魔法少女たちの怪獣退治(前編)


遅れてしまいましたが、リクエストSSシリーズ最新作「魔法少女たちの怪獣退治(前編)」です。最近は魔法少女の定義も広くなってますから、下手すると歳がばれ……いや、なんでもありません(笑)。
それでは、どうぞ。

……
「知事! X市の沖合に怪獣が出現したそうです!」
県庁内の一角に設けられた怪獣災害対策本部にオペレーターを務める職員の声が響き渡った瞬間、知事は思わず顔をしかめた。
しかし、それも一瞬の事で、すぐに指示を出す。
「該当地区の住民に避難命令! <魔女>たちに出動命令!」
「また<魔女>ですか……」
<あんたはそれしか言えないのか>と言わんばかりの顔で副知事が横から口を挟む。
「何だね? 文句があるのかね?」
「いえ、ありません」
「<魔女>以外の連中に怪獣退治が出来るなら是非教えてもらいたいものだ」
「だから無いと言ってるんですよ! 防衛隊も在日米軍も国連軍も勝てないのに<魔女>なら勝てるなんて……馬鹿くさくてやってられませんよ」
「これが現実だよ、現実。<魔女>なら間違いなく怪獣を退治して平和にしてくれる」
「代償は大きいんですけどねえ」
「放っておけば市ばかりか県が壊滅するんだからな……」
二つの大きな溜息が重なった。
言うまでもなく、県知事と副知事が同時に発したものだった。

「お姉ちゃん、お姉ちゃん。今日の遊び場はここ?」
工場の建ち並ぶ地区まで来て、麻美は問いかけた。やや長めの髪をツインテールにしてリボンで束ねていて、年齢の割には少し幼く見える。小柄で可愛らしい顔だちもあって、どう見ても中学生には見えなかった。
「遊び場じゃないの。わたしたちは怪獣と戦うの。分かってるの?」
思わずたしなめたのは姉の留衣だった。ストレートヘアがよく似合う整った顔だちの少女なので、妹の麻美とは反対に、いつも少し年上に見られる。一見落ち着いた性格に見えるのだが……。
「ま、でも今回は遊びみたいなものね。相手の怪獣はサザエラス。例の光線を浴びたサザエの怪獣よ」
「弱そうだね」
「だからちゃっちゃと倒すわよ。その後で幾らでも遊んでいいから」
「うん。お姉ちゃん大好き」
「……抱きつかないでよ。これから巨大化変身するんだから」
留衣が言い切った瞬間、建物が破壊される轟音が耳に届いたかと思うと、地面が大きく揺れた。ついに怪獣・サザエラスが上陸したらしい。街を守る正義の魔女の出番だった。
「さあ、いくわよ!」
「うん! ……魔法の神様、麻美たちに力を! 変身!」
「同時に巨大化! 三十倍サイズ!」

港に面した工業地帯の一角、かなり大きな工場を前景にして二人の巨大化少女が出現したのはその直後のことだった。
「あれがサザエラスね。あーあ。もうかなり壊しちゃってる……」
呆れたように留衣がつぶやいた。白いブラウスにフリルを飾った黒のスカート、同じく黒のケープに三角帽子。古典的な魔女スタイルだったが、白いソックスとパンプスに包まれた足は道路を陥没させていた。
「ほんと。お仕置きしないと駄目だね」
すぐ隣に立つ麻美は姉とは対照的だった。まるでTVアニメから抜け出してきたような現代的な魔女っ子コスチュームに身を包んでいたからだったが、不思議と似合っていた。
「でも、いつも思うんだけど……どうして魔法少女なのに魔法使っちゃ駄目なの?」
「当たり前じゃない。私たちが魔法を使ったら一発で壊滅するじゃない。だから使用禁止と言われるんでしょう?」
「そうだったわね……。でも、壊す楽しみが無くなるから仕方ないわね」
「そういうこと」
妹の不謹慎な発言を姉は咎めなかった。住民は全て避難してるし、壊した街は魔法で元に戻せばいいのだ。
「さあ、始めるわよ。遠慮なんかしなくてもいいから!」
「もちろん! お姉ちゃんには負けないから! 今日は麻美がいっぱい壊すんだから!」
その言葉が合図となった。留衣が返事するよりも早く、麻美は歩き出したからだった。
最初に壊されたのは、目の前にあった工場だった。巨大化した魔法少女が笑いながら、建物を蹴散らし始めたからだった。30倍に巨大化しているので壊すのはあまりにも簡単だった。
「いきなり壊してるわね……」
「だって邪魔なんだもん」
「それもそうね。じゃ、私も♪」
麻美が目についた建物を屋根を引き剥がし、それを無傷の建物に叩きつけたのを見て、留衣も怪獣退治という名の破壊活動を始めた。敵であるサザエラスへの最短距離を通る為に、道路上の車を蹴散らして走り出したからだった。パンプスに包まれた足によって道路には足跡だけが残り、車はスクラップになって一部が爆発炎上する。
それでも留衣は、ふわりと黒いスカートを翻してジャンプした。
「サザエラス! 最初は私が相手するわよ!」
そう言いながら着地したのは……サザエラスが壊そうとしていたプラント工場の敷地内だった。着地した衝撃によって地震が発生し、周囲の建物が一部崩壊したが、その直後に発生したのは……化学プラントが破壊された事による大爆発だった。
「うわっ! やり過ぎちゃった……」
どんな大爆発も平気な巨大魔法少女といえど、爆風には驚いたのか思わずしりもちをついてしまう。スカートの下でさらに建物が破壊されていったが、サザエラスはその隙を見逃さなかった。
サザエに複数の触手が加わったような不気味な怪獣は、いきなり留衣の真上にのしかかったからである。
「えっ……? ち、ちょっと待って! どーしてこうなるの!」
盛大に建物を壊しながら転がった留衣だったが、触手に絡まれて身動きがとれなくなっていた。
「まさか……今までとタイプが違う?」
「お姉ちゃん! 今助けるから!」
大好きな姉の危機に、工場を壊して遊んでいた麻美が加勢した。めちゃめちゃに踏み潰して止めを刺すと、戦場と化しているプラント工場に足を踏み入れたからである。
「お姉ちゃんから離れて! スカートがまくれて恥ずかしいじゃない!」
「変な事言わないで! ちゃんとスパッツ穿いてるわよ!」
「どっちにしてもはしたないじゃない!」
息は合っているものの、珍妙なやりとりを繰り広げながら、現代的な衣装を着た巨大魔法少女はサザエラスに拳を振り下ろしたり、キックを食らわせる。しかし、びくともしない。
「武器がいるわね。あ、これがいいかも!」
爆発炎上したプラントをさらに蹴散らして、麻美はまだ壊していなかった大きな煙突を片手だけで引き抜いた。それを手で持つと、何度もサザエラスに叩きつける。効果があると思ったのだが……。
「あっ……麻美!」
留衣が警告した時には遅かった。麻美の身体に触手が巻きついたかと思うと、そのまま投げ飛ばされてしまったからだった。その先にあったのは……港に通じる貨物ヤードだったが、巨大化した少女が転がってきてはひとたまりもなかった。
大量のコンテナが宙に舞って、お洒落な衣装の上に降りそそぐ。潰されたタンクローリーが爆発して黒煙を吹き上げる。留衣の巨体によって貨物機関車や建物、レールや架線が全て破壊される。
悪夢のような大破壊だったが、全て一種の出来事だった。
「麻美! ええい! 邪魔!」
妹を気づかう姉の思いが、のしかかるサザエラスを弾き飛ばしたのはその時だった。飛ばされた怪獣は港を破壊して転がったが、留衣は構わずに貨物ヤードに足を踏み入れる。
「麻美! 大丈夫!?」
「お姉ちゃん……。うん、平気……」
「もう……許さないんだから!」
壊滅した貨物ヤードを足場に、黒と白の衣装でまとめた巨大魔法少女は仁王立ちになった。ここまできたら、本気で戦うしかなかった。
「たとえこの街を壊滅させても……倒してみせる!」
決意を固めると、まだ壊していない建物を蹴散らしながらサザエラスの方へと向かう。
まだ戦いは始まったばかりだった。

……

麻美ちゃんのコスチュームについては読者の皆様の想像にお任せします。作者は「CCさくら」当たりを思い浮かべますが、あれも巨大化ネタがありましたね(笑)。
続きは来週にでも掲載します。
スポンサーサイト

巨大化ヒロイン・MIA

えー当初はSS掲載の予定でしたが、自分で巨大化ヒロインのイラストを描いてしまったのでアップします(笑)。イラスト交流SNS・pixiv内での交流企画に便乗して描いたものです。

巨大化ヒロイン・MIA

某缶コーヒーのCMに出てくるハリウッド俳優似の宇宙人に巨大化能力を秘めた指輪を授けられ、怪獣退治を始めた女の子・美亜(MIA)です。こう見えても古武術の使い手なので実はかなり強く、怪獣を相手にいつも勝っています。ただ、私の作成したオリジナルヒロインなので、ビルやら電車やらを武器にしたり、ついでとばかりに街を壊しまくってしまいます。まあ、後で神という名のスタッフさんが元に戻すので問題ないのですが(笑)。ちなみにこのコスチュームは美亜の自作という設定です。

進撃の巨大少女


しばらくSSが続きましたが、久しぶりにイラストをアップします。

街破壊巨大少女幻想29

注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

OMC経由で依頼したイラストで、作者はふぁるこ様です。
なんとも破壊描写の凄いイラストです(笑)。アニメ塗りでこういうのは難しいと思っていましたが、実に見事に描かれています。女の子も無邪気で可愛いので、余計に引き立っていると思います。見かけによらず破壊力はあるようです。

次回は前にも予告したように百合魔女っ子姉妹の怪獣退治ものをSSにして発表します。……にしても、魔女っ子というと、最近大はやりのアレのようなコスチュームがいいのでしょうか?(笑) デザインも非常に秀逸で好きなんですよねえ。時間が無くてまだ全部観ていませんが、ストーリー書きたる者勉強の為には見ないと駄目だなとも思っています。

「港町の守護巫女」はもう少しだけお待ち下さい。おおよそ7月上旬前後になると思います。

とある巨大姉妹の街破壊(後編)

とある巨大姉妹の都市破壊

というわけで、後編です。果たして、レミリアの策は実るのか……?

……
次に動いたのは……やはりレミリアだった。貨物ヤードに残されたコンテナや車両を全て蹴散らして突進してくると、ビルに叩きつけられたままのフランに体当たりしてきたからだった。
避けようとすれば避けられたのにも関わらず、悪魔の妹とも呼ばれる少女は正面からそれを受けてしまい……。何とビルごとその場に倒れてしまった。ビルは周囲の建物を巻き込んで完全に崩壊し、凄まじい程の埃が舞い上がったが、レミリアはそれをかき分けながらフランの巨体を無理やり起こす。
「レミリアお姉様……?」
「街を壊してしまういけない子にはお仕置きね。さあ、ここら辺を壊して反省しなさい!」
そう言うなり、レミリアは巨大化した妹を高さ50メートルはあるビルがまとめて建ち並ぶ地区目掛けて投げ飛ばす。バランスを保とうとしたフランだったが、足元で小さな建物を引っかけてしまうとその努力も無駄に終わった。
赤いツーピースに包まれた巨体がビルを潰し始めると、後はまとめて薙ぎ倒してしまったからだった。思わず伸ばした両手がさらに被害を拡大し、両足も意識しない内に次々に建物を壊していく。それだけで、数十ものビルが完全に破壊されて瓦礫となる。
「いいわね……。こういうお仕置きも」
自分も建物を壊しながら、レミリアは久しぶりに満足していた。いつも振り回されてきた妹に復讐できるとなると、楽しくて仕方なかった。
「そろそろ武器が欲しいわね。……あ、いいのがあるじゃない」
フランが周囲の建物を盛大に壊しながら立ち上がったのを見て、レミリアは自分の背丈近くの高さがある高圧電線塔を簡単に引き抜いた。邪魔な電線は火花を散らしながら引きちぎり、まるで槍のように片手だけで持つ。
「これで止め! スピア・ザ・グングニル!」
自分のスペルカードにあやかって、高圧電線塔を投げつけるレミリアはすっかり調子に乗っていた。人間たちの街を簡単に破壊するのは楽しいの一言に尽きたし、何よりも妹に自分の力を見せつける最高の機会だったからだったが……。
フランは飛んできた高圧電線塔を簡単に受け止めた。
「えっ……?」
「ふふ。お姉様……。壊してあげる♪」
「まさか、まったくダメージを受けてなかったの?」
「だって、幾ら受けても痛くないんだもん」
「あっ……」
そう言えば紫も言ってたような気がする。
この空間上では熱さなどを一切感じないばかりか、痛みすらも感じないと……。
「やっぱりお姉様は少し抜けてるのね。人間たちと会うようになってからカリスマも無くなってきたじゃない」
「馬鹿な事を言わ……」
反論は、フランの投げ返してきた高圧電線塔によって断ち切られた。思わず正面から受けてしまったので、電線等はばらばらになってしまったが、その時にはフランは目の前まで来ていた。
次の瞬間、レミリアはまったく壊されていなかった大通りに転がされていた。背中の羽が周囲の建物をめちゃめちゃにしてしまい、道路上の車なども全て潰されて道路が陥没する。とっさに動かした足は地面を突き破って、地下に埋められた施設なども破壊する。
「……う、動けない!? 足が引っ掛かって……」
「うわーお姉様格好悪い……。スカートからドロワ丸見え」
「馬鹿な事を言わないでよ!」
反論しながら足を動かすものの、焦っているのでまったくうまくいかない。それどころか、堂々と大通りに足を踏み入れたフランが壊した建物を持ち上げたのでかなり慌てた。
「お仕置きするなら今のうちね。えいっ!」
後はフランの独断場だった。動けないでいる姉に壊した建物を叩きつけたり、無理やり体を起こして壊していないビルに突っ込ませたりしたからである。
「お姉様って弱い……」
「馬鹿な事を言わないで! こうなったら……!」
壊したばかりの建物をパンプスで踏み潰しながら平然としているフランに、レミリアが反撃に出たのはその時だった。いきなり、足元の瓦礫やスクラップになった車を蹴り上げる。盛大に舞い上がったそれにフランが気を取られている隙に主導権を奪い返そうとしたのだが……。
「ふふっ。甘いのよね、お姉様♪」
フランはまったく気を取られたりしなかったので、レミリアの突進をいとも簡単に避けたが、目的を見失った姉の方は悲惨だった。そのまま大通りを壊しながら突き進んだ挙げ句、またもや陥没した地面に足を取られて派手に転んでしまったからである。しかも、鉄道の高架線目掛けてダイブする形になってしまい……そのまま高架線と列車をまとめて壊してしまった。
「あーあ。やっちゃった……。お姉様の方が壊してるじゃない」
自分の破壊活動を棚に上げて、フランは平然と歩み寄ってきた。そのまま、高架線から落下した列車を掴み上げると、喜々とした表情で巨大化した姉に巻きつけてしまった。
「巨大吸血鬼の電車巻き出来上がり。美味しそう♪」
「うー……」
「とうとうカリスマも無くなっちゃった。ま、元から大して無かったけど」
……。
……。
その後、すっかりカリスマを失ってしまったレミリアはカリスマ溢れるフランに好き勝手に操られて街を壊す羽目になった。
その光景を、紫の指示を受けた藍によって映像に撮られてしまった為、レミリアはしばらくの間、紫に頭が上がらなかったという……。

教訓。策士策におぼれる。


……
結局、レミリアの策は実りませんでした(笑)。実はフランちゃんの方がカリスマがあるのかもしれませんね。

次回のSSは百合魔女っ子姉妹による怪獣退治がテーマのお話を書きます。仲が良過ぎるほど良い姉妹魔女っ子の大活躍(という名の大破壊)にご期待下さい!
次の更新では久しぶりにOMCに依頼したイラストをアップします。

ホームページなどにもアップしましたが、夏コミ(コミックマーケット80)当選しました。ただ、予告していた巨大娘長編小説「港町の守護巫女」はとても間に合わないので、書き下ろし短編を軸とした予告編本を出します。コピー本なので無料配付します(笑)。スペースは以下の通りです。

8/14(3日目) 東地区”プ”-20b 「白鳳企画」

他にも色々な小説を置いていますので、是非見に来て下さい!
プロフィール

小笠原智広

Author:小笠原智広
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード