタックルして、自分の背丈の半分の程の建物を一撃で倒壊させる。倒れたマンションは周囲の建物を巻き込みながら崩壊し、文月は自分の破壊力に満足そうに笑う。
「まだまだ壊すんだから~。全部壊すまで絶対に許さない♪」
戦場に立っている時とはまた違う高揚感に酔いながら、別のマンションに両手をかけるとそのまま引きずり倒してしまう。それでも足りなかかったのでパンプスに包まれた足で蹴飛ばして、無残な瓦礫に変えてしまう。その一撃で別の建物が一部壊れたのを見ると、スカートを豪快に翻して蹴り壊してしまった。
「とっても気持ちいい~。また熱くなってきちゃった……」
一度は発散させたはずだったが、また下半身が熱くなってきていることに気づいて、文月はスカートを無造作にたくし上げた。純白の下着はもはやぐしょ濡れだったが、無造作に手を入れて秘部を直接愛撫する。
「ん~! 巨大化して街を壊しまくりながらするのって最高~。幾らでもイケそう……」
もはや我慢できなかった。その場の瓦礫の上に座り込むと、今度は手近にあった大型のビルを引き抜いて、それを下着の中に入れてしまったからだった。
童顔で愛らしい艦娘の少女が、巨大化してビルでオナニーしてしまう壮絶な光景が再現されたが、当の本人はまったく気にしていない始末だった。
「あ、駄目……イッちゃう、こんな所で恥ずかしいのに……あっ、あっ……出そう……」
顔を紅潮させ、喘ぎながらも文月は破壊と愉悦の二重奏を楽しみまくっていた。もはや自分が見られているという意識は欠片も存在せず、ただ自分の欲望の奴隷と化していた。
二度目の絶頂を経験し、その余韻の中で周囲の建物を壊しまくっていた時だった。
大通りを十台以上の戦車が進んでくるのが見えた。
「え? なんでこんなのが出てくるの……?」
思わずつぶやいたものの、戦車は怪獣と化した巨大艦娘を見つけると停止して、一斉に砲撃を浴びせてきた。
「きやっ! 止め……痛くない?」
反射的に目を閉じた文月だったが、小石よりも小さな何かが当たる感覚がして、ゆっくりと目を開けた。同時に戦車たちが再び砲撃してきたが、当たっても小さな煙が出るだけで、痛みはまったく感じなかった。
「なんだ。本当に痛みを感じないんだ。だったら……」
文月の口元に笑みが浮かんだ。いつもとは違う、加虐的な笑みだった。
「お仕置きに遊んであげる♪ 覚悟してね!」
その言葉と同時に。文月は足を振り上げると無造作に戦車の上に下ろしてしまった。パンプスの下で複数の車両が潰れるのが分かったが、ゆっくりと足を上げ直す。思った通り、鋼鉄製の戦車は跡形もなくアスファルトの道路にめり込んでいた。
「いい感じ! 今のあたしならぜーんぶ壊せそう~」
喜びに満ちた声を遮るように、残っていた戦車がまたもや砲撃してきた。<仲間>がやられたのにも関わらず、数は増えているようだった。
「もう。許せない~」
声こそはいつもの調子だったが、やる事は最悪だった。無造作に戦車を複数掴み上げると、目についたマンション目掛けて叩きつけてしまったからだった。激突すると同時に派手な爆発が発生し、その煽りでマンションも中程から折れてしまったが、文月はその様子を笑いながら見ていた。
「どんどんいくんだから~。こんなことまでしたりして♪」
再び戦車を踏み潰そうとした文月だったが、すぐに思い直した。パンプスを脱いで、紺色の靴下に包まれた足でアスファルトを踏みしめると、そのまま戦車を踏みつけ始めたからだった。パンプスで踏みつけた時とは違うダイレクトな感覚に、文月はまたもや心が熱くなるのを感じる。
あ……またイキそう。もう二回もイッちゃるのに……。
思わず赤面しながらも、文月は靴下に包まれた足で次々に戦車を蹂躙していく。海上で戦っている時とはまた違う高揚感に、下半身の疼きも重なって、気持ちよさは表現できないレベルだった。
「あーあ。とうとう全部潰しちゃった♪」
それから数分後。巨大化した文月と戦車部隊の戦いは文月の圧勝に終わった。全ての戦車が原型を残すことなく破壊され、一部は盛大に黒煙を吹き上げている始末だったが、それすらも踏み潰して文月は無邪気に笑う。
「あたしって意外と優しいでしょう? 一撃で壊してしまうんだから♪」
そうつぶやくとポーズを決めてみせる。架空世界の中とはいえ、巨大化した少女は破壊神そのものだった。

文月の破壊活動はなおも止まらなかった。
ついに街の中心部を破壊すると、最後に海沿いの地区へと襲いかかっていったからだった。
「あ、これも壊していいんだ。面白そう~」
最初に目をつけたのは、大きな川を跨いで架かる吊り橋だった。非常に大きなものだったが、百倍サイズに巨大化した少女にしてみれば格好の獲物だった。無造作に川の中に入ると、くるぶしまで水に浸かりながら、二本ある支柱の一本に手をかけて……簡単に引き抜いてしまった。それだけで美しい吊橋は全てのワイヤーを断ち切られてしまい、支えを失った道路は橋ごと川の中へと落下する。それでも文月は靴下に包まれた足でそれを踏み潰すと、両手で握りしめた支柱をもう一本の支柱に叩きつけてしまった。轟音がして、もう一本の支柱は川の中へと倒れてしまった。派手な水しぶきが上がり、文月は可愛らしい悲鳴を上げながらそれを避ける。
「ちょっとやりすぎちゃった~」
口ではそう言いながらも、大型の建造物を派手に破壊したこともあって、少女は満足していた。
吊橋の支柱を持ったまま、文月は住宅地に再上陸した。無造作に足元の建物を潰しながら歩くと、今度は派手に飾られた遊園地に目をつける。
「あ、遊園地もあるんだ。あたしも遊びたいな♪」
その言葉を合図として、怪獣となった少女は遊園地へと襲いかかっていった。まずは瀟洒に飾られた正門などを足だけで踏み潰し、手にしていた支柱を中央部に立つ西洋風のお城へと投げつける。凶悪極まりない攻撃によって夢の国のお城は一撃で半壊し、瓦礫が色々なアトラクションを破壊する。そこに文月が襲いかかってきた。
「わー楽しい~。ぜーんぶ簡単に壊れちゃうんだから♪」
アトラクションは紺色の靴下に包まれた足によってまとめて蹴散らされ、ジェットコースターはレールごと地面から引き抜かれ、思い切り捻じ曲げられて叩きつけられる。観覧車に至ってはキックの一撃で吹き飛んで、お城に激突してさらに瓦礫を増やす。
襲撃開始からわずか一分で、大型の遊園地は瓦礫が散乱する悪夢の土地に早変わりした。
「あー楽しかった。いっぱい遊んじゃった……って、また襲いかかってきたのね」
再び、戦車部隊が攻撃を仕掛けてきたのは、巨大化した文月が壊滅した遊園地の中央でポーズを決めた時だった。一方的に砲撃を浴びたもののやはり痛みはなかったこともあり、すぐに逆襲に転じる。
まずは数台まとめて蹴りの一撃で蹴散らし、爆発炎上させると、なおも砲撃してきた戦車を足で踏み潰してしまう。それだけでは物足りなかったので、残っていた戦車を掴み上げて、思い切り地面に叩きつけてしまった。
「これで満足? て、また来ちゃった~」
どこからともなく現れた新たな<敵>を見て、文月は目を丸くした。今までの戦車より数倍は大きい巨大兵器車が、少女に狙いを定めていた。
「もしかして、これがラスボス~あっ!」
兵器車に搭載されたパラボラアンテナの先端からレーザー光が放たれたのはその時だった。見たこともない攻撃に、さすがの文月も身構えたが……痛くも熱くもなかった。
「びっくりした……。でも……やっちゃって、いいよね?」
誰に言うわけでもなくつぶやくと、文月は兵器車へと逆襲していく。笑いながら足を振り上げると、その上に無造作に下ろしてしまったからだった。その一撃だけで兵器車は潰れて原型を無くしたが、足を動かしてさらに止めを刺すと、スクラップになったそれを簡単に持ち上げて、瓦礫の山になった遊園地に叩きつけてしまった。派手な場発が起こり、また火災が発生したが、文月は満足そうに笑っている。
その姿は神々しくもあり、悪魔的でもあった……。

「……よろしいのですか? ここまでやったりして。戦車まで出すなんて」
「いいテスト代わりになっただろう?」
担当者の心配げな言葉を、上杉提督は一蹴した。モニターで全てを観ていたが、表情は特に変わらなかった。
「ええまあ。お陰で色々とデータは取れました。提督のお陰です」
「ならばいい。その代わりに、この試作品は当鎮守府で使わせてもらうことにする」
「え? そ、それは……」
「貴重な戦闘データの取得、そして今回の失敗の隠蔽を思えば安いものではないか?」
「……そ、その通りです。お譲り致しますのでご自由にお使い下さい。何かありましたらまたご用命ください……」
上杉提督は笑っていた。ただ、その目はまったく笑っていなかった。
この若き女性提督を<本気>にさせたらどうなるか、担当者もよく知っていた。

こうして。鎮守府に新たな遊具……ではなくて訓練装置が導入された。効率的な訓練ができるだけでなく、「遊び半分」巨大な怪獣になれることもあって、艦娘たちの評判も上々だった。
但し。その暴れる姿を全て敬愛する提督にモニターされていることは誰も知らなかった。一人を除いては。
「……。あたしが言えるわけないじゃない~。だって……」

……
文月は初書き(初描き)でしたが、期待には応えられたでしょうか? 可愛い女の子が破壊神となって暴れる姿はやっぱり絵になりますし、書いてて楽しかったです。
ちなみにSSリクエスト4作目・村雨&夕立編も同じ上杉提督の鎮守府が舞台です。ちなみにこの提督、有能なのですがいわゆる「変態という名の淑女」です。

次はOMC依頼のイラスト……最後の1枚をアッブします。来週の週末は「東方紅楼夢」に参加するため、更新は再来週の予定です。お楽しみに!

半ば業務連絡のような更新

巨大娘SSですが、現在1作目を仕上げているところです。予定外の出来事も合ったので遅れていますが、必ず更新しますのでもうしばらくお待ち下さい。なお、今回リクエストを貰ったSSについては、全て私の方でイラストも同時に付けさせてもらいたいと思います(最低1枚は入れます)。決して上手いわけではないのですが、まあ雰囲気ぐらいは出せればと思っています。

というわけで。3番目に書く神風様からのリクエストに応える為に、神風様より原案を頂いている二人のキャラについてデザインをしてみました。

街破壊巨大少女幻想130

まずは「万能の魔女」ことヒナ・スノウです。このブログに掲載しているSSや長編小説「反逆の従者」でも少女吸血鬼ミアキス・ロッテの親友として登場しているキャラです。小説版ではワンピース姿としていましたが、上手くデザインできなかった為、ジャンスカ風にまとめてみました。

ロッテ「衣装が変わるなんて勝手なものね。にしても、スタッフなんか使ってた? ポーズ決めてるけど」
スノウ「……持つように言われたのよ。魔法使いらしくなるからって。本当はいらないのに」
ロッテ「本当に勝手な作者ね」

……二人とも好き勝手に言っていますが、おまけに巨大化バージョンも。背景は過去作の流用です。
街破壊巨大少女幻想131

続いてはスノウの妹「小さな魔女」アリシアです。
街破壊巨大少女幻想132

この子については姉と同じ髪の色と瞳の色にした上で、赤いリボンや帯などで飾ってみました。小さくて可愛らしい魔女をイメージしています。今回書くSSではこの子とロッテの妹・リオンがメインになる予定です。

アリシア「ねえ、今度はアリシアたちがメインになるんだって♪」
リオン「よかった~。また箱庭の中で大暴れできるんだね。楽しみ楽しみ」
アリシア「でも、面倒なことに巻き込まれるらしいけど何なのかな……?」

おまけの巨大化バージョンもアップしておきます。これも背景は過去作の流用です。
街破壊巨大少女幻想133

ロッテとリオンの姉妹は過去に描いているのですが、あまりにも絵が古過ぎるのでもう一度描き直していずれアップします。
魔法剣士のユラと幽霊メイドのハクについては別の機会に。

オリジナルキャラのデザインは難しいですが、楽しいです♪

最後から2番目の……

今週は予告通りイラストをアップします。

街破壊巨大少女幻想129

注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

OMC経由で依頼したイラストで、作者は2回目となる十柄様です。巨大になって街を破壊し尽くす普段着姿の少女たちを描いてもらいました。やっぱり普通の女の子が巨大になって暴れる光景というのはいいものですよね~。

次回の更新は2週間後、いよいよリクエスト5連発の第1弾、「艦これ」文月のSSを掲載します。ただ、その前に自作のイラストを更新するかもしれません。
プロフィール

小笠原智広

Author:小笠原智広
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。