魔導書にご用心

はい、今回はSSの番ですのでリクエストにお応えして、「東方project」よりパチュリー・ノーレッジの巨大化大暴れを描いてみました。活動的なイメージの無いキャラですが、美少女で服装が可愛いのでいざ暴れさせてみると非常に楽しかったです。隠れ巨乳という設定はデフォですよね?(笑)

……

「むきゅ~。困ったわね、これは……」
思わず額を指で押さえて、パチュリー・ノーレッジは口癖と共にぼやいた。
自分の部屋で届いたばかりの魔導書を読んでいたはずだったのに、突然魔力に満ちた光に包み込まれたかと思うと……。
「どうして、外の世界の街の中にいるのかしら? しかも巨大化してるし……。80メートルぐらいかしら?」
目の前に広がっているのは知識としては知っていた外の世界の街並み。但し、人影は見えないのでまるで模型のようだったが……。
だからって巨大化しなくてもいいのに。せめて普通の大きさなら歩けたのにこれじゃ、動けないし。
そう思いながら、足元に目を落とす。靴に包まれた巨大な足はアスファルトの道路を陥没させており、車も複数巻き込まれていた。
壊しちゃった……。元に戻せそうに無いし、どうしたらいいのかしら? それ以前に……。
「どうやってここから出たらいいの?」
その言葉をきっかけにするかのように。
<動かない大図書館>とも言われる魔法使いの少女の頭脳は答えを求めてフル稼働した。友人のレミリアからは<役に立たない>とまで言われても、知識は豊富なパチュリーである。たった一つの答えを導き出すまで時間はかからなかった。
しかし、その答えは……。
「やっぱり、方法は一つだけね。この街自体が私を囚える巨大な檻だから壊してしまうしかない。しかも……」
華奢な手を握りしめ、パチュリーは小さく肩を落とした。自分でもその結論を認めたくない事を表現するかのように。
「弾幕やスペルカードは使用不可。自分の手足を使わないといけないのね……」
むきゅ~。
今度は心の中だけで口癖を洩らす。
ただでさえ動きにくい服装の上に喘息持ちで身体も丈夫でない自分が怪獣にならないといけないと思うと……ただ憂鬱だった。

巨大化したパチュリーが行動を起こす気になったのは、それからしばらくしてからのことだった。
「仕方ないわね。どうせ誰も見てないし、怪獣みたいに暴れてしまうしかないわね。でもその前に……」
すっかり開き直ったパチュリーは、極めて現実的に行動した。動きにくい丈の長い衣服の裾を簡単な魔法で切り詰めたからである。ひざ下ぐらいまでほっそりとした足がむき出しになり、少しだけ気が楽になる。
「これでいいわね。後は……暴れるだけ」
極めて冷静な頭脳は、どんな建物も手足だけで壊し尽くせると分析していた。それを受け止めて、身体もついに動き始める。まずは、自分の破壊力を確かめるかのように、建ち並ぶ住宅の真上に足を下ろしたからである。
「あっ……」
予想はしていたが、実に呆気ない程だった。靴の下で複数の住宅が潰れて、ただの瓦礫と化したからである。模型を壊すよりも簡単だった。
「これなら……いけるかしら?」
口ではそう言いながらも、身長80メートルにまで巨大化したパチュリーは躊躇うことなく住宅街を蹂躙した。巨大な靴が凶器となって住宅を次々に破壊していき、断ち切られた電線が火花を散らして瓦礫を炎上させる。
それでも、巨大な魔法使いは止まらなかった。立ち止まって自分の破壊力を確かめると、真面目な表情を崩さないままその場に膝をついたからである。住宅や道路上の車がまとめて潰れたが、その感覚すらも楽しみながら、ほっそりとした指だけで周囲の建物をまとめて壊してしまう。
不思議と、楽しかった。
「たまにはいいわね、こういう遊びも」
自分でも酷いことをしているという意識はあったが、この空間から脱出するにはこれしか方法が無いのでは仕方なかった。無理やり自分を納得させながら、パチュリーは立ち上がった。洋服から落ちてくる瓦礫を軽く払うと、立ち塞がるマンションを簡単に両断してある建造物の方へと歩いていく。それは、鉄道の高架線だった。
「これも……壊していいのね」
小声でつぶやくと、いきなり線路の上に足を下ろし、完全に両断する。架線が切れて絡まってきたが、それを無理やり振り払うと、今度は線路の上にあった通勤電車を先頭から掴み上げる。巨大化した少女にしてみれば、ただの<武器>でしか無かった。
これで壊してしまうのも面白そうね。こうやって……。
思うのと行動が同時だった。3両目まで宙に浮いた通勤電車をパチュリーはそのまま近くのビルに投げつけたからである。それ程力がこもっていたわけではなかったが、電車の直撃を受けて建物は側面に大穴が空いてしまう。武器の代わりにされた電車も壊れて無残な姿をさらしていたが、巨大な魔法使いの行動はとんでもないものだった。
かすかに笑みを浮かべると、道路上に落下した車両を持ち上げて、なんとふっくらとした胸で挟んで壊してしまったからである。隠れ巨乳ということもあって、電車も簡単に破壊されていく。
「やっちゃった……。こういうのはお約束ね」
壊した電車を高架線に叩きつけてさらに瓦礫を増やすと、パチュリーはそこに足を踏み入れて全て蹴散らしてしまった。これで、電車は高架線ごと破壊される。
「次は……あれがいいわね」
自分の周囲に瓦礫が増えたのを確かめると、最早破壊衝動を抑えることはできなかった。軽快なステップで建物などを破壊しながら、今度は街の郊外に広がる遊園地に襲いかかっていったからである。かなり大きなものだったが、怪獣と化した魔法使いにしてみれば壊してしまうのは簡単だった。
まずは駐車場の車を全てめちゃめちゃにしてしまい、止めに全て踏み潰す。その後で大きなゲートを足だけで破壊して内部に入ると、ファンタジー世界にあるようなお城を力任せに叩き壊し、その瓦礫を踏みしめながらジェットコースターのレールを地面から引きちぎる。それを鞭のように振り回して周囲の施設を壊滅させると、自分の背丈近くの高さを誇る観覧車にキックをお見舞いしてその場に倒してしまう。挙げ句の果てにその観覧車を両手で持って遊園地全体をまんべんなく壊して、ついに壊滅させてしまった。
「意外と簡単に壊れるわね。スペルカードもいらないぐらいに」
ただの瓦礫と化した遊園地の中央部に足を伸ばして座り込んで、パチュリーは満足していた。
「……でも、まだかなり残ってるわね。早く戻らないとみんな心配するし、少し急いだ方がいいわね」
それはただの口実に過ぎなかった。
瓦礫を撒き散らしながら立ち上がったパチュリーは、ふわりと長い髪を揺らして新たな破壊活動に挑んだからだった。

その後も、巨大化した魔法使いによる大破壊は止まらなかった。
気がつくと街のほとんどは瓦礫の山と化し、残っているのはビルなどが建ち並ぶ中心街だけとなっていた。
そして、その頃には……。
パチュリーはすっかり破壊活動に酔っていた。自分の力だけで建物などを壊すのが面白くして、ありとあらゆる手段を使うようになる程だった。
「こういうのも面白いかもしれないわね……」
手足を最大限使って小さいビルなどが建ち並ぶ地区を壊滅させて、パチュリーは心の底からの微笑を浮かべた。その勢いで、今度はガスタンク基地に襲いかかる。門などを簡単に蹴散らして進入すると、軽く腰をかがめてタンクの一つを土台から引き抜く。50倍に巨大化しているので小さなボール程度の大きさだったが、平然とまだまったく壊していない地区へと投げつける。
その瞬間、火符系のスペルカードを使ったかのような大爆発が発生して、巨大化した少女の紫色の髪を大きく揺らした。ガスタンクの直撃を受けた一帯は派手に炎上し、建物も原形を失っていたが、残っていたタンクを踏み潰して突き進む。さらに爆発が発生し、炎が一瞬パチュリーを包み込んだが、当の本人は平然と建物を壊している始末だった。
「いよいよ最悪の状態になってきたわね」
目についたビルを幾つか足だけで壊し、パチュリーは口許に手を当てて微笑した。背後は瓦礫の山と化し、最後まで残っていた中心街付近もガスタンクの直撃を受けて炎上していたが、収まる事を知らない衝動は、さらになる破壊をもたらす。
まずは自分の背丈よりも高いビルに思い切り抱きつく。両腕とふっくらとした形のいい胸によって建物は簡単に両断されて、上半分はその場に落下する。それでもパチュリーは残った下半分を簡単に持ち上げて、隣のビル目掛けて叩きつけてしまった。轟音と共に崩壊したのを見ると、笑いながら足を降り下ろして止めを刺していく。
「洋服も随分汚れたわね」
ふわりと翻った裾などから瓦礫の一部が落ちたのを見て、魔法使いの少女は改めて自分の破壊劇の激しさを実感した。それでも、止まるという選択肢は存在しなかった。
瓦礫を蹴って軽くジャンプすると、そのまま壊していなかった商店街の真上に飛び下りたからである。足から着地して、凄まじい地震を周囲に巻き起こしたが、当の本人はバランスを崩してしりもちをついてしまう。とっさについた両手が住宅を薙ぎ払い、伸ばした足がアーケードごと商店街を壊滅させたが、すっかり開き直ったパチュリーはそのまま全身を使って転がった。巨大化した少女の体重を受け止めて、残っていた建物は全て壊滅する。
「……面白いわね、こういうのも」
両手両足を広げながら瓦礫の上に横になったまま、パチュリーは心の底から満足していた。
病弱なはずの身体はよく動くし、何よりも一つの街を瓦礫に変えてしまうのは楽しくて仕方なかった。
この魔導書は宝物ね。絶対、手放さないから。
そんな事すら考えているのだった。

こうして。
パチュリーの管理する大図書館に、また一冊門外不出の書物が追加された。その書物の存在は司書である小悪魔も知らなかったが、珍品好きのとある少女が嗅ぎつけるまで時間はかからなかった。
「これ借りてくぜ! 私が死んだら返すからな」
「そ、それは……。もってかないで~!」
「こっそり隠しておくなんて怪しいぜ。きっとここには凄い魔法が眠ってて……ん? なんだ、この光は?」
「あ……!」
本を借りていこうとした黒白魔法使いの少女と、それを守ろうとしたパチュリーが魔導書の中に取り込まれ、街を盛大に壊しながらどたばた騒ぎを繰り広げたのは……また別の話である。

……
パチュマリ編はリクエストがあったら考えます(笑)。

次回はイラストをアップします。現在2枚が手元にあり、3枚発注しています。お楽しみに!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

移動図書館

魔導書によって移動図書館になったパチェ。

内容に満足満足でした。

★以前出した2件のリクの内容を忘れてしまいました・・・・

☆新しく申請した方が良いでしょうか?

パチェ最高!

あーあ、PCが血塗れだよ・・・(鼻血で)
すばらしいss有り難うございました!また気が向いたら東方系で書いていただけたら嬉しいです!

ちなみにわずはチルノが大好きだ。

No title

>神風様
移動図書館……誰が上手い事を言えとw リクエスト再確認しました。しばらくお待ち下さいね。

>わず様
鼻血は大丈夫でしょうか?(笑) チルノは巨大化したら本当に好き勝手やりそうなイメージが
あります。で、横では大妖精あたりが止めようとしながら建物を壊しているのかも。あ、ちょっと
書きたくなってきました。 

まりパチュ期待しておきます

ktkr

ちょっと書きたくなってきた・・・?
・・・期待して待ってますよww
(身長は99メートル・・・でかすぎるかww)

No title

>teru様
期待されたらやるしかありませんね(笑)。候補に上げておきます。

>わず様
チルノだけに99メートル……。大ちゃんも加えてならやってみたいですw
プロフィール

小笠原智広

Author:小笠原智広
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード