街を遊び場にしてはいけません

更新が遅くなってしまいました。4月より仕事先が変わり、また忙しくなってきました。まあ、何とか更新は続けたいと思います。

街破壊巨大少女幻想12

注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

いつものようにOMC経由で依頼したイラストで、作者はSS39様です。背景が得意そうな方だったので期待していたのですが、実に見事な作品になりました。ただ、背景がどこかで見たような場所なのが気になりますが(笑)。まあこういうのもありでしょう。というわけで、恒例のSSいきます。

……

「あ、間違えちゃったな……」
仮想空間上の街を舞台に大破壊を繰り広げることができるシティクラッシュゲーム(CCG)を担当するその係員は思わずつぶやいた。
いつもなら適当に合成した架空の街をゲーム用に提供するのだが、何の手違いか東京都内のとある街をかなりリアルに再現してしまった。
「直してる時間は……無いか。お客さんをさばけなくなるか。……仕方ない。このままやるしかないな」
別に実在する街を再現しても何の罪にもならないし、たまにはこんなサービスも悪くないだろう。
係員はそう思いながらゲームの準備を続けたのだった。

「うわー凄い! こんなにリアルな街を壊せるんだ!」
興奮を抑えきれない様子で、真菜は言った。白いパーカーにジーンズ生地のミニスカート、ソックスにスニーカーという子供っぽい服装がよく似合う少女だったが、約30倍に巨大化して大通りに立っていた。
目の前には鉄道の高架線があり、その奥には駅もあったが全部壊していいのだった。
「もちろんよ。でも面白そうね。実在の街を壊してしまうなんて。二度目だけど、楽しめそうね」
笑って答えたのは詩織だった。長い髪をヘアバンドで留め、白のセーターにスカート、ソックスにスニーカーという姿のまま巨大化して、真菜とは高架線を挟んだ反対側に立っていた。
「詩織もずるいんだから。こーんなに面白そうな遊びに誘ってくれないんだから」
「あの時は都合が悪いって言ってたじゃない。仕方ないわよ」
「そうだったわねえ……。こーなったら好き勝手に暴れてやるんだから! やっちゃっていいんでしょう?」
「もちろん。私はこっちをやるから真菜はそっちね」
「任せておいて! えいっ!」
そう言うなり。巨大化した真菜はついに大暴れを始めた。子供っぽい髪飾りをした髪を揺らしながら、まずは大通りを歩き……いや、走り出したからだった。
たったそれだけで車がまとめて蹴散らされ、道路には大穴が開いたりしたが、当の本人は無邪気に笑いながら立ち止まると目についたビルに拳を振り下ろしてしまった。一撃で建物は半壊して、瓦礫が落下したが、真菜は構ったりせずにすらりとした足で蹴りまで入れてしまった。ソックスとスニーカーに包まれた足が凶器となって、大通りに面した建物を複数破壊する。
「簡単に壊れるわね……。おもちゃみたい」
平然と言いながら、可愛らしい顔をした巨大少女は壊した部分から瓦礫を持ち上げると隣の建物に叩きつけてさらに壊してしまった。一段と被害が広がったが、真菜はスニーカーに包まれた足で蹴散らして突き進む。
「そっちはどう? 派手に壊してる?」
真菜が声をかけたのは、一街区を完全に破壊した後のことだった。無造作に瓦礫を踏みしめた、手には地面から引き抜いた電柱を手にしたままポーズを決めている。
「もちろん。見てよ、ここら辺私がめちゃめちゃにしたんだから」
目についた建物を破壊して、詩織が答える。駅前周辺を狙ったのだが、既にほとんどの建物が壊滅してただの瓦礫と化していた。
「でもリアルな街並みを壊すのって面白いかも。本当に怪獣になったみたいだから」
「そうね。でももっと壊してしまうのもいいわね。それも最悪な方法で」
「最悪な方法?」
きょとんとして、詩織が聞いてくる。周囲に壊す建物が無くなったのを確かめると、辛うじて無事だった高架線に足を下ろして簡単に両断してしまった。電車も高架線ごと落下して壊され、架線も垂れ下がって無残な姿をさらす。
「そ。なんと、二人の巨大な女の子が街を派手に壊しながら戦ってしまうの」
「面白そうね。でも、このあたりめちゃめちゃになりそうだけどいいの?」
「その為に戦うんじゃない! いくわよ!」
そう言うなり、真菜が動いた。
瓦礫を蹴散らし、陥没した大通りをさらに壊しながら詩織の腕を掴む。不意をつかれては、さすがの巨大少女も何もできなかった。あっと言う間に、自分で壊したばかりの高架線の上に座り込んでしまったからだった。長い髪が瓦礫の上に広がり、伸ばした足は道路上の車を潰す。
「酷い……。電車潰しちゃったじゃない」
「いいじゃない。どうせ壊したんだから!」
そう言いながら真菜は、詩織の巨体を壊れた高架線に押しつけてしまった。電車がさらに潰れる音がして、高架線もまた瓦礫と化していく。
「まだまだ物足りないわね。街を壊してしまう巨大少女にはお仕置きが必要みたいだから」
口ではそう言いながらも、真菜は詩織の体を無理やり起こした。そのままさらに別の建物に叩きつけようとしたのだが……。
いきなり詩織が逆襲に転じた。それこそ何もできないまま逆に肩を掴まれたかと思うと、まだ壊れていなかった電器店に叩きつけられてしまったからだった。衝撃で建物は大きく傾き、真菜がずるずると道路に座り込むのに合わせて屋外の広告も引きちぎられてしまう。
「思ったよりやるわね」
「当たり前じゃない。さあ、かかってきたらどう?」
「負けたりしないから!」
ゆっくりと、真菜が立ち上がった。服についた瓦礫を払おうとしたものの、さらに詩織が仕掛けてきたので慌てて受け止める。壊したばかりの電器店に背中がぶつかり、さらに建物が壊されていく。
「いい勝負になりそうね」
「当然じゃない。壊滅するまで戦うわよ!」
こうして。
二人の巨大少女は街が完全に瓦礫の山になるまで戦った。お互い満足そうに笑って手を止めた時には無事な建物は一つとして存在せず、実在する街がモデルだったとは思えない程の状態になっていた。
それでも、係員の手違いで生じた偶然の大破壊劇は動画として編集され、大変好評を得たのだった……。

……
次はSSですので、少し時間がかかりそうです。内容は亜梨子と真夜の街壊しバトル・大型駅編です。電車を何編成もめちゃめちゃにしながら戦う光景を描きたいと思います(笑)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

小笠原智広

Author:小笠原智広
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード