無意識の迷宮(1)―古明地こいしの場合―

今回は前回の予告した通り、SSです。ガリクソンさんからリクエストに応えて、「東方地霊殿」の古明地姉妹にまつわるお話を連載していきます。まずは第1回目は妹のこいしにまつわるお話です。

……
 幻想郷の片隅にある道具屋・香霖堂。
 その店には、時々不思議な物が持ち込まれる。
 それらを鑑定して、売り物とするのは店主である霖之助の得意とするところだったが、この日持ち込まれたのは……。
「ふむ。この箱の名前は<超次元の箱庭>。用途はこの中に好きな<世界>を再現すること、だな」
 カウンターに置かれた古い木箱の鑑定を終えて、霖之助は顔を上げた。目の前にいるのは、黄色の上着と緑色のスカートがよく似合う少女。名前は確か……。
「好きな世界を再現できるの? この箱の中に?」
 さっきまでは光の無かった瞳を輝かせながら、少女……古明地こいしが問いかけてくる。箱を持って店の中に入ってきた時とは別人のような態度だったが、霖之助は眼鏡を上げながら淡々と答える。
「ああ。ただ、僕の能力ではその方法は分からない。どこで拾ったんだい?」
「無縁塚。ふらふら歩いてたら落ちてたの」
「あそこか……。外の世界から流れてきたようには見えないんだがな。これは幻想郷の中で作られたものだ」
 無縁塚と聞いて、霖之助はわずかに眉をひそめた。てっきり外の世界の技術で作られた物だと思い込んでいたからだった。
「ふーん。でも使い方が分からないんじゃ意味ないじゃない」
「それは仕方ない。どうしても使いたかったら自分で何とかして欲しい。もし不要だったら僕が買い取ろう」
「うーん……。いいや。自分で何とかするから」
「何とか?」
 そんなことが出来るのか?
 霖之助の問いかけは、言葉にならずに終わった。
 ついさっきまで少女のいた場所には誰もおらず、薔薇の花びらが数枚、舞っていただけだった。
「……。取り込まれたのか? さて、どうしたものか」
 つぶやいたものの、妙案も方策もあるわけなかった。
 意味もなく眼鏡を上げると、何もなかったかのように読みかけの本に神経を集中させたからだった。
 
心地よい風が柔らかな髪を揺らして、こいしは目を開けた。
「え……?」
 目の前に広がっていたのは、見たこともない景色だった。無機質な材料で作られたようにしか見えない無数の建物、硬くて冷たそうな道路、そこに置かれた色々な物体。
 いずれも小さなおもちゃのようにしか見えなかった。
「ここは……どこ?」
 つぶやいたものの、答えを期待したわけではなかった。無意識の内に行動する少女・こいしは気がつくとまったく知らない場所にいることがたびたびあったからだった。
「もしかして、街なの? 外の世界の……」
 小さな胸に手を当てて、自分なりに答えを見つけ出す。どこかで読んだ本の中に、似たような光景の絵があったような気がしたからだった。
 でもどうしてこんなに小さいの? あ、もしかして私がおっきくなったのかも。よく分からないけど……。
 しばし考えた後。
 こいしの口元に笑みが浮かんだ。瞳に浮かんだのは、恐れを全く知らない無邪気な光。小さな街と巨大な自分を対比した瞬間、あることを思いついたのだった。
「これ……全部めちゃめちゃにしたらとっても楽しそう。私の方がずっと大きいんだし、簡単だよね♪」
 なぜこんな結論に至ったのか、本人もきっと分からないままだろう。それでもこいしは行動を開始した。
 まずは目の前に広がる住宅街をローファーで蹂躙しながら歩く。小さな建物を破壊するのが快感で、こいしは楽しげな声を上げる。

街破壊巨大少女幻想71

「簡単簡単。幾らでもめちゃめちゃに出来るじゃない」
 足に絡んできた電線を軽く振り払い、こいしは笑った。
「全部こうしてしまうんだから。この街は私のおもちゃなんだし」
 そう言いながら、巨大化したこいしはさらに歩き回ってみせる。立ち塞がったマンションは軽く蹴りを入れて崩壊させ、高圧電線は全身を使って断ち切る。派手に火花が散ったのでちょっとだけびっくりしたが、自分より背丈の低い電線塔に手を掛けると、引き抜いてしまう。
「こういうのを使うのも面白そう♪ えいっ」
 掛け声は可愛らしかったが、行動は残酷そのものだった。電線等は巨大化した少女の武器となって、周囲のマンションやビなどを破壊していったからだった。すぐに電線塔は原形を失い、周囲に鋼材を飛び散らせたが、こいしはそれを手だけでねじ曲げてしまうと、まだ壊していなかった地区に叩きつけてしまった。
「今度はあそこを壊そっと♪」
 自分の周囲が瓦礫だらけになったのを確かめて、こいしは新たな<遊び場> に向かった。瓦礫を蹴散らしながら、車がぎっしりと停まった大通りに足を踏み入れたからだった。
 まずはローファーに包まれた足で車を全部破壊する。大量のスクラップだけが後に残り、一部は爆発炎上したが、その黒煙をかき分けながらちょこんと座り込む。
「これ知ってる。確か車……だったかな? でもちっちゃいから壊すのなんて簡単♪」
 楽しそうに言い切ると、周囲の車を両手でかき集めて自分の体で押し潰す。壊された車がぼろぼろとスカートの上に落ちていったが、今度は大通りの上に無造作に横になる。
「このまま転がってみたりして。こーやって……」
 言葉と行動が同時だった。約50倍サイズまで巨大化したこいしは周囲の建物にも構わず転がってしまった。スカートがまくれて太ももがむき出しになり、その奥には縞模様がわずかに見えたが、羞恥心を持ち合わせていない少女はまったく気にせずに全身を使って建物を壊し尽くす。
「あーあ。めちゃめちゃにしちゃった」
 散々建物や車を壊してから、こいしは体を起こした。全身についた瓦礫やスクラップを手で払うと立ち上がる。
「でももっと壊しちゃうの。こーすると、どうなるかな?」
 思いつきを実行に移すまで、時間はかからなかった。息を吸い込んで、こいしは思い切りジャンプしたからだった。そのまま、まだ壊していない中心街付近に着地する。ふわりとスカートが大きく広がり、下着が丸見えになったが、足場にされた建物は一瞬の内に原形を残さず崩壊する。周囲の建物もまた巨大な少女の起こした地震によって土台から倒れていく。地面には巨大なひび割れが発生し、車や壊された建物がその中に落ちていったが、こいしの瞳には喜色さえ浮かんでいた。
「凄い……。幾らでも壊せるんだ。もっとめちゃめちゃにしてしまうのも面白そう」
 それからはこいしの独壇場だった。
 中心街付近のビルをまとめて、手足を使って破壊する。
 かなり背の高いビルを振り上げた足で潰してしまう。
 挙句の果てにはガスタンク基地を見つけると、タンクを思い切り蹴飛ばして大爆発させる。
 それでも、こいしには傷一つつかなかった。
「まだまだ幾らでも壊せそう♪ 私は無敵なんだから」
 街の三分の一を破壊しても、こいしの暴走は止まりそうになかった。まだ壊していない地区を見つけると、嬉々とした笑みを浮かべて襲いかかっていったからだった。

「紫様、ここに置いておいた例の箱ですが、橙が勝手に持ちだしてその……」
「無縁塚で落としてしまったのね。慌てて探しに行ったら既に持ち去られた後だった……と言いたいの?」
「全てお見通しなのですね。申し訳ありません」
「いいのよ。箱なら今、香霖堂にあるから。面白いことになってるわ。ふふ。姉の方も向かってるみたいね。これからどうなるのかしら? 楽しみね♪」

……
今回はここまでです。第2回は姉のさとり編をお送りします。

次回は2週間後の更新を予定しています(来週はコミティア参加の為、休ませてもらいます)。次回はイラストを更新しますのでお楽しみに!

【連絡】
ホームページ「木蘭優駿」では、オリジナル巨大娘長編小説「箱庭世界の巨大少女剣士」の連載を続けています。こちらもよろしく!
スポンサーサイト

そこに座っては……

今回はイラスト更新回です。

街破壊巨大少女幻想70

注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

OMC経由で依頼したイラストで、作者はwaka様です。
ジーンズにパーカーというシンプルな服装の巨大娘です。が……案の定派手にやっちゃっています(笑)。周囲を破壊した挙句、電車を握り潰しています。しかもちょこんと座り込んだ姿には罪悪感のかけらも感じられません。破壊行為を楽しみまくっているのは間違いなさそうです。

今回はもう一枚アップします。キャラが可愛い上にシチュエーションが気に入っている作品です。

街破壊巨大少女幻想69


注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

OMC経由で依頼したイラストで、作者は超絶野朗様です。
コスプレした二人の巨大な女の子の大暴れです。手前の子のコスプレ……分かる方はあまりいないかも(笑)。とても有名なゲームだったのですが、いかんせん昔のゲームですし。でもこの子は結構お気に入りです。あ、でも、<嫁>は姉の方です(今でも嫁といってもいいキャラ)。

次回の更新は2週間後です。予告している通り、「東方」のとある姉妹の巨大化大暴れ&キャッキャウフフ的な話に挑んでみたいと思います。キャラは迷いましたが、既に決めています。お楽しみに!

連絡。
来週1/19よりホームページ「木蘭優駿」の方で、オリジナル巨大娘長編小説「箱庭世界の巨大少女剣士」の第2話の連載を始めます(週1連載です)。こちらもよろしく!

ようやく更新再開です

2ヶ月以上間が空いてしまいましたが、ようやく更新再開です。SSがうまく書けずにいる内に忙しくなってしまい、更新が滞ってしまいました。ようやくSSも書けましたので再開します。
まずは冬コミにお越しいただいた皆様、たいへんありがとうございました! 私自身は不在だったのですが、お陰様で持ち込んだ分のほとんどを配布できました。「箱庭世界の巨大少女剣士」は今回第1話のみでしたが、既に第2話の執筆にもとりかかっています。第2話からは完成次第、まずはホームページ「木蘭優駿」の方で発表していきたいと思っていてます。同人誌の方は第2話・第3話がまとまった時点で第2巻として出したいと思っています(もちろん無料配布です)。

さて、間も空いてしまったのでお詫びにイラストもアップします。

街破壊巨大少女幻想68


注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

OMC経由で依頼したイラストで、作者はののでら罠区様です。
私自身の好みでふだんぎ姿の巨大少女とジャンスカ姿の巨大少女の大暴れです。ふだん着少女は罪悪感はまるで無さそうですが、ジャンスカ少女の方は「壊しちゃった……」とでも言いたげなのがまたいいですね。でも、この後ふだん着少女につられるように大暴れしてしまうのでしょうね。


続きましてはSSです。「サンライズ」姉妹の逆襲の後編をお送りします。

……
髪を大きく揺らした姉の攻撃を、妹は正面から受け止めた。両手を掴み、動けなくする。
「こんなに簡単に捕まえられるのに偉そうにするなんて、どうよ?」
「簡単に捕まる? 本気で言ってるの?」
「えっ? ……つッ!」
突然、腹部に打撃を受けて、せとは思わず手を離してしまった。スカートが翻るのも構わず、いずもがヒザ蹴りを放ってきたからだった。なぜか痛みは感じなかったが、衝撃はかなりものだった。
「この状態なら何をしても痛くないし、傷もつかないから派手にやった方が勝ちなのよ。そんな事も知らなかったのね」
「知ってるわけないじゃない……」
「それはせとが悪いの! お仕置き!」
そう言い放ちながら、いずもはせとの腕を掴むとまだ壊していない建物が立ち並ぶ地区へと思い切り投げ飛ばした。ビルを壊しながら踏み留まろうとしたせとだったが、バランスを崩すと背中から倒れこんでしまう。
「あっ……!」
声にならない声を上げた時には遅かった。キュロットから伸びる足やとっさについた手が周囲の建物をまるで模型のように破壊し、瓦礫に変えていく。派手に埃が舞い上がり、視野を塞いだが、いずもは構ったりしなかった。危機とした笑みさえ浮かべると、瓦礫を蹴散らしながら足を踏み入れてきたからだった。
「さあ、お仕置きお仕置き。楽しいわね……」
「お、お姉ちゃん。せとに何か恨みでもあるの? いつも一緒なのに」
「別に恨みなんかないわよ。でもね」
「でも……?」
「実の妹を思い切りいたぶるのもたまには楽しいじゃない♪」
姉の様子がどこかおかしいとせとが悟った時には遅かった。愉悦の笑みを浮かべたいずもは、半壊したビルを掴みあげるとそれを思い切りせとに叩きつけたからだった。痛くないとはいえ、巨大化した少女はビルの成れの果てである瓦礫にまみれてしまう。
「お、お姉ちゃん……?」
「せとは少し生意気だから再教育してあげる」
「そ、そんな……」
せとの戸惑いは、姉の加虐心をさらに燃え上がらせただけだった。逃げようとする妹の肩掴むと周囲の建物に何度も叩きつける。
無傷の商店街を見つけると、せとの巨体を転がすことによって壊滅させる。
わざわざ大型の電線等を引き抜いて何度も叩きつけた挙句、それを無理やり巻きつける。
まさにやりたい放題だった。
「うわー凄い姿になったわね。電線塔で縛られてしまうなんて。しかも建物とかを壊してるし」
実の妹を酷い目に遭わせておいて、いずもはわざとらしく言った。
「酷い……。お姉ちゃん。街だってめちゃめちゃだし」
「こうするのが望みだったんでしょう? 気持いいじゃない。幾らでも壊せるんだから」
そう言い放ちながら、いずもは周囲を見回した。巨大化した姉妹が暴れ回った一帯は既に壊滅し、一部は炎上して黒煙を吹き上げている。そしてそれらを背景にして、せとは瓦礫の上にへたり込んでいた。その巨体は電線で縛られ、動くこともままならなかった。
「なんか絵になるわね。ますます苛めたくなるじゃない」
「もう苛めないで……。わたしが悪かったから」
「何を言ってるの? 聞こえないわね~」
もう、お姉ちゃんの意地っ張り。いっつもこうなんだから。でも口答えするとまた怒るし、どうしたら……。
お尻の下で瓦礫を潰しているのを感じながら身体をよじっていると、少しだけ電線の縄が緩んだ。何とか動けそうだと思った瞬間、妙案が浮かんだ。
これなら絶対に怒られる心配は無いし、自分も色々と楽しめる。試してみる価値は十分だった。
「どうしたの? 黙りこんだりして。まだお仕置きが……」
「お姉ちゃん、大好きッ!」
体を縛りつけていた高圧電線をほどくのと同時に、せとは両手を広げていずもに飛びかかった。まったく予想していなかったのか、せとは足元で住宅などを派手に蹴散らしながら後退し、自分より背の高いビルに背中をぶつけて止まる。
「な、何よ急に……」
「お姉ちゃん大好き。世界で一番愛してる♪」
「あ、当たり前じゃない。妹が嫌いな姉なんているわけないじゃない……」
「じゃ、いいことしよ♪」
「え、ちょっと……」
慌てるのも構わず、せとは無邪気な笑みを浮かべていずもの巨体に体重をかけた。ビルからは次々にガラスや細かい破片が落下し、建物全体が嫌な音をたてる。
「い、いいことって……」
「街を壊しながらいちゃいちゃするの!」
いずもの驚きは、せとが唇を重ねてきたことによって封じられた。初めてではないとはいえ、あまりに突然だったので、いずもの心の中は真っ白になり、ただの人形と化す。
それこそが、せとの狙いだった。
棒立ちになる姉の巨体を掴むと、背後にあったビルごと倒してしまったからだった。轟音と共にビルは崩壊し、周囲に瓦礫や埃をまき散らす。
「お姉ちゃん大好き♪ だからいっぱい遊んであげる」
いずもが瓦礫の上に横になったのを見ると、せとは無邪気な子犬のようにその上に飛びついた。何もできずにいる姉の困惑した表情を楽しみながら抱きしめるとまだ壊していない建物を派手に巻き込みながら転がる。
「ふたりでやるとあっという間にめちゃめちゃ。でも楽しい♪」
「せ、せと……」
「なぁに、お姉ちゃん」
「こんな所でやらなくてもいいじゃない……」
「どーせ神様以外見てないじゃない。だったら好きなだけいいことしちゃおうよ♪ この前みたいに」
「この前……ってあれは特別だって……」
「えー嫌だ。だったらこんな事しちゃうんだから」
冷静さを取り戻したいずもとは対照的に、せとはすっかり暴走モードになっていた。すぐ近くのビルから大型の鉄塔を引き抜いてくると、なんとそれを姉の胸の谷間に押しつけ始めたからだった。異様な感覚に、いずもの唇から甘い喘ぎが漏れる。
「ち、ちょっと……止めて……。恥ずかしい……」
「嘘ばっかり。本当はこうしたいんでしょう? 実の妹に見られてるのに恥ずかしいことがしたいんでしょう?」
「ち、違う……ああっ!」
「巨大化してると面白いもので遊べるんだ。わたしも後で遊ぼうっと。恥ずかしいけど、別にいいよね」
「良くないわ……。って、止めて……じゃなくて今止めないで。せっかく……気持ちよくなってきたのに……」
「お姉ちゃん淫乱♪ 見かけによらないんだから」
「ほっといてよ……」
せとの皮肉にも、いずもは反論しなかった。巨大化して、街を壊しながらの愉悦に身を委ねていたからだった。
「でもわたしは街を壊して遊ぶほうが楽しいかも。あ、あそこに遊園地がある! 遊んじゃおっと」
「え? まさか……」
「遊ぶといってもこーんなに大きなってたら何にも乗れないから壊して遊ぶの♪ 原形なんて残さないから」
その時のせとは、破壊の化身となっていた。
目についた大型の遊園地を五分とかからずに瓦礫の山にしたかと思うと、近くの住宅街や商業地区を強襲してあっという間に壊滅させたからだった。
「あーあ。もう止められないわね。だったら……私も遊んじゃうんだから♪」
愉悦の時を経て、再び純粋な破壊衝動が全身を満たしたのだろうか。いずもが破壊活動を再開したのは、せとが無傷のまま残っていた中心街に襲いかかった時だった。妹とは反対方向から、手当たり次第の大破壊を繰り広げる。それを見てせとも一段と力を込めたので……気がついた時には、大きな街は完全に瓦礫の山とかしていた。
「とうとう壊しちゃった……。これからどうする?」
最後まで残っていた建物を踏み潰して、せとは弱気な声で問いかけた。
「神様に任せておけばいいわ。ちゃんと後始末してくれるから」
「だったいいんだけど……。また、遊びたいかも」
「大丈夫。今度はお姉ちゃんがお願いするから。こんなに楽しいと思わなかった♪ ……というわけで、神様。後お願い♪ お礼にデートしてもいいから」
「そんなのでいいの?」
「ここは私に任せなさいよ」
……。
こうして。
いずもの<願い>は聞き入れられ、壊滅した街は一瞬の内に元に戻った。出雲の神様はその代償として姉妹とデートする権利を得たが、女神である妻にバレてしまい、散々雷を落とされたという。
年末年始、いつもより雪が少なかったのは、女神が自分の夫を問い詰めるのに忙しかったから……なのかは定かではない。

……
これでやっと落ち着きました(笑)。

次回の更新は来週、イラストをアップします。その後は再びリクエストに答えて、「東方」のとある姉妹キャラの巨大化ネタをやりたいと思っています。巨大化した姉妹がキャッキャウフフというのもいいですよね?


プロフィール

小笠原智広

Author:小笠原智広
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード