巨大少女怪獣ハルカ

気がつくと週に一度の更新が定着しつつあります(笑)。本当はもっとゆっくりやるつもりだったのですが、まあ続く限りやってみます。諸般の事情で更新が止まりそうな時は予告します。
前置きはさておき、今回のイラストです。残念ながら初公開イラストではありませんが……。

街破壊巨大少女幻想4

注意事項。イラストの著作権はOMCに所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

今年の8月頃にOMCで依頼したイラストで、作者は倉塚りこ様です。g-boy様のサイトにも作品を提供されている方ですが……。今のところ、描いてもらったイラストの中で一番「可愛い」女の子だと思います。実は思い描いていたよりもロリキャラになってしまったのですが、かえって良くなりました。前から言っているように可愛い系の巨大な女の子による大破壊はやはり凶悪です。
というわけで、恒例のSSです。前に書き下ろしたのとは別バージョンで、新たに書き下ろしました。

……
仮想空間上に作られた架空の都市。
人影の無いまるでセットのような街に、ハルカは降り立った。
白いパーカーにチェックのミニスカート、白いソックスにスニーカーという服装は年齢を考えると子供ぽいものだった。
しかし、長い髪を白いリボンでポニーテールに束ねて無邪気に笑ったその姿は、たとえ身長50メートル近くまで巨大化しても魅力的だった。
「これ全部壊しちゃっていいんだ。凄いゲームね」
<いいでしょう? 水奈のお姉ちゃんが発案したのよ。とにかく好き勝手に暴れてみて>
耳元に着けた超小型イヤホン越しに呼びかけてきたのは、クラスメイトの水奈だった。
ハルカとは対照的な美少女だったが、非常に仲が良くてよく一緒に遊ぶ程だった。
「うん。ちょっとストレス溜まってるし、好き放題暴れてみせるから!」
<それにしても、子供っぽい格好ね。可愛いけど>
「わたしならこれじゃない。どうせ小柄で童顔ですよーだ」
<そこまで言ってないのに。さあ、やってみて。私はモニター越しに見てるから>
「もちろん。こんな外見でも大破壊は出来る事を証明して上げるから!」
その言葉が合図にして。
ハルカは一瞬の内に可愛い破壊神に変身した。
大通りに密集する車を片っ端から蹴散らしながら走る。
住宅地に飛び込んだ挙げ句、全身で転がって壊滅に追い込む。
立ち並ぶビルを片っ端から薙ぎ倒し、破片を持ち上げて別の建物に叩きつける。
震度7の地震に相当する揺れを起こすジャンプの連発で地形を変える。
高架駅に襲いかかって、停まっていた電車を全て破壊する。
大型の遊園地に足を踏み入れると、ジェットコースターのレールを蹴散らしながら観覧車に襲いかかってそれを武器に壊滅させる。
思わず水奈も息を呑む程の破壊劇だった。
「どう? 私の暴れ方?」
澄ました顔でハルカが聞いてきたのは、モノレールが蹴りの一撃で壊された直後のことだった。
<ここまで凄いなんて思わなかった。お姉ちゃんも喜んでるわよ>
<ハルカちゃん凄いじゃない。まるで巨大少女怪獣ね>
「怪獣……。私が?」
<今度水奈と共演してみたらいいじゃない。私が手伝うわよ>
「面白そう! 負けないから!」
そう言いながらハルカは自分の周囲にあったビルをまとめて破壊してしまった。
これで街の半分は壊滅したが、当の本人は嬉しそうだった。
<ねえハルカ。ポーズ決めて、ポーズ。写真撮ってあげるから>
「うん。それじゃ……」
瓦礫の上に立っていたハルカだったが、足を大きめに開いて壊したばかりの建物を踏みつけると、ウィンクしながら左手でVサインを作ってみせる。
「この街は、巨大少女怪獣ハルカが容赦なく破壊しまーす! V!」
周囲の建物を全て瓦礫に変えていても、可愛い破壊神・ハルカの姿はやはり絵になっているのだった。

……

健在、2枚イラストを発注しています。1枚はすでに実績十分な方、もう1枚は……可能性に賭けて発注しています。上手くいけば面白い作品が仕上がるはずです。
次回はSSです。二人の巨大少女による遊園地大破壊劇をお楽しみに!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

小笠原智広

Author:小笠原智広
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード