巨大化少女たちの訓練は激しく

前回の更新からまだ1週間も経っていませんが、更新します(笑)。最後の方にお知らせなどがありますので、そちらも御覧になって下さい。

街破壊巨大少女幻想10

注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

今年の11月にOMC経由で依頼したイラストで、作者はオカピ様です。魅力的な美少女と可愛い女の子に揃って巨大化してもらいました。初めて二人の巨大少女のキャットファイト(?)を依頼してみました。周囲の建物も気にせずに戦ってしまう二人の巨大少女というのもいいですよね?(笑)
それでは、恒例のSSです。

……

「さあ、今日はここで訓練するわよ」
足を止めて、シャツにネクタイ、そしてチェックのミニスカートの姿の少女……美紀は言い切った。
「え? ちょっとまずいんじゃないの? ここは。こんなに建物があるのに……」
控えめに抗議したのは、真由(まゆ)だった。やや小柄な体を白いパーカーとジーンズ生地のミニスカートで包み込んだ童顔な少女である。
「何言ってるのよ。いつ、どこで怪獣と戦うか分からないのよ。もしここで怪獣が出現したらどうするつもり?」
「だったら戦うけど、でも……」
「この街はわたしたち<パーフェクトガールズ>の為に用意されたものなの。使わなくちゃ損じゃない。ちなみに人はいないから安心して」
「だからゴーストタウンみたいなのね……」
美紀の言葉に真由は少しだけ安心した。幾ら地球を守るのが使命の自分たちとはいえ、住民まで巻き込んで訓練なんかしたくない。
「さあ、訓練を始めるわよ。巨大化して」
「……ちょっとだけ楽しそう。こんなに大きな街を舞台に訓練するなんて。真由たちが戦ったら簡単にめちゃめちゃになるのに」
「それが狙いなのよ、本当は」
「あ、本心が出たわね。やっぱり気持ちいいんだ?」
「当たり前の事を言わないで。さあ、訓練訓練」

それからしばらくして。街の中央に身長50メートルに巨大化した二人の少女が出現した。
彼女たちこそ、地球の守護女神<パーフェクトガールズ>だった。
「まずは真由からね。わたしが怪獣役をやるから戦って倒してみて」
道路上の車を全て踏みつけながら、美紀は堂々と立っていた。
「いいの? 真由が本気になったら……」
「わたしがまったく平気なのは知ってるでしょう? やわだったら正義の味方なんかしてられないわ。というわけで、今からわたしは巨大少女怪獣・ミキになるから!」
嬉々として宣言するのと同時に。大胆な普段着姿のまま巨大化した美紀は言葉通りに大暴れを始めた。
通りに面したビルを、黒のソックスに包まれた足で蹴り壊す。
高架線を襲って、通勤電車を武器にして破壊した挙げ句、手にした電車を別の建物に叩きつける。
道路上の車目掛けてスライディングを敢行して、全てスクラップに変える。
たった五分で、街の一部は瓦礫と化し、一部からは炎と煙を吹き上げ始める。
「ようやくいつもの戦場みたいになってきたわね。怪獣が暴れた後ってこんな感じじゃない?」
手に道路から掴み上げたトラックを持ったまま、美紀は笑っていた。足元では瓦礫を踏み潰し、その背景には半壊したビルなどが無残な姿をさらしている。
「酷い事するわね……。もう許さないから!」
あまりに見事な相方の少女の大暴れに見とれていた真由だったが、自分たちが訓練中である事を思い出して、ついに動き始めた。道路上の渋滞する車を簡単に蹴散らして美紀に飛びかかる。
「甘いわね!」
しかし、相手の巨大少女はそれを読んでいた。難なく体をかわすと、勢い余ってバランスを崩した真由をそのまま投げ飛ばす。その先にあったのは建築中のビルだったが……。
巨大な少女が受け身も取らずに突っ込んできたので、一瞬の内に崩壊してしまった。無数の鉄骨がマッチ棒のように真由の上に降りそそぐ。
それでも美紀は攻撃を続けた。ぺたんと座り込んだままの真由の腕を掴むと、今度は目についたビルに叩きつけてしまったからだった。
「ひっどーい。ただの訓練なのに」
半壊したビルに背中を預けたまま、真由は抗議の声を上げた。白いニーソックスとスニーカーに包まれた足を曲げたままなので、外見以上にむっちりした太股までむき出しになっていた。
「訓練だから真剣にやってるの。さあ、立って」
対する美紀はファイティングポーズを崩さなかった。上空の風に茶色がかかった髪を揺らしたその姿はなかなか凛々しい。
「分かってるわよ。あーあ。お洋服が汚れちゃった」
「いつもの事じゃない。終わったら洗濯すればいいじゃない」
「これってお気に入りなのに……」
そう言いながらも、真由は美紀の構えに隙が生じたのを見逃さなかった。すかさず、足元に転がっていた電柱を掴むと相手に叩きつける。
「あっ……」
切れた電線が絡まり、慌てたのがさらに隙を生んだ。何とか振りほどいた時には真由が目の前に迫っていたからだった。
「えーいっ!」
気合いが入っているものの、どこか舌足らずな真由の声が響き渡るのと同時に。
二人の巨大少女はもつれ合うようにして、住宅街の真上に転がっていた。多くの建物が一瞬の内に破壊されてただの廃材の山と化したが、真由はさらに転がって巨大な相方に馬乗りになっていた。
「さあ、これでどう? 真由の勝ち?」
「まさか。そんな事を言ってる時点で甘いわよ!」
真由が言葉の意味を飲み込むよりも早く。美紀は腕の力だけで相手を突き飛ばした。
わざと小柄な巨大少女は転がり、後には無残に破壊された建物だけが残る。
……。
……。
このような調子で<訓練>を続けた結果。
用意された街は一時間も経たない内に完全に壊滅した。しかし、二人の少女は非常に満足していた。
充実していた訓練が出来たからではなく、心置きなく街を破壊できたからだった……。

……
お知らせその1。
リンクに「巨大娘美術館」様を追加しました。新しく開設された制作依頼イラスト系巨大娘ブログですが、こちらでは制服姿の巨大少女たちが大暴れしています。制服と巨大少女が大好きな私としてはまさしく待望のサイトです。これからの発展を期待しています!

お知らせその2。
1/31(日)新潟で開催される「ガタケット」にサークル参加します。ジェントルな巨大巫女が活躍する「港町の守護巫女」シリーズやラノベ風ファンタジー小説「おてんば姫は冒険者」、大正アクション浪漫の「華奈」シリーズもありますので、是非お越し下さい。当日は東方+逆転裁判なゲーム「逆転東方」も販売します(会場限定特典付き!)。
スペースNOなどは以下の通り。

スペースNO:H-02a サークル名「白鳳企画」

ちなみに2/7(日)は仙台コミケ、2/14(日)は東京のコミティアに参加します。また、3月の例大祭にも一般参加する予定です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

戦国銀様。こちらでは初めまして^^「巨大娘美術館」館長のシャルファです。
先ほどリンクをさせていただきました。改めまして宜しくお願いします!

おー!新作イラストは巨大少女たちのキャットファイトですか!たまりませんです!
SSのおかげでイラストが何十、何百倍にも引き立ってますね。破壊描写がたまりません。
こんなにも素晴らしいSSが書けるなんて羨ましい限り><
自分の依頼したイラストにもSSをお願いしたいぐらいです(もちろん冗談ですがw

これからの更新も楽しみにしています^^

コメントありがとうございます

>シャルファ様
さっそくのコメントありがとうございます。SSですが、根が小説書きなのでついつい力を入れて書いてしまいます。イラストはまったく駄目ですが、文章だけはキャリアが長いのでこんなものです。今度、機会がありましたらシャルファ様のサイトのイラストからSSを書いてみたいと思います(SS書くのも楽しいので)。
プロフィール

小笠原智広

Author:小笠原智広
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード