ふたりはDANZEN破壊系!

少し余裕が出てきたので更新間隔を短くしました(笑)。ホームページの方で連載を始めた「港町の守護巫女」は多くの方が読んでくれているようで、作者としては嬉しい限りです。今後も頑張って取り組んでいきますので応援をよろしくお願いします!
というわけで、今回はイラストのアップです。

街破壊巨大少女幻想22


注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

今年の9月にOMC経由で依頼したイラストで、作者はrioka様です。カジュアルな服装の巨大な女の子二人が街を壊し尽くしてしまいました(笑)。いつもと違うタッチのイラストですが、なかなかの作品だと思います。
続いて、恒例のSSをどうぞ(これを楽しみにされている方がいるのは心強いです!)

……
香乃(かの)と京美(ちかみ)の二人は、人には知られていなかったが、不思議な特技を持っていた。一人だけでは何もできなかったものの、二人で力を合わせると「もう一つの空間」に実在・非実在問わず大きな街を再現してしまう事が出来るのだ。そして、その内部では……二人は巨大な破壊の女神と化すのだった。

「ねえ、京美。遊ばない?」
さらさらのロングヘアをカチューシャで留めた少女……香乃が京美に声をかけたのは、二人で仲良く宿題をしていた時の事だった。今日は日曜日。天気が悪かったので外出も出来ず、結局香乃の家で宿題をしていたのだが……。
「いいよ。何する?」
「もちろん、街壊し遊び!」
「また……? 最近毎週じゃない」
「だって楽しいじゃない。あそこならわたしたちは無敵の正義の味方なんだから」
「あんなにめちゃめちゃにしておいて正義の味方も何も無いじゃない」
「正義には犠牲がつきもの。さ、準備して。京美がその気にならないと駄目なんだから」
「判ってるわよ。……服装はどうする?」
「この服装でいいじゃない。それとも制服にする?」
「制服は先週やったから今日はこれ。あ、特別オプションは?」
「いるいる。あれをつけると面白いから」
「いいわよ。……さあ、始めるわよ!」

それからしばらくして。香乃と京美は30倍サイズに巨大化してもう一つの空間に作られた街に降り立った。
香乃はブラウスにネクタイ、チェックのスカートにソックスとスニーカー。京美はパーカーにショートパンツ、ニーソックスにスニーカーというどこか子供っぽい姿だった。
「あ、いきなり壊しちゃった」
最初に声を上げたのは香乃の方だった。きょとんとして京美がその方向を見ると、巨大化した少女の足元では高速道路の高架線が無残に両断されていた。車もまとめて潰され、一部が炎上していた。
「今日は早いわね。わたしも負けていられない!」
子供っぽい顔だちの為か、可愛らしい雰囲気を漂わせた京美が宣言したかと思うと思い切り足を振り上げたのはその時だった。一瞬の内にソックスとスニーカーに包まれた足は凶器となって大通りに面したビルを襲い、たちまちの内に崩壊させる。それでも京美は口許に笑みさえに浮かべたまま瓦礫に足を踏み入れると、その場に座り込んでさらに壊してしまった。1000トンを越える体重にのしかかられて、ビルどころか地面すらも陥没していく。
それを見ながら香乃も容赦なく大暴れしていた。既に壊してしまった高速道路をだけで壊して歩いてしまうと、壊した部分を持ち上げて周囲のビルをそれで壊し始めてしまったからだった。
「やっぱり二人もいると簡単に壊れるわね」
心から嬉しそうに香乃が言ったのは、周囲があらかた壊滅した後の事だった。瓦礫やさっき壊した通勤電車を踏み潰してポーズを決めて見せる。これでも巨大な正義の味方のつもりらしい。
「ほんと。でもそろそろあれが出てくるわよ。気をつけて……」
京美の言葉は謎の咆哮によって遮られた。まだ壊していない地区を蹂躙しながら、二人の巨大少女と同じ位の背の高さの怪獣が襲いかかってきたからだった。
「きたわね。……にしても、動きが良過ぎない?」
「当たり前じゃない。架空の生き物なんだから。着ぐるみではこうもいかないわよ」
「最初はわたしが相手するから。……えいっ!」
怪獣の直線的な動きを、巨大化した香乃は簡単に受け止めた。スカートも構わずに蹴りを入れて怯ませると、アタリの建物をまとめて壊しながら投げ飛ばす。またもや瓦礫が増えたが、香乃は構わずにジャンプすると、怪獣の上にボディプレスを食らわせる。
「ちよっと、その技は止めてよ。地震が起きて街が壊れちゃう」
衝撃でバランスを崩して、ビルなどを壊しながら座り込んでしまった京美が文句を言う。そう言いながら、ショートパンツで道路上の車などを全て壊してしまったのだが、もちろん本人は気にしていない。
「いいじゃない。どうせここまで壊れたら同じなんだから。ほら、京美も手伝って!」
「判ってるわよ!」
怪獣が起きたのに合わせて、京美も立ち上がった。そのままパーカーなどから瓦礫を落としながら怪獣に攻撃を加える。二人の巨大少女が正義の味方となって怪獣と戦う事によって……かえって街は無残に破壊されていく。
それでも、二人は心の底から大暴れを楽しみ続けているのだった。

……
次回の更新予定は……今のところ未定です。ただ、イラストの発注は続けているのでお楽しみに!
スポンサーサイト

不思議の国の少女(13)-最後の大破壊(前編)-


またもや間が空きましたが、SSを更新します。そろそろ終了しないと……(笑)。

……
最初に仕掛けたのは……真夜の方だった。兎耳の巨大ブレザー少女は足元でまとめて建物を壊しながら、亜梨子の腕を掴んだからである。
「え……?」
「油断してると負けてしまうよ。私だって本気だから」
一瞬だけ耳元で囁くと、笑いながら巨大なセーラー服少女を投げ飛ばすようにして転がす。制服に包まれた巨体が、高さ100メートル近いビルが建ち並ぶ再開発地区をあっという間に瓦礫に変えていく。車はまとめて潰されて炎上し、壊されたビルは瓦礫を撒き散らしながら崩壊していく。
それでも、亜梨子は大型タワーマンションを派手に壊しながら体を起こした。真夜が近づいてくるのを見ると、いきなり近くにあったビルの一部を投げつけて怯ませる。
「負けたりしないんだから!」
熱くなる心に背中を押されながらつぶやくと、全身から瓦礫を落としながら壊滅した公園に仁王立ちになる。上着にまとわりつく車や小さな破片を手だけで払い落とすと、高速道路を派手に蹴散らしながら真夜に正面から襲いかかる。そのまま掴んで投げ飛ばすつもりだったが……。
「だからそんな攻撃は通じないって」
何度も聞いた真夜の言葉が耳に届いた瞬間、亜梨子の目の前から真夜の姿が消えた。攻撃は空振りに終わり、勢い余って亜梨子はまだ壊されていなかった住宅街にヘッドスライディングしてしまう。その一撃で数百もの住宅が破壊され、さらに転がった亜梨子の体の下で商業地区までも簡単に壊滅する。
「やっぱりここまで巨大化してると壊滅するのも早いわね」
簡単に壊滅していく都市を眺めながら、真夜は満足していた。ついでとばかりに足元の破壊された高速道路の高架部分を両手で持ち上げると、体を起こしたばかりの亜梨子に叩きつける。まったく避けられず、セーラー服少女は瓦礫の上に転がってしまった。
「意外と弱いのね。もっと強いと思ったのに……」
「馬鹿な事を言わないで。今から本気出すから」
「そういう発言ってフラグっぽいよね」
「うるさい!」
遊び半分で再開発地区を壊滅させた真夜に、亜梨子が逆襲したのはその時だった。下ろしただけの髪を振り乱し、ローファーでは容赦なく無傷の建物や車を蹴散らしながら、真夜にキックを食らわせようとする。しかし、その一撃も簡単に受けられてしまう。
「こーんな事をしたりして。えいっ!」
足を掴まれて慌てた亜梨子だったが、真夜がそのまま押し込んできたのでバランスを崩して倒れてしまった。またもや住宅が壊されたが、構わずに真夜の手をほどくと、半ば転がりながら難を逃れる。その先にあったのは……鉄道の高架線と電車だった。
「見つけた……わたしの武器!」
マンションなどを壊しながら膝をつくと、亜梨子は一気に電車を掴み上げた。身長160メートルの少女にしてみればおもちゃ以下の大きさだったが、すかさず襲いかかってきた真夜には効果的な武器だった。
いきなり、編成がちぎれるのも構わずに叩きつける。それで怯んだのを見ると足でビルなどを破壊しながら体当たりを食らわせる。体勢が崩れていた巨大兎少女にそれを避ける事は出来ず、轟音と共にその場に転がって地形すらも大きく変えてしまった。
「凄い地震が何度も起きてるわね。周囲もめちゃめちゃ……」
電車を投げ捨てて、亜梨子は悪魔のような笑みを浮かべた。二人が暴れた地域はあちこちに深さ数十メートルの穴や巨大な溝が出来ており、その中に落ちていく建物も無数にあった。大型のビルなどは半分近くが原形を失っており、再生された街は既にかなりのダメージを受けていた。
「でも、まだまだ暴れるの♪ こーやって!」
頭を振りながら体を起こした真夜の腕を、亜梨子が掴んだのはその時だった。相手の抵抗を無視して、港湾地区へと投げ飛ばす。さっき大津波と大爆発で壊滅した地区は、ブレザー制服姿のまま巨大化した少女の全身によって破壊されていく。
「今度は私が火遊びしてしまうのもいいわね。大爆発は怪獣映画の醍醐味だから!」
「……ようやく反撃に出たわね」
「ずっと我慢してたの。幾らでもいじめてあげるから!」
平然と言い返すと、亜梨子は石油タンクの建ち並ぶ地区に足を踏み入れた。わざとタンクを壊さずに足場を作ると、挑発するように真夜を見つめ返す。その意図を察したのだろう。もう一人の巨大少女は全てを蹂躙しながら足を踏み入れてきて……。石油タンクは再び一気に大爆発した。
中心部にいた亜梨子はあまりの火力に少しだけ驚いたが、真夜の攻撃を簡単に受け止めて、まだ壊していなかった石油プラントの方へと投げ飛ばし、そこを火の海に変えてしまう。
「炎の中の最終決戦って盛り上がるわね」
炎上するプラントを蹴散らしながら、亜梨子は満足していた。
「ここまで大きくなっていると簡単に破壊されるからちょっと拍子抜けだけどね」
「いいじゃない。……えいっ!」
激しく燃え上がる港湾地区を舞台に、二人の巨大少女は怪獣となって戦いを続けた。
前回は亜梨子の手によって壊された吊り橋が、今度は真夜の猛攻によって簡単に破壊された。
港はタンカーを持ち上げた亜梨子が何度も叩きつけただけで海に沈んでいった。
そして、海に面した建物は二人の巨大少女たちが遊び半分追いかけっこをしただけで全て壊滅した。
それでも、亜梨子と真夜は満足していなかった。
「最後の最後は中心部大破壊。これで終わりだから」
「うん。手なんか抜いたりしないから」
わずか5分で解決した港湾地区を足場に言葉を交わすと、また新たな大破壊を求めて歩き出す。
アリスと兎の壮絶な追いかけっこは終わりに近づきつつあるのだった。
……

次回はイラストの更新ですので、それ程間は空かないと思います。

宣伝! 30倍サイズに巨大化できる少女たちの大活躍(時には破壊もあり(笑))を描く長編小説「港町の守護巫女」好評連載中です。本日第2話の連載を始めましたので、是非どうぞ! 5日に1度更新しています。
他にもファンタジーや現代物なども取り揃えています!

ホームページ「地球の一里塚」

「港町の守護巫女」連載開始!


お待たせしました! 約30倍サイズに巨大化できる少女たちが大歓迎するオリジナル長編小説「港町の守護巫女」の連載をホームページの方で開始しました。今後は5日に1度更新していきますのでお楽しみに!

ホームページ「地球の一里塚」

宣伝だけではアレなのでイラストも載せておきます。

街破壊巨大少女幻想21

注意事項。イラストの著作権は作者様に所属します。無断転載は厳禁です。
Warming! Reprint without permission prohibition!

今年の8月にOMC経由で依頼したイラストで、作者はうい様です。対照的な雰囲気の二人の女の子の大暴れです。それでは、久しぶりにSSをどうぞ(時間がないので短いですが)。

…………
「ねえ、本当に遊んだりしていいの?」
不安を隠せない様子で美加は、友人の絵里にきいた。二人の少女は見事に巨大化して、大都市の中央に堂々と立っていた。周囲に人がいないのは「邪魔なので」追い払ってしまったからだった。
「当然じゃない。美加も変な事言うのね。これはこういう遊びなんだから。気にしたら負けよ」
「そうだけど……。建物を壊しまくって遊ぶなんて」
「もう面倒な性格ね。こーやって壊してしまえばいいの!」
元々短気な一面のある絵里は破壊を躊躇ったりしなかった。ふわりと長い髪を揺らして、目についたビルを蹴飛ばしてしまったからだった。スニーカーに包まれた足が食い込み、建物は簡単に崩壊する。それでも絵里は笑いながら周囲のビルにも手をかけて、まとめて押し倒してしまった。
「ほら、美加も壊して。壊さないと元の世界には戻さないから」
「そんな……」
「やればできるわよ。ちょっと足を動かして蹴飛ばすだけだから」
「そうだけど……。こうすればいいの?」
通りに面した建物に手をかけたまま(既に窓を壊しているのに気づいていない)、美加は足元の車を蹴飛ばした。それだけで車はまとめて宙に舞い、アスファルトに叩きつけられてスクラップと化す。それだけならまだしも、足は勢い余って建物の一部も壊していた。
「ほら、やれば出来るじゃない」
「うん……。こんなことしたくないのに」
「だったら命令。この周囲を壊滅させなさい。どんな方法を使ってもいいから。壊滅させるまで口をきかないからそのつもりで」
「そんなのないじゃない……」
半ば泣きそうな顔になりながらも。美加はついに破壊の女神に変身した。
通りに面した建物を足や腕で壊滅させる。車をまとめて持ち上げて叩きつける。看板を引き抜いてそれを武器にして大暴れする。中心街が瓦礫の山と化すまで時間はかからなかった。
「あーあ。壊しちゃった。そんないけない事をする巨大な女の子は退治しないといけないわね」
「え? ちょっと……」
絵里が瓦礫を蹴散らし、半壊したビルを壊しながら美加に襲いかかったのはその時だった。為す術無く押し倒されて、美加は全身で建物を壊してしまう。一瞬だけ、気持ちいいと思ったのは……気のせいだろうか?
「ほらほら。戦わないともっと痛い目に遭うわよ」
「もう十分痛いのに……」
口ではそう言いながらも。ジャンスカ姿のまま巨大化した美加は反撃に出た。それに対して笑みさえ浮かべながら絵里はそれを受け止める。
こうして、街は二人の破壊の女神の戦場と化して破壊されていくのだった……。

…………
久しぶりなので今回はこの程度で。
次回はSSの予定です。
プロフィール

小笠原智広

Author:小笠原智広
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード