ブレザー姿の巨大少女怪獣

ようやく少しだけ更新間隔が安定してきました(また崩れたらごめんなさい。更新するのも色々大変なので……)。

今回は先週予告した通りイラストです。

街破壊巨大少女幻想52

注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

OMC経由で依頼したイラストで、作者はもとい様です。
今回のイラストは迫力があります(笑)。タイトルの通り、ブレザー姿の巨大少女怪獣の大暴れです。こんな怪獣がいたら偉いことになりそうですが……。久しぶりにイラストからヒントを得たお話をどうぞ。

……
学校の制服である青色のブレザーに身を包んで、弥生(やよい)は街に出現した。
腰まで届く黒髪をふわりとなびかせていたが、身長80メートルに巨大化して道路上の車を踏み潰すその姿はまさに怪獣だった。
「さあ、邪魔な建物はみーんな<整理>しないといけないわね」
両手を腰に当て、無邪気に笑って言い切ると、そのまま足を踏み出して大暴れを始める。
まずは大通りにぎっしりと渋滞する車を全て踏み潰し、蹴飛ばしてスクラップの山に変えてしまう。一部で爆発が発生しても構ったりせず、手だけで払いのける。
「こんな建物あっても無駄だから全部壊してしまうの。……ほら、こんなに簡単!」
潰してしまった車を足場に、巨大化した弥生は自分の周囲に立ち並ぶ建物を片っ端から破壊する。ビルを力任せに押し倒したり、蹴飛ばしたり、スカートも構わずに足をかけて踏み潰す。
巨大化しているのでいつも通学に使っている黒いパンプスは凶器と化して次々に建物を瓦礫に変えていく。
「うーん、まだまだ物足りないわね」
散々大暴れしてしてから、ふと弥生は手を止めた。武器代わりにしていた高圧電線塔を投げ捨て、顎の下に手をやって考える……ふりだけをした。
「あ、そっか。もっといろいろな方法で壊してしまえばいいんだ」
その後は止まらなかった。
豪快に瓦礫を蹴散らしながら走って、自分より背の高いビルにヒップアタックを敢行する。
半壊した建物に制服に包まれたやや小ぶりな胸を思い切り押し付けて破壊する。
挙げ句の果てにはスカートを派手に翻しながらジャンプして着地して巨大地震を起こす。
ただひたすら破壊を目的とした大暴れによって、大きな街は原型を失っていく。建物の一部は炎上して煙を吹き上げたりしたが、ブレザー制服姿の巨大少女は今まで経験したことがない快感が全身を貫くのを感じていた。
「さあ、まだ壊していない建物はどこ? ぜーんぶやっつけちゃうから!」
嬉々として言いながら瓦礫を蹴散らし、さらに突き進む。
その勢いを止められるものは誰もいなかった……。

……

次回の更新は都合により、2週間後とさせてもらいます。「姫海棠はたての逆襲」完結編を掲載します。お楽しみに!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

小笠原智広

Author:小笠原智広
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード