君は究極の幻想を見たか?

久しぶりの更新であります。水面下では夏コミに向けて色々な作業をしていまして、かなりやわくちゃな状況になっています(笑)。その内容はいずれ分かると思いますが……。
今回は久しぶりにOMC以外に依頼したイラストです。期待していた通り、大変見事な「作品」が納品されました!

街破壊巨大少女幻想15

注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

作者は前に「巨大娘普及委員会」にも作品を掲載された西山和見様です。
ホームページはこちらになります。非常に美しいイラストが掲載されているので必見です!

とにかく、凄い! の一言に尽きる作品です。可愛らしい二人の女の子が巨大化して町を破壊し尽くす……。これ程の「幻想」はなかなか見られるものではありません。「幻想」を完璧に再現して下さった西山様には改めて感謝したいと思います。
というわけで、負けないように恒例のSSもいきます。

……
ガールズユニット「ribbon」は佳奈(かな)と水穂(みずほ)、二人の「ごく普通」の女の子二人組で構成されている。
最近流行りの「街を普通に歩いていそうな」アイドルユニットだったが、二人の人気は一部では熱狂的だった。
なぜなら……。

「佳奈ちゃん、水穂ちゃん。またCCGのお仕事だ。最近多いねえ。こっちとしては嬉しいけど」
事務所に入ってくるなり二人の姿を見つけて、マネージャーは少しだけ複雑な表情を浮かべて告げた。
応接のソファーに腰掛けて雑誌を読んでいた少女たちだったが、その言葉を聞くなり、主人の帰りを待っていたペットのようにぱっと立ち上がる。
「CCG? だったら大歓迎。また派手にやってあげるから」
平然と言い切ったのは佳奈だった。やや茶色がかかった長い髪を黄色いリボンで束ねた活動的な少女である。
実際、スポーツ万能で、趣味は格闘技の試合を見る事だった。
「面白そう。今度は佳奈に負けたりしないから」
お嬢様風の外見に違わない静かな声ながらも、熱くなった心の一端をのぞかせて水穂が答える。
ロングの黒髪をヘアバンドで留めた美少女で、体を動かすよりも読書を好むのだが……。
「この前は佳奈が最後に一気に片づけたから負けたわね。だから今度は最後まで気を抜いたりしないわ」
「水穂も派手に暴れてたじゃない。清楚な外見をしているのにやる事はいつもとんでもないし」
「だからいいんじゃないかしら?」
「二人とも、またCCGだけどいいんだね?」
何とも言えない複雑な表情を浮かべながら、マネージャーが確かめる。目の前の二人を「正統派」のアイドルにしたかったのだが、現実は厳しかった。
「もちろん。今からでもいいわよ」
「私も構わないわ」
「だったら行こう。もう準備は整ってるからね」
佳奈も水穂も、非常に乗り気だった。
仕事熱心なのはいい事だと自棄気味に思いながら、マネージャーは二人を連れて事務所を出たのだった。

CCG。
正式名称はシティクラッシュゲーム。
仮想空間に作られた街に巨大化して降り立ち、その破壊力とパフォーマンスを競い合うゲームであり、その強烈なインパクトからかなりのブームとなっていた。
「今日の仕事はいつも通りだ。すでに用意されている街を完全に破壊してしまうこと。パフォーマンスは自由だそうだ」
ゲームの機械を前にして、マネージャーはいささか投げやりに説明した。
「自由なら何をしてもいいということね。水穂、キャットファイトしてみない? どうせ痛くないんだから」
「いいわよ。街を壊しながら戦うのは楽しいし」
「そんな事をするから……」
「この世界、売れたら勝ちでしょう? わたしたち、CCGではかなり有名じゃない」
「それはそうだが……」
「じゃ、そろそろ始めない?」
「いいわよ。お仕事、行ってきます」
「ああ。楽しんでおいで……」

それからしばらくして。
仮想空間に作られた大型都市の中心部に二人の巨大少女が降り立った。
「今回はかなり大きいわね。幾ら暴れても大丈夫かも」
軽く伸びをして、佳奈は無邪気に笑って言い切った。Tシャツにチェックのミニスカート、女の子らしい色合いのスタジャン、黒のソックスにスニーカーという普段着姿のまま、道路を陥没させて立っていた。
「ここまで大きいのは久しぶりね。ちょっと燃えるかも」
両手で軽くポーズを作って水穂が答える。白い長袖Tシャツの上から黒のプルオーバードレス、黒のソックスにショートブーツという姿のまま佳奈の隣に立っていた。
「ところで、佳奈。スカートは平気なの?」
「もちろん。ほら、ちゃんとスパッツ履いてるから」
「私も。思い切り翻っても大丈夫ね」
「だから大暴れするの。こーやって!」
佳奈の言葉が大破壊の始まりの合図となった。いきなり、すらりとした足を振り上げた巨大少女が目についた大型ビルにキックを叩き込んだからだった。その一撃だけで建物が傾いたのを確かめると、無邪気に笑いながらもう一度蹴りを食らわせる。たったそれだけで、ビルはガラスの破片を盛大に飛び散らせながら崩壊してしまう。黒煙が舞い上がったが、佳奈はそれを払いながら平然としていた。
一方、水穂も破壊活動を始めていた。道路を陥没させながら歩くと、立ち塞がった鉄道の高架線を足だけで踏み潰してしまったからである。
「この程度では満足できないわね」
平然と恐ろしい事をつぶやくと、もう片方の足でさらに高架線を破壊する。線路や架線が垂れ下がって無残な姿をさらしていたが、巨大化した水穂は壊れた部分に両手をかけて一気に持ち上げてしまった。
「せーの! えいっ!」
ヘアバンドで留めただけの髪を揺らしながら、目についたビルに叩きつける。コンクリートの固まりに直撃されて、複数の建物が崩壊する。
「どんどん壊していくわよ!」
崩壊した地区に襲いかかったのは、自分が壊したビルに止めを刺した佳奈だった。ソックスとスニーカーに包まれた足で半壊したビルを蹴散らして歩いてみせたからである。たったそれだけで、瓦礫が何倍にも増えていく。
「私はこっちを壊してしまうから!」
大暴れする佳奈に刺激されたかのように、水穂も破壊活動を続けた。高架線をまとめて壊してしまうと、立体式のの駐車場にブーツに包まれた足を振り下ろして内部の車ごと土台まで貫通してしまったからである。そこからさらに足を振り上げたので、駐車場はスクラップになった車を撒き散らして崩壊する。
「ねえ佳奈。やり過ぎじゃない?」
わざとらしく水穂が言ったのは、最初に降り立った場所とその周囲が全て瓦礫になった後の事だった。足元では大通りの車を踏みつけていたが、平然としていた。
「水穂の方が酷いじゃない。見たわよ。電車掴んでぶん投げたじゃない。しかも、飛距離100メートルは新記録なんて言ってたじゃない」
いいかえす佳奈もまた、ビルをまとめて瓦礫に変えてその中央に立っていた。少し足を開き気味にして、ポーズを決めたその姿は凛々しかったが、壊されていく街を背景にしているので異様な迫力があった。
「水穂なんか電話局のアンテナ引き抜いて武器の代わりにしてたじゃない。見てたわよ。竹刀みたいに振り回してビルとか壊したの」
「見られてたわね……。じゃ、お仕置き!」
そう言うなり、佳奈が突然動き出した。足元の瓦礫を蹴散らし、大通りに立つ水穂の肩を掴むと、力任せに背後にあったビルに叩きつける。プルオーバードレスの巨大化少女は背中でビルの前面を破壊し、寄りかかる形になる。それでも佳奈が腕を振り下ろしてきたので、水穂は体をひねって避けた。狙いを外された佳奈は前のめりになってビルに向かっていき……そのまま抱きつくようにして崩壊させてしまった。
「突然キャットファイトなんて卑怯じゃない」
「避けておいてよく言うわね……」
「あんな攻撃簡単にかわせるわ!」
そう言いながら、水穂はその場に腰を下ろすと、大通りに蹴散らされた車やバス、トラックを両手で集め始めた。慌てて体を起こした佳奈だったが、態勢を立て直すよりも早く車などをまとめて叩きつけられる。水穂の得意技「車つぶて」攻撃だった。
「それは止めてよ! 潰れた車が服に入っちゃうじゃない」
「これやると受けがいいの」
「もう……。本気でいくから!」
大通りの車をさらに蹴散らして、佳奈が水穂に体当たりを敢行したのはその時だった。油断していた巨大少女はスカートを翻しながら転んでしまい、道路には大きな穴が開く。
街を戦場とした、二人の巨大少女によるキャットファイトはまだまだ続きそうだった……。

……
次の更新はSSシリーズですが、更新は遅れるかもしれません。7月は作業が佳境に入っているので。


最後にいつもの宣伝です。ホームページの方でオリジナル小説を連載しています。

「-少女幻想調査行-深淵の月」。
現代日本を舞台にした物語です。視能力を持つ少女・七海と「この世の不思議を見抜く」力を持つ
春那のコンビが、月と水が織りなす「深淵」の謎に挑む物語です。少女同士の友情物語(ソフト百合
ともいう(笑))が好きな方は是非どうぞ! 第28話まで連載が進んでいます(そろそろ佳境です)。
(6/27更新)。

-少女幻想調査行-深淵の月

「おてんば姫は冒険者」
小さな王国の王女・ユリアは退屈をしのぐためにとんでもない企てを成功させる。従者のエヴァンを連れて王宮を抜けすと、冒険者になってしまったのだ。酒場で会った駆け出しの冒険者たちのパーティに加わったものの、その時王国には王位簒奪の陰謀が進行しつつあった……。
第8話を6/30夜に掲載しますので、お気軽にどうぞ。ライトなファンタジー小説です。

おてんば姫は冒険者・メインページ





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おおーっ!これはなんというグラビア!

今回の絵師様はかなり良い仕事してますね^^ビル、高架線の破壊描写がハンパないです!
ビルのガラス破片が飛び散る細かい部分もよく描かれていますね。背後のビルもすごいことに・・・w
キャットファイトなんて始めたら街はあっという間に壊滅ですね(ハァハァ

活き活きとした表情で街の破壊を楽しむ美少女2人・・・くぅ~たまらん><
こんなアイドルが実在したら即効でファンになっちゃいますね^^どこまでもついていっちゃますよww

No title

>シャルファ様
返事が遅れて済みません。今回の絵師さんの腕前は凄過ぎます(笑)。描写が恐ろしい程リアルなのに、女の子二人を可愛く描いているところなんかは最高です。
こう見えてもアイドルなのですが、二人ともキャットファイトは好きなようです。なにしろ仮想現実の世界。幾ら暴れても痛くないですからね。街なんか1時間ももたずに壊滅するでしょう(笑)。これからも巨大な女の子二人の大暴れネタはアップするつもりですのでよろしくお願いします。
プロフィール

小笠原智広

Author:小笠原智広
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード