ボーイッシュ系巨大少女によって大都市は壊滅しました

今年最後の更新です。
今年は長らく夢見てきた巨大娘イラストを一気に手に入れる事ができました。無ければ依頼して描いてもらえばいい。この方法は正直思いつきませんでした。ですが、こうやって色々な作品を手に入れる事が出来ました。この方法を教えてくれたg-boy様、並びに素敵なイラストレーターを教えて下さった皆様に多大な感謝をしたいと思います。
また、このブログに足を運んだで下さる皆様にも感謝しています。来年もよろしくお願いします。

街破壊巨大少女幻想8

注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

今年の9月にOMC経由で依頼したイラストで、作者は高里燕様です。
今回はボーイッシュ系な女の子を巨大化させて大暴れさせてみました。女の子らしい女の子の大暴れもいいですが、たまにはこういうのもいいですよね?(笑)
というわけで、恒例のSSいきます!

……
「エントリーしてくれって、急に言われても困るのに」
シティクラッシュゲーム(CCG)・ガールズ大会である父親の言葉に、真美は思わず反発した。
「ボクは見に来ただけなのに。主催者の娘が参加しても仕方ないじゃない」
「参加者の一人が直前になってキャンセルしてしまったんだ。とにかく好きに暴れてきていいから出てくれ」
「うーん。ボクは見てる方が好きなのに」
仮想現実技術を応用して誕生したCCGは今や、大型アミューズメント施設の目玉となっていた。
しかし、幾らテクノロジーが発達しても人間が運用している以上、こういう手違いもまた発生するのだった。
「本当に参加者が足りないの? 単にボクみたいなタイプが暴れた方が絵になるからじゃないの?」
「……それもあるな。但し、キャンセルが出たのは本当だからな」
「認めないでよ。……でも、出てもいいかな?」
ぽつりと言って、真美は会場に設置された超大型モニターに目を移した。
既に大会自体は始まっているので、既に何人かの参加者がゲームを楽しんでいた。
公序良俗に反しなければどのような服装でもオーケーなのと、破壊する舞台、そして巨大化する場合のサイズも自由に選べるので、色々な光景がモニターに展開した。
見事なボディラインを誇るビキニ姿の巨大少女が海から出現、海沿いの建物を蹂躙し尽くす。
お洒落なブレザー制服に身を包んだ巨大少女が突然街の中央に現れたかと思うと、あっと言う間に全ての建物を瓦礫に変える。
人気弾幕STGのキャラの衣装に身を包んだ巨大少女が鉄道の高架線を襲い、手にした電車を武器にさらに他の建物を破壊する。
見ている方が興奮してくるような場面の連続だった。
「でもボクでいいの? こんな格好なのに」
「構わないだろう。そういうのが好きなのもいるだろう」
「親とは思えない言葉だね。でもいいよ、こうなったら好きなだけ暴れてやるから!」

それからしばらくして。
真美は会場に来た時の服装のまま、ゲーム用の仮想空間に降り立った。
巨大化サイズは30倍、舞台設定は初めて「大都会」を選び、もちろん「爆発炎上」オプションも追加した。
「さーてと、ひと暴れさせてもらうよ!」
意識的に声を出し、黒のキャップに包まれた髪を揺らしながらポーズを決める。
なぜこのようなことをするのかというと、このゲームで優勝者を決める時には、どれだけ短時間で都市を破壊したかなどを評価する「技術点」、壊し方や演技などを見る「芸術点」の合計で決まるからだった。
ま、気楽な立場だし、技術点は狙わなくてもいいか。芸術点だけを狙って大暴れっていうのもありかな。
そう思うのと同時に。
白のTシャツに黒のショートパンツ、軽く羽織っただけのパーカー、膝下までのソックスにスニーカー姿の真美は大暴れを始めた。
大通りに渋滞する車は全て蹴散らして、さっそく爆発させると、目についた自分よりずっと背の高いビルに思い切り拳をお見舞いする。それだけで建物の一部は崩壊したが、真美はそれを放置して次の建物にすらりとした足で蹴りを食らわせる。一撃で土台を崩されて、建物は大通りに倒れてきたが、巨大化した少女は簡単に避けて逆に踏み潰す。
「たまにはいいんじゃないかな? 目についた建物を一撃食らわせただけで放置というのも」
幾つもの建物を破壊して、真美はカメラを意識ながら言い切った。
自信に満ちた笑みを浮かべ、キャップのつばをくいと上げて見せる。
足元には壊された建物から散らばった瓦礫や、破壊された車があったが、全てスニーカーで踏みつけていた。
「こーすると一段と残虐かもね。でもボクはさらに暴れさせてもらうよ!」
さらに調子が出てきた事もあって、真美は飛び入り参加とは思えない程、大暴れを続けた。
さすがの大都市も無事な建物が少なくなっていき、壊された建物からは炎や煙が吹き上がってきたが、まったく平気なボーイッシュ系巨大化少女は新たな獲物に襲いかかる。
それは大きな交差点を跨ぐように走る鉄道の高架線だった。
「こういうのを壊すのって面白いんだよね。ボクならこうやってめちゃめちゃにしちゃうな」
まずはソックスとスニーカーに包まれた足で、高架線自体を踏み潰す。それだけで、電車の一部が巻き込まれて道路上に落下したが、真美は無造作に掴み上げる。
「こうやって見るとおもちゃみたい。だから簡単に壊しちゃうんだよね」
笑いながら言い切って、手に力を込めて握りつぶしてしまう。破片が落下してスニーカーなどの上にも降り注いだが、真美は何とそのまま座りこんでしまった。
左腕が建物に当たったがそのまま壊してしまい、一部が破壊された高架線を前にポーズを決める。
右手には餌食にした通勤電車を握りしめ、左腕では建物を壊していたが、真美はサービスとばかりに伸ばしていた左足を曲げてみせる。ショートパンツから伸びる太ももが剥き出しになっているので、かなりきわどいポーズだったが、破壊活動に酔っていた真美は気にしていなかった。
「こういうポーズもありかな? これで芸術点は頂きだったりしてね」
結局。
建物をそれ程壊さなかった事もあって、技術点は最下位だった。しかし、その独創的な壊し方や演技が評価されて芸術点では3位に食い込んだのだった……。

……

冬コミ(コミックマーケット77)にサークル参加します。但し、本人は仕事の為に友人にピンチヒッターを依頼しています。その関係で、今回は巨大娘関連の作品はありません……(巨大娘関連の作品がある場合にはまた後日お伝えします)。今回販売するのはおてんばな姫君が冒険者になって大活躍する「おてんば姫は冒険者」、そして異世界の大正時代を舞台に薙刀使いの少女・華奈が活躍するアクション活劇「道化師は闇に笑う」「天使は空高く舞う」などです。
スペースNOなどは以下の通り。

参加日:2日目(12/30) 東地区:S-21a 「白鳳企画」

「東方project」と同じ日で、東館の反対側のホールです。ついでにどうぞ(笑)。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

小笠原智広

Author:小笠原智広
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード