巨大巫女の初活動

更新間隔が開いてしまって申し訳ありません。色々と忙しくて、なかなか他のことに手が回らない状態が続いています。ですが、巨大娘ファンの為にもこれからもゆっくりと頑張っていきたいと思います。
今回は前にも予告したように巨大巫女ネタです。

街破壊巨大少女幻想14

注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

いつものようにOMC経由で依頼したイラストで、作者は漆沢貴之様です。他のサイトにも素晴らしい作品を提供されている方だけあって、実に見事な作品を描いていただきました。可愛い顔をした巫女さんが平然と街を破壊してポーズを決めている光景はぐっとくるものがあります。
というわけで、恒例のSSをどうぞ。前回のイラストに載せたSSの続編です。

……
「いよいよ今日から新人巫女としての活動を始めてもらうわよ。貴方の使命は分かっているわね」
山奥にある小さな神社の境内。
拝殿を背にして、山の自然を守る女神である楽葉(らくは)は神妙な顔をして訓示を始めた。
目の前にいる少女……腰まで届く長い黒髪を丈長で束ね、短い袴の巫女装束に身を包んだ美雪は小さく頷くと、自分が仕える神の言葉に耳を傾ける。
「前回は麓の街を<大掃除>したけれど、今回はその隣を綺麗にするわよ。まだ人間たちは私たちの本当の恐ろしさを分かっていないようだから、徹底的に綺麗にする事」
「はい、楽葉様。きっとやりとげてみせます」
「その意気ね。今まで学んだ事を忘れなければ立派な巫女になれるわよ」
美雪はここで受けた巫女としての訓練の事を思い出した。まずは礼儀作法に始まり、色々な神様たちの紹介、歴史などを学んだ後に<活動>する方法を学んだのだった。
その活躍ぶりは、女神である楽葉ですら驚くようなものだった。
「さあ、今から貴方に神の力を授けるわ。そうしたら、いよいよ活動開始。期待してるから」
そう言って、自然を守る女神は両手を広げて、たった一人の巫女を抱きしめた。決して格は高くなくてもれっきとした女神である楽葉の抱擁は、人間の少女を不思議な存在に変えるのに十分だった。
「さあ、行きなさい。愚かな人間たちに神の怒りを思い知らせるのよ」
楽葉の言葉に合わせて、美雪の身体は急激に変化を始めた。それは、普通の少女が神の領域に足を踏み入れる事と同じ意味を持っていた……。

別の神によって邪魔な人間が全て片づけられた街に、身長50メートルに巨大化した美雪が降り立ったのは、1時間後の事だった。巫女装束姿に、楽葉から授けられた特製の御幣を持っていたが、両足を開いてポーズを決めると凛々しかった。
「この街は楽葉様の命により、わたしこと神楽美雪が浄化します。覚悟!」
宣言と、破壊が同時だった。いきなり、白足袋と草履に包まれた足で目についた住宅地を蹂躙して歩き始めたからである。既にはちきれんばかりに高まっていた破壊衝動が一気に開放されて、美雪は無邪気に微笑む。
「ここまでめちゃめちゃに開発するなんて、少しやり過ぎですね。ちゃんと自然に返してあげます!」
模型を使った練習の時にも口をついた台詞と共に、巨大化した巫女はかなり大きなマンションに御幣を降り下ろす。神力の込められたそれによって、大きな建物も土台まで両断されてしまったが、美雪は軽く足を振り上げて壊してしまう。瓦礫が増えたが、気にすることなく踏み潰して周囲の建物もまとめて壊滅させる。
<その調子よ。壊滅させても構わないから>
心の中に、楽葉の言葉が響き渡る。
<はい。こんなに楽しいなんて思いませんでした。小さい時からの夢だったんです。巨大化して、怪獣映画みたいに暴れるのは>
<いい心がけね。そうやって善行を積めばもっと楽しくなるわ。神の力をもっと見せつけてやりなさい>
<はい、楽葉様>
言葉の無い会話を交わしている間にも、破壊劇は続いた。
高圧電線塔は巨大巫女が無理やり横切っただけで電線が切れて火花を散らし、アーケードの商店街はアーケード自体が凶器となって壊滅させられる。
その近くにあったガスタンク基地は満面の笑みを浮かべた美雪がボールを蹴飛ばすかのように全てのタンクを破壊したので、派手に爆発炎上して無残な姿をさらけ出すことになる。
鉄道の高架線にいたっては、通勤電車が巨大化した巫女によって握り潰され、地上に叩きつけられたりした挙げ句、土台ごと引き抜かれて大通りに投げつけられて車ごと破壊されてしまう。
空は破壊されたガスタンクなどから吹き上がる煙によって黒く染まり、街は瓦礫だらけになっていったが、巨大な美雪は破壊衝動を全て発散して、満足していた。
大通りに出て、周囲のビルをまとめて倒してしまうと、御幣を持った右手を高く上げてポーズを決めたからである。
「この街は、楽葉様にお仕えする巫女であるわたしが全部浄化してみせます! 自然を破壊した罪の重さを思い知りなさい!」
それは、思いがけない形で逆襲に転じた大自然の人間に対する勝利宣言だった。

……

次回はSSシリーズの更新ですが、10回目なのでそろそろ指向を変えて変えてみたいと思います。具体的には二人の巨大少女のサイズ変更です。今は30倍サイズですが、もっと街を壊し易くなるサイズにする予定です……というと、おおよそ想像はつきますね(笑)。
イラストは現在ストックが2枚(いずれもかなりの良作!)、発注中が2枚となっています。

最後に宣伝。ホームページの方で新しい物語の連載を始めました。

「おてんば姫は冒険者」
小さな王国の王女・ユリアは退屈をしのぐためにとんでもない企てを成功させる。従者のエヴァンを連れて王宮を抜けすと、冒険者になってしまったのだ。酒場で会った駆け出しの冒険者たちのパーティに加わったものの、その時王国には王位簒奪の陰謀が進行しつつあった……。
第1話を本日5/30に掲載していますので、お気軽にどうぞ。ライトなファンタジー小説です。

おてんば姫は冒険者
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

美雪ちゃんついにデビューですね^^
「どうだ」と言わんばかりの活き活きした表情がとでも印象的です。
御幣が大掃除の道具になるとは予想外でしたww「鬼に金棒」とは正にこの事かもしれませんねw

自分もいつか依頼する時に何かを持たせてみようかな~・・・

No title

>シャルファ様
いつも同じ構図では単調になりかねないので、たまには何か持たせるようにしています。電車とか、電線塔とか(笑)。また今回のように何か持たせたイラストも発注してみますね。
プロフィール

小笠原智広

Author:小笠原智広
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード