河城にとりの悪夢(前編)

今回は予告した通り、河城にとりのSSお送りします。もちろん巨大化してやりたい放題ですが(笑)。
「東方」に出てくる河童はにとりを筆頭に可愛いですよね~。まだイラストには描いたことが無いですが、にとりもいつか描いてみたいと思っています。ちなみににとりと同じぐらい好きなのが、モブ河童の中にいるおかっぱ髪の子です。おかっぱの河童という駄洒落なんでしょうかねえ……。十分に可愛いので問題ありませんが。ちなみにモブ河童たちのキャラデザも神主が担当したそうです。ならばせめて名前ぐらいは……。

……
「……。どうやら風邪のようね。薬を処方するわ」
八意永琳の言葉に、河城にとりは少しだけ目を丸くした。
色々な薬の匂いの交じる古風な診察室。
そこにいるのは体調不良を訴えて永遠亭に来た河童の少女と医者兼薬師だけだった。
「風邪?」
「ええ。妖怪だって風邪ぐらいはひくの。風邪を引かないのはせいぜい一部の妖精ぐらいなんだから。河童用の薬を処方するから一日三回、食後に飲むこと」
「……わかりました」
熱っぽい額を押さえながら、にとりは小さく頷いた。いつもより熱心に発明に打ち込んでいたので疲れただけかと思っていたので、意外と言えば以外だった。
「最近、誰か風邪気味の誰かと接触は無かった?」
「ううん。いつも通りかな。最近会ったのは文と椛、あと魔理沙ぐらいだから」
「魔理沙なら昨日霊夢とアリスとパチュリーに拉致されてここに来たわ」
「へ?」
「あの黒白、風邪を引いて熱があったのにいつものようにあっちこちに出しゃばって病原菌をばらまいてたのよ。それに霊夢がキレて実力行使に出たみたいね」
「はあ……」
魔理沙らしいや、と思っただけでにとりは魔法使いの少女を恨んだりはしなかった。
強引で、やる事が滅茶苦茶で、たまに本を盗まれても魔理沙は好きだった。<盟友>以上に……。
「はい、この薬を飲めばすぐに良くなるわ。お大事に」
「うん」
薬の入った袋を受け取って、にとりは席を立った。
今はとにかく、熱っぽくてだるい状態をどうにかしたかった。

「うーん……。困ったわね……。なんであの薬が足りないの? お師匠様の真似をして作ったのはいいけど、まだ人体実験もしてないのに。……ま、いいか。どうせ飲んでもちょっと悪夢を見るぐらいだし♪」

「……ここは? どこ?」
さっそく薬を飲んで布団に潜り込んだにとりだったが、気がつくと。
今まで見たこともない場所にいることに気づいた。
幻想郷とは思えないほど灰色の地面、無機質な印象を受ける角ばった建物群、無数に張り巡らされた電線……。
「うーん……。本で見た外の世界にそっくりだけど、大きさが違うか。模型みたいに小さいし……」
帽子に手をやって、にとりは今の状況を把握しようと務めた。薬がさっそく効いてきたのか、寝るまでのだるさが嘘のように消えていたが、自分がどうしてここにいるのか合理的な説明は思いつかなかった。
「まさか夢の中かな。確か布団に入ってすぐに寝てしまって……。とすれば……」
顔を伏せたにとりの口元に笑みが浮かんだ。なぜ夢の中でこんな所に迷い込んだのか分からなかったが、本の中にしか無かった外の世界が目の前にあると好奇心が抑えられなかった。
「だいたい三十分の一ぐらいかな? とすると、今の私は三十倍サイズになってるんだ。調べやすくていいかも♪」
無邪気な笑みを浮かべて、巨大な河童の少女は悠然と歩き始めた。歩き始めてすぐにトラブルに見舞われた。
道路の中央に張られていた電線を、長靴に包まれた足で思い切り断ち切ってしまったからである。切れた電線は盛大に火花を散らして道路に落下したが、にとり自身は何も感じなかった。
「びっくりした……。そっか、電気はここを通ってるんだ。でも、こんなに張り巡らされてたら歩けないよ」
両手を腰に当てて溜息をつく。よく見ると道路上にも車が多数あって邪魔で仕方なかった。
「……。やっぱり、少ーしだけ壊してしまうしかないよね。このままじゃ何も調べられないし」
自分で自分に言い訳すると、再び歩き始める。再び電線が断ち切られて火花が派手に散ったが、予想していたので気にしたりはしなかった。それどころか、道路上にあった車をまとめて踏み潰してしまう。
「うわ……。簡単に潰れちゃった。鋼鉄で出来てるって聞いてたけどやっぱり脆いや。こんなに大きくなってるんだから当然かもしれないけど」
そう言いながらにとりは通りに面した建物に手を掛ける。かなり大きなものだったが、巨大化した少女の胸元ぐらいまでの高さしかなかった。
「大きな建物だな……。幻想郷では考えられないよ。中はどうなってるのかな?」
両手を太ももに置いて少し腰をかがめる。スカートに包まれた形のいいヒップを反対側の建物に押し付けながら、窓から内部を覗きこむ。
「うーん、あまり見えないな。もっとこう……」
そう言いながらにとりは指で窓ガラスを突き破ってしまった。痛みすら感じないまま内部に手を入れて、<中身>を確認する。指だけで室内は全て破壊されてめちゃめちゃになったのだが、にとりはまったく気にならなかった。彼女が気にしていたのは建物の構造自体だったからである。
「どうしようかな……。ちょっとだけ分解してみればいいか」
つぶやくのと行動が同時だった。いきなり巨大な河童の少女は建物の上層部に手をかけると、力任せに引き剥がしてしまったからである。鉄筋とコンクリートでできた建物もあっさりと破壊されたが、にとりは笑みすら浮かべていた。
「うわ~。こんな構造になってたんだ。巨大化してるから簡単に分かるな。……なるほど、こうやって組み上げればいいんだ」
両手で持ってた建物の一部を無造作に放り投げて、にとりは建物に密着して観察を続けた。放り投げられた瓦礫は無傷の建物を巻き込んで新たな瓦礫を作り出したが、当の本人は気にしていない。青い瞳を輝かせてながら、建物を分解……破壊していったからである。
「なるほど。やっぱり面白いや。人間の建物ってこんな風に作るんだ。あ、土台はどうなってるんだろう?」
その時のにとりは完全に調査欲に取り付かれていた。構造はあらかた調べたので、邪魔になった建物自体をキックで壊してしまったからである。スカートを翻した軽い蹴りだったが、建物は中央部から崩壊し、周囲の建物にも深刻な被害が及び始める。それでも巨大化したにとりは舞い上がる埃をかき分けながら残りを手で壊して、土台をむき出しにしてしまった。
「あ、なるほど……。こんな風に支えてるんだ。巨大化してるとよく分かるのが嬉しいな。幾らでも分解できるしさ」
道路に無造作に座り込んで、にとりは心から感心していた。
「でも……。まだまだ物足りないな。こんな建物があるんだから全部調べてみないとね♪」
スカートから埃を落としながら立ち上がると、辺りを見回す。見回して、自分が周囲をかなり破壊してしまったことに気づく。
「あちゃ……。やっちゃった。でも、少しぐらい仕方ないよね。全ては調査のためなんだから」
平然と言い切ってにやりと笑う。いつもよりずっと腹黒い笑みだったが、当の本人はまったく気づいていない。
それどころか、さらに調査を続けたからである。
まずは周囲の一部が破壊された建物を中心に、その構造を調べて回る。自分の見た物とその分析結果を全て記憶しながらも、その巨体を活かして次々に建物を破壊していく。
「あーびっくりした。意外と脆いんだよね……。こうやって座り込んだだけで潰れちゃうんだから」
少し休もうと思い、まだ壊していなかったマンションの上に座り込んだにとりだったが、簡単に崩壊してしまったのでバランスを崩して背中から住宅街に転がってしまった。スカートがふわりとまくれて下につけている紺色の古風な水着まで見えてしまったが、気にしないまま空を眺めていた。
「とにかく調査調査。こんな機会滅多にないんだから」
そう言いながら、にとりは軽快な動作で体を起こした。まだ壊していない建物を派手に巻き込みながら立ち上がる。
「そうだ。調査が終わったらみーんな壊して遊んでみようかな。ちょっとだけ面白いし、遊ぶのも人生には大事だよね♪」
辺りを見回し、新たな調査対象を探す。すぐに大型のビルなどが立ち並んでいる地区を見つけると道路上の車を全て蹴散らしながらそちらへと向かうのだった。

……

主役担当のキャラを巨大化させる方法は色々ありますが、今回は永遠亭ネタです。「東方」の場合ちょっと理屈をこねればパターンは幾らでも作れるので助かります(笑)。

次回はイラストの更新回ですので来週には更新したいと思っています。SSの後編はその後に更新しますのでお楽しみに!
スポンサーサイト

実験は慎重に行いましょう

今週はイラストの更新です。このブログを続けるのはなかなか大変なのですが、9月に5周年を迎える為にも頑張りたいと思います。……にしても、よくここまで続けることが出来たものです。

街破壊巨大少女幻想77

注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

OMC経由で依頼したイラストで、作者は前月様です。二度目の依頼ですが、今回も実に見事な作品を納品していただきました。感謝! シチュエーションとしてはこんなところでしょうか?

……
とある財閥のお嬢様が、財閥の傘下にある仮想現実など先端的な研究に励む研究所を訪れた。しかし、その我侭お嬢様の相手なんかさせられたらたまらない所長とその部下は、「実験」と称してお嬢様を遊ばせて疲れさせてしまうことを思いついた。
「お嬢様、当研究所が開発を進めている仮想現実の世界を試してみませんか? 巨大化して怪獣のように大暴れすることができるものです」
「……怪獣というのが気になるけど面白そうね。いいわ。試させて」
それから数分後。
お嬢様は巨大化して仮想現実の世界に現れた。研究所を訪ねた時の服装のまま身長80メートルになったお嬢様は、自分が巨大化したのを確かめると……その力を見せつけるかのように大暴れを始めた。
立ち並ぶビルを片っ端から薙ぎ倒す。
誰も見ていないのをいいことにスカートを派手に翻してキックで鉄道の高架線を破壊し、電車を踏み潰す。
無傷の建物を力任せに破壊して、その破片でさらに周囲を壊滅させる。
やりたい放題だったが、仮想現実なのでお嬢様の身体には傷一つつかない。
「あーあ。やっちゃった……。これじゃ復旧も無理ね」
散々大暴れしてから、お嬢様は瓦礫を踏み潰しながら満足そうに笑った。壊したばかりのビルに手をかけてポーズを決めながら宣言する。
「こうなったらぜーんぶめちゃめちゃにしてやるから♪ 覚悟してて。この程度で私が疲れて見学を止めると思ったら大間違いなんだから♪」
その言葉を聞いた所長は自分の誤算を呪ったが、後には引けなかった。お嬢様をずっと仮想現実世界に引き止めておくために次々に新たな「舞台」を設定したからである。
……結局。
暴れるだけ暴れてお嬢様は満足して帰っていった。しかし、仮想現実をずっと動かし続けるために研究所のほとんどの人間を動員してしまった為、結局この日研究所は半ば機能を停止する羽目になった。過去にお嬢様が見学に来た日とまったく同じように。

……
久しぶりに思いつき半分で書いてみましたが、いかがだったでしょうか? 手間がかかるのですが、評判が良ければ極力続けるようにしてみたいと思います。
にしても。こんな仮想現実を作り出す装置があったら、某アヴァロンファンタジーの少女吸血鬼がプライドもかなぐり捨てて欲しがりそうです。可愛い妹にも脅し半分手に入れるように頼まれたりして。で、その後は……。

次回は河城にとりが主人公のSSを掲載します。更新は2週間後の予定です。

無意識の迷宮(完)―古明地姉妹の場合(後編)―

やっと、やっと古明地姉妹の物語完結編です……。なんだか思ったよりも時間がかかりました。最近忙しい上に疲れがたまっているせいかどうしても更新する気力が落ちているのが問題です。

まあ、愚痴はとにかく続きをどうぞ。

……
その瞬間、何が起こったのかこいしはまったく理解できなかった。というより、単に何も考えていなかった。スカートがまくれるのも構わずに身体を起こそうとしたからだったが……。
いきなり、背後から両肩を掴まれた。
「こいしには少しだけお仕置きが必要なようね。私をここまで馬鹿にするなんて……。もう許さない」
「お姉ちゃん?」
「お姉ちゃん……じゃないでしょう!」
身体を半分起こしていたこいしだったが、再び盛大に投げ飛ばされた。その先にあったのは自分の背丈ほどの高さを誇る大型のマンションだったが、こいしが正面から体当りしただけで中央部から崩壊し、盛大に周囲を瓦礫を撒き散らす。それでもこいしは手を使って踏み留まろうとしたので、残っていた部分も壊されてしまった。
「どれだけ心配したと思ったの? いっつも勝手にいなくなって一人でほっつき歩いてるんだから! さあ、地霊殿に戻りなさい」
「いや」
こいしは即座に拒否した。どうして姉はこんな事ばかり言うのだろうか? 自分はただ好きにしたいだけなのに……。
「あ、この辺りまったく壊してないじゃない。楽しそう~」
「楽しそうじゃないでしょう! もう頭にきた……お返してあげるから覚悟しなさい!」
さとりの様子がおかしいことに、こいしはまったく気づかなかった。それどころか、その場にちょこんと座り込むと目についた大型の電線塔を引き抜く。
「これを使って遊んだらどんな感じがするのかな~」
ソックスとローファーに包まれた足で無傷の住宅を壊しながら、こいしは足を広げた。スカートをたくし上げると縞模様のパンツが丸見えになったが、なんとその中央に電線塔を押し当てて一人遊びを始めててしまった。
「ん……ん、うふっ♪ ちょっと痛いけど……楽しい♪」
さんざん破壊活動を繰り広げてきたこともあり、未熟な下半身は十分に熱くなっていた。巨大化していなければ絶対に経験できない不思議な悦楽が脳を貫き、少女は艶に満ちた声を何度も何度も上げる。
「あん♪ ここは駄目……。イッちゃうから……でもいいや、もうイッちゃえ~」
「こいし。そんな事をして楽しい?」
その存在自体をすっかり忘れていたさとりの声が耳に届いたのは、パンツが愛液によってぐっしょりと濡れてしまった直後の事だった。手や電線塔まで液まみれになったことすら楽しんでいたこいしだったが、焦点の合わない目を動かす。
巨大化した姉はいつの間にかこいしの前でしゃがんでいた。スカートの奥……すっかり濡れそぼった真っ白な下着まで見えていたが、本人は気にしている風ではない。
「楽しいよ~。お姉ちゃんだってさっきは楽しそうだったじゃない」
「楽しいわよね。こんなに大きくなって建物を壊しまくって、人前で一人遊びまでしちゃうんだから」
「うん。お姉ちゃんももっと素直になればいいの。だから私が手伝ってあげる。何がしたいの?」
「決まってるじゃない」
妹の一人遊びをじっと見つめていたさとりだったが、すっと目を細めたのはその時だった。
「こいし。貴方を元に戻してあげる」
「え?」
意味のない返事をするのと同時に、こいしは両肩を掴まれてその場に押し倒された。背中で建物などを押し潰し、まくれたスカートが顔にかかって一瞬視野が暗くなる。
「まずは貴方の心を完全に壊してやるから。覚悟して!」
暗闇の中で聞こえてきた姉の声は、別人のように聞こえた。しかし、考えることを放棄した少女は、ただの人形でしかなかった。
最初に、まだ壊されていなかった住宅街の真中に突き飛ばされてその巨体で徹底的に破壊させられる。
全てがただの瓦礫になると今度は近くにあったビルの立ち並ぶ地区に突き飛ばされ、土台ごと引抜かれた建物を何度も何度も叩きつけられる。
それでもこいしが何も言わずにいると、さとりは最後まで残っていた駅前広場に妹を連れて行った。面と向かい、感情のない声で言い切る。
「満足した? 全部壊してしまうことに」
「お姉ちゃん、何が言いたいの……?」
「口答えはしないで。まだまだ足りないの? だったらもっと苛めてあげる。この都市が全部壊れてしまうまで……」
「お姉ちゃん?」
こいしが姉の異変に気づいたのはその時だった。足元では通りの車を全て踏み潰しながら、さとりはその瞳に涙を浮かべていたからだった。
「戻ってこなかったら絶対、許さない。みんな……お燐もお空もみんな心配してるのよ。それなのにいつもほっつき歩いて……本当に悪い子なんだから!」
また突き飛ばされてしまうと思い、目を閉じかけたこいしだったが、逆にさとりが抱きついてきたので思わず目を見開いた。わずかに膨らんだ胸同士が当たり、同時に温もりが心にまで伝わってくる。
何もない、空っぽのはずの心に。
「ずっといなさいなんて言わない。でも、たまには帰ってきて。それだけでいいんだから。それだけで……」
「お姉ちゃん……」
「私だって地上にはあまり出たくなかったの。心が全部見えてしまうんだから相手も嫌だし私も嫌。でも、こいしに会いたかったから……わざわざ出て来たのよ」
下半身の力が抜けたような気がして、こいしは巨大化しているのも忘れてその場に崩れ落ちた。背後にあった無傷の大型ビルなどがまとめて崩落したが、気にならなかった。
「だから帰りましょう。地霊殿に。みんな、待ってるから」
「え? ……あっ」
姉の言葉を全て理解するよりも早く。こいしの唇にさとりの唇が重ねられた。何が起きたのか分からず、こいしは周囲の建物を巻き込んでその場に倒れてしまう。盛大に埃が舞い上がったが、さとりはそのまま妹の巨体を抱きしめる。
「こいし……。大好き。たったひとりの私の妹……」
「お姉ちゃん……」
こいしはもはやそれしか言えなかった。何が起きているのかまったくわからなかった。ただ、自分が思っていたよりもずっと愛されていたことだけは分かった。
「こいし……。貴方を好きにしていい? 久しぶりに」
「え? まさかお姉ちゃん……。こんな状態のままで?」
「楽しそうじゃない。巨大化して建物を盛大に壊しながらっていうのも。本当はこいしだってしたいんでしょう?」
「……。うん。お姉ちゃんはお見通しなんだ」
「心が読めなくても読める部分はあるってこと」
「そうだよね~。だからお姉ちゃんなんだ」
「わかったような口をきくんだから♪」
こいしを抱きしめたまま、さとりは思い切り転がった。周囲の建物がまとめて崩壊して瓦礫が降りそそいたが、既に埃まみれになったふたりはまったく気にしていなかった。
久しぶりに大喧嘩した末に、久しぶりに肌と肌を合わせたくなっていたからだった。

かつては立派な姿を誇っていた箱庭の中の街は、たったふたりの少女によって無残な姿を晒しつつあった。姉妹ゲンカの舞台となった挙句ガスタンクが派手に爆発した地区は盛大に炎上して黒煙を吹き上げていたし、追いかけっこをした地区は建物が全て破壊されていたし、一人遊びの舞台となった場所に至っては破壊された建物や壊された<道具>が姉妹の身体から吹き出した愛液にまみれていたからだった。
そして。最後まで残っていた大型の駅付近は、久しぶりに体も心も一つになった姉妹によって蹂躙されつつあった。
「ち、ちょっとお姉ちゃん止めて~。恥ずかしいじゃない~」
歓喜に満ちたこいしの声と同時に、スカートから伸びる足が高架駅に振り下ろされた、天然の踵落しによって駅はまたもや両断されてしまい、そこから切れた架線やレールが無残に垂れ下がる。
「さっきは鉄塔で一人遊びしてたくせによくいうわね。完全にぐしょぐしょじゃない」
上気した顔でさとりが答える。巨大化した少女は駅前のロータリーやバスターミナル、そして駐車場を破壊して座り込んでいたが、スカートの奥に見える下着はすっかり濡れている。その手にはバスターミナルから掴みとった大型バスが握られていたが、既に手も含めて愛液まみれだった。
「ほらほら、もう一度いくわよ~」
「あっ、ちょ、待って……心の準備が……。うっ、き、気持ちいい~! なんか凄く興奮する~」
「うわ……。こいしって本当によく出るじゃない♪ ここら一帯全部ぐちゃぐちゃ」
「そんなことないよ。さっきだってお姉ちゃんも……あ♪ イきそう~。凄い凄い!」
「こいし……。大好き♪」
「え? あ、また抱きついてくるなんてもう……」
妹と身体を密着させたまま、さとりは広場をさらにめちゃめちゃにしながら転がった。理性は完全に吹き飛んでいて、何をしても平気な絶頂感が全身を満たしていた。
「お姉ちゃんって普段は真面目なのに、いざとなると凄いんだから……あっ、ち、ちょっとそれは止めて!」
「ほらほら貝合わせの時間ですよ~」
完全に濡れた姉妹の巨大な下着同士がこすれ合う生々しい音が壊滅した駅前を支配する。暴走した時によくさとりがやる遊びの一つだった。
「も、もうお姉ちゃん恥ずかしいよ~」
「いいのいいの。ドキドキするでしょう? 興奮するでしょう?」
「う、うん。凄い音がする……。私たち、何度も濡れてるから」
「でもまだするんでしょう? 足りなかったら今度は電車を押しつけてやるから」
「そ、それは止め……やっぱりお姉ちゃんだったらいいや♪」
「もう、こいしったら♪」
普段はまったく心が繋がらない姉妹の<遊び>は、どこまでも続いた。
箱庭の外から全て見られているとも知らずに……。

「……。なんか凄い光景ですね」
香霖堂から回収してきた箱庭から顔を上げて、藍は溜息をついた。
「ふふ。予定通りよ、全てね」
「痴態見たさにこんな罠を仕掛けたんですか? 紫様」
「まさか。これも幻想郷の平和のためよ」
「平和のため?」
「この姉妹は心にまつわる能力を持ってるのよ。それなのに二人共不安定なところがあるからたまにこうやってストレスを発散させないと危ないの」
「……。了解しました」
小さく体を震わせて、藍は主人の意図を理解した。
さとりは相手の心を全て読む少女。もし彼女が暴走して、幻想郷全ての人間や妖怪などの心を暴露して回ったら……紫でも止められない地獄絵図が出現するだろう。
「……どんな迷宮にも出口はあるの。誰かが想っていれば」
「何か言いましたか? 紫様」
「別に。独り言よ、独り言♪」

……
いやはや、色々と派手にやってしまいましたが、いかがだったでしょうか? 一切「見えて」ませんから18禁にはならないと思いますが……。でもよく考えたら完全着衣の方がエロいような気がするのは私だけでしょうか?
次のSSは前にも触れたようにジョン様のリクエストに応えて河城にとりの巨大化ネタをやってみたいと思います。

夏コミ当選しました! スペースは2日目(8/16(土))"タ"―14a「木蘭優駿」です。秘封倶楽部が主人公の小説本やオリジナルの小説本を無料配布していますので是非お立ち寄り下さい。

次回の更新はイラストですので、翌週には更新したいと思っています。
プロフィール

Author:小笠原智広
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード