巨大格闘少女!

久しぶりにオリキャラの千鶴を描いたのでこっちにもアップします。
この子との付き合いはもう20年近くになりますね~。キャラデザは当初からほとんど変わっていません。
街破壊巨大少女幻想140

ちなみに背景は過去作の流用です。背景を一から描くのは大変なんですよね……。少しでもリアルになるように毎回頭を捻ってはいるのですが。

宣伝。
5/5のコミティア124に参加します。新刊はありませんが、前回のコミティアで出した「巨大化少女・陽菜の戦い―体験版―」を無料頒布します。また、オリジナルの破壊系巨大娘小説本もありますので是非どうぞ!
スペースNOは「あ57b」、サークル名は「木蘭優駿」です。

また、5/6の博麗神社例大祭にも参加します。今回は巨大娘ものはありませんが、新刊として秘封倶楽部が主人公の短編「球形の夢」を出す予定です。
スペースNOは「ち23a」、サークル名は同じく「木蘭優駿」です。
「巨大化少女・陽菜の戦い」はオリジナルなので「表向き」頒布する予定はありませんが、一言声をかけていただければ頒布いたしますのでお気軽に声をかけてくださいね!

スポンサーサイト

お菓子の家の代償(前編)

本当にお久し振りです。ツイッター等は更新していましたが、こっちの更新はすっかり飛んでいました。いやはや、管理する物が多過ぎますね。
さて、今回は神風様からのリクエストに応えて、「反逆の従者―」箱庭世界の巨大少女剣士―」なども登場している「白塔館」の少女たち物語を書いてみました。今回の主人公はロッテ&スノウの妹たち……リオンとアリシアです。さて、どんな事になりますやら。
中にはイメージイラストも入れてありますので是非ご覧になって下さい。

……
「で、今回はこの箱の中に異世界の都市を再現しろっていうの?」
<万能の魔女>ヒナ・スノウは不機嫌を隠せない声で言った。
広大な研究室の中央に置かれたテーブルについているのはスノウと<白塔館>の主で少女吸血鬼のミアキス・ロッテの二人だけだった。
「そーゆーこと。いい箱が手に入ったからここに箱庭を作るのも悪くないかなーって思ったのよ♪」
「作るのは私。ロッテは楽しむだけでしょう?」
「お願い。<万能の魔女>ヒナ・スノウ様♪」
この世界でも有数の実力者として君臨する少女吸血鬼には何を言っても馬耳東風だった。スノウが蒼氷色の瞳で睨みつけても動じる様子一つ見せない。
「まさかと思うけど、この前の騒ぎのことは忘れたの?」
「この前? ……なんだっけ?」
「やっぱり箱庭を作るのは駄目。今のロッテに危機管理を期待するのが間違いの元ね」
「冗談よ、じょーだん。箱庭の中で魔法を使う羽目になって屋敷の半分近くを吹き飛ばした件については反省してるわ。だからお願い、いいでしょう?」
「全然反省の色が見られないじゃない」
「……。だったらいいわ」
 突然、ロッテは真顔になって席を立った。きょとんとするスノウに背中を向けると、小さな声でつぶやく。
「あーあ。アリシアちゃんに言わないといけないわね。お姉ちゃんに頼んでみたけど、駄目だったって。アリシアちゃんどんな顔をするかしらね」
 スノウの形の良い眉が動いた。顔を見せないロッテのつぶやきはなおも続く。
「アリシアちゃん拗そうね。スノウの前では絶対に言わないけど、私の前なら言うかもしれないわね。<お姉ちゃん、大嫌い>って」
テーブルに置いたスノウの手が震えた。
世界の誰よりも妹を愛する姉にとって、これ以上は無い衝撃だった。
「……ロッテ。今の言葉、どこまで本当なの?」
「本当か嘘か、明晰な頭脳で考えてはいかがかしら?」
「……。負けたわ。作ればいいんでしょう。作れば」
「さすがは万能の魔女! 大したものね~」
くるりとロッテが振り向いた。スノウですらほとんど見たことがない満面の笑みを浮かべ、両手を胸元で合わせる。
「お礼は幾らでもするわ。そうね、手狭になっている書庫の拡張もしていいわよ♪」
「……現金」
「何か言ったかしら?」
「別に。今から取りかかるからそうね……二日待って。あれ、かなーり面倒なんだから」
「二日ぐらい待つわよ。じゃ、よろしくね♪ 完成したらまずはアリシアちゃんとリオンに遊んでもらうからそのつもりでね」
「リオンちゃんも?」
突然出てきたロッテの妹の名前に、スノウは戸惑いながら聞き返す。
「あの子も遊びたい盛りなのよね~。ま、仕方ないけど。とにかく可愛い妹たちの為にも頼むわね♪」
上機嫌に言い切って、ロッテは研究室から出ていった。
後には<万能の魔女>とロッテが持ってきた古風で大きな箱が残される。
ま、仕方ないわね。アリシアとリオンちゃんの為なら……。
小さく息を漏らすと、スノウは気持ちを切り替えて、箱庭の魔法を使うための準備を始めたのだった。

……この箱、ロッテはどこから手に入れたのかしら? かなりの年代物だけど、何ていうか奇妙な感じがするのよね。魔力は感じられないから大丈夫だと思うけど……。

魔法で転移(テレポーテーション)した先には、異世界の大都会が広がっていた。
アスファルトで覆われた道路をハンプスに包まれた足で陥没させながらヒナ・アリシアは辺りを見回して、喜びのあまり声にならない声を上げた。
<小さな魔女>の愛称で親しまれる魔法使い見習いの少女は約五十倍サイズまで巨大化して、架空の都市に君臨していた。
「この街全部壊していいんだ。やっぱりスノウお姉ちゃんは凄いよね」
わずかに風を起こして、ミアキス・リオンがリオンの隣に転移してくる。スカートの裾がふわりと広がり、通りに面したビルの屋上にかかる。
姉よりも大きな潜在能力を持つ吸血鬼の少女もまた、五十倍サイズまで巨大化して道路上の車を見下ろしていた。口元には無邪気な笑みを浮かべていたが、心の中には破壊衝動が満ちていた。
「とーぜんじゃない。お姉ちゃんは<万能の魔女>なんだから♪」
「リオンのお姉様も凄いんだから。なんたってこの世界の支配者の一人なんだから」
小さな胸を張って答えるアリシアに、リオンもすかさず反論する。姉自慢ならば誰にも負けなかった。……負けたくなかった。
「それより、そろそろ壊してみない? 全部壊したら外にいるお姉ちゃんに連絡がいくから好き放題出来るわよ~」
「うん。二人で競争だね!」
一瞬真顔になったリオンだったが、仲のいい少女の言葉にすぐに笑顔に戻った。そのまま、目の前に広がる町並みに向って突撃していく。最初に壊されたのは、道路上に密集する車だった。巨大化した吸血鬼少女によって蹂躙されて、簡単にスクラップになっていったからだった。
「うわー……。もう壊しちゃった……」
「当然じゃない♪ 幾らでも壊していいんだし。えいっ!」
平然と言い切ると、リオンはスカートを豪快に翻して大通りに面したビルを思い切り蹴り上げた。下に履いているドロワが丸見えになったが、パンプスに包まれた足が凶器となって建物をまとめて崩壊させる。一気に埃が舞い上がり、視界が悪くなったが、リオンはさらに瓦礫に足を踏み入れる。残っていた建物は全て蹴散らし、立ち塞がったマンションも屋上に両手をかける。
「こーんな建物も簡単に壊せるんだから! えいっ!」
平然と言い切って、屋上部分を引きちぎってみせる。両手で屋上や建物の一部を持つ形になったが、すぐに壊したばかりの建物に叩きつけて、簡単に崩壊させる。それでも物足りなかったので、パンプスに包まれた足で踏みつけて止めを刺してしまった。
「やっぱり楽しいよね、こーやって壊してしまうのって」
自分の壊した地区を見回して、リオンはアリシアの方に目を向けた。
小さな魔女もまた、近くの住宅密集地を襲撃して、全ての建物を瓦礫に変えていた。
「うん。幾ら壊してもいいんだから最高! えーい!」
返事しながら、アリシアは小型のビルを土台から引き抜いてしまった。あまりにも簡単だったので一瞬驚いたような表情を浮かべたが、すぐに笑みを浮かべると目についた無傷の大通りに投げつけて、周囲の建物ごと破壊してしまった。瓦礫に押し潰された車が複数、爆発炎上して黒煙を噴き上げたが、アリシアは満足そうに笑っていた。
その破壊劇を横目に、リオンも攻撃を続けた。住宅が立ち並ぶ地区を見つけると、嬉々として足を踏み入れたからだった。小さな建物がパンプスに包まれた巨大な足によって次々に破壊されていき、電線が切れて火花を散らす。それでも巨大な吸血鬼少女は澄ましたように笑うと、まだ壊していない地区の上に無造作に座り込んでしまった。スカートが大きく広がったままだったので、ドロワに包まれた小さなヒップで直接建物を破壊する形になったが、不思議な感覚にリオンは愉悦の笑みさえ見せる。
こういう壊し方もあるのね~。
そう思いながら手を伸ばし、近くにあった住宅を指先で触る。小さくて簡単に壊れそうだったので、指で穴を開けまくって原形を失わせると手で潰してしまった。
あ、こういうのも楽しいかも♪ もっとやったりして。
片手だけで建物を壊すのが快感で、次々に建物を犠牲にしていく。調子に乗って足まで伸ばしてしまったので、その下でも住宅や車がまとめて壊されていく。
「変わった壊し方するのね~」
感心したようにアリシアが声をかけてくる。いつものおっとりとした口調だったが、その手には高圧電線塔が握られていた。
「こういう細かい壊し方も面白いんだから。アリシアもやってみたら?」
「ん、後で♪ えいっ!」
笑って言い切ると、アリシアは手にしていた高圧電線塔を思い切り振り下ろして、背の高いビルを壊してしまった。電線塔がバラバラになって鉄柱が周囲に散らばったが、魔法使い見習いの少女は気にせずに残った部分を蹂躙していく。
それを見ながらリオンは立ち上がると、今度は目についた鉄道の高架線に襲いかかっていった。まずはパンブスに包まれた足で高架線を思いきり踏み潰す。派手な音がして、高架線は両断されて架線が垂れ下がったが、そのまま歩いてさらに破壊していく。すぐに電車を見つけると、高架線を巻き込みながら座り込む。
「やっぱり小さいわね~。しかも脆そうだし♪」
 恐ろしいことを平然と言いながら、手だけで二両分を引きちぎる。残りは近くの建物を壊しながら投げ捨てると、手にした車両をごく控えめな胸の谷間に押し当てて、動かし始めてしまった。
「う……ああっ、駄目……こんな事したらお姉さまに怒られちゃう……」
「リオンも結構えげつないわね……」
親友の思いがけない一面を見て、アリシアがびっくりしたようにつぶやく。足元では車を派手に踏み潰し、周囲には破壊された建物しか存在しなかったので説得力は皆無だったが。
「お姉さまにはナイショにしてて……あ! 駄目……出ちゃいそう……」
「それだけでイケるなんてちょっと凄いかも」
一瞬、愉悦に満ちたリオンの顔が歪んだ。しかし、すぐに緩んだ笑みを浮かべると得意げに反論する。
「いいじゃない~♪ それにこーやって壊してしまうってとっても楽しんだから!」
 言い切るのと同時に、リオンはスカートが捲れるのも構わずに転がった。巨体の下で大通りの車や街灯、電柱がまとめて潰されていき、火花を散らしたが、巨大な少女吸血鬼はそのまま住宅街の上にまで転がって全身で派手に破壊してしまった。建物などが壊されていくたびに背徳の快感が少女の全身を貫き、理性を失わせていく。
「酷い……こんなに大きくなってるのに転がってしまうなんて……でも建物を壊してしまうのってとても……気持ちいい……」
 リオンがようやく体を起こしたのはしばらくしてからのことだった。マンションを半分壊しながら寄りかかる。
「もうドロワの中までぐちょぐちょ。怒られそう……」
「いい壊し方するわね、リオンも♪」
「でしょう? これが私の本当の実力なのよ」
姉以上の潜在能力を持つと言われながらも、その幼さ故に能力を制御することも出来ない少女は自慢げに言い切ると、マンションを壊しながら立ち上がった。持ったままだった電車を握り締めると、目についた別のビルに思い切り叩きつける。その一撃だけで電車は粉々になり、周囲に破片などを飛び散らせたが、構ったりせずに蹴りを食らわせて倒壊させてしまった。
一方、アリシアもまた破壊活動を続けていた。自分が破壊して生み出した瓦礫を満足そうに見回すと、商業施設が密集する地区へと襲いかかっていったからだった。
 最初に、自分の腰ぐらいまでの高さの建物を屋上に手をかけるとそのまま力を込めて押し潰す。一撃で瓦礫になったのを確かめると、スカートにも構わず足を振り上げてその上に下ろして止めを刺す。瓦礫が周囲に飛び散るを見ながらも、今度はそこに向かって突撃して足だけで立ち並ぶビルなどを薙ぎ倒していく。
「アリシアも凄い~。簡単に壊してるじゃない」
すぐに破壊活動を再開したリオンが感心したように言う。
「えへ♪ 一度やってからすっかり癖になっちゃったの。この遊び、最高に楽しいじゃない!」
そう言いながら、巨大化した少女はスカートを翻して目についた大型のマンションの中央部を思いきり蹴り上げた。その一撃だけで建物は両断されたが、構ったりせずに二度三度と蹴飛ばして、周囲の建物ごと瓦礫に変えてしまった。
 あちこちに巨大なパンプスの足跡を残しながら、アリシアは大通りに出た。アスファルト舗装を陥没させ、車を踏み潰して炎上させながら悠然と歩くと、今度はアーケードのある商店街に襲いかかる。まずはアーケードの下に手を入れて力任せに引きちぎると、そのまま両手で持って周囲を思いきり破壊する。あまりの気持ちよさに鼓動が速くなるのを感じながら、瓦礫を踏みつけながら突き進む。小さな建物も簡単に壊滅し、一部が炎上したが、アリシアはその場に膝をつくと手で壊したばかりの建物を持ち上げて辺りに叩きつける。激しい攻撃に商店街どころかその周囲にある建造物も全て壊されていったが、立ち上がったアリシアは止めとばかりに歩き回って蹂躙してしまった。
「あーあ。めちゃめちゃになっちゃった……」
 瓦礫の山と化した商業地区を眺めながら、両手を前にした魔法使いの少女はわざとらしく溜息をついた。
「でも仕方ないわね。私は怪獣なんだから♪」
 開き直ったように言い切ると、今度は立体式の駐車場の真上に足を振り下ろして、中央部を破壊する。車がまとめて壊されていくのが快感だったこともあって、反対側の足も振り下ろしてまとめて踏み潰してしまう。それでも満足できなかったので、なんとその状態からジャンプしてしまった。ドロワを丸見えにしながら着地しようとしたが、瓦礫が足に引っかかってしまう。
「あっ……」
慌ててバランスを取ろうとしたものの既に遅く、無傷の建物を派手に巻き込みながら盛大にしりもちをつく。轟音が響き渡り、局地的な地震が周囲の建物を派手に揺らし、ガラスを飛び散らせる。

街破壊巨大幻想139

「何してるのよ~」
少し呆れたようにリオンが近づいてきて声をかけてくる。
「ちょっとだけ失敗しちゃった♪ でもまた派手に壊しちゃった。アリシアが遊ぶだけで街はめちゃくちゃ……」
「でもまだほとんど壊してないじゃない。私はこっち壊滅させるから、リオンはそっちいいわよ」
「え? 本当に? やった♪」
「アリシアなら幾らでも壊せるわよ」
内心沸き上がる<衝動>を押さえながら、リオンは言うと背中を向けた。派手に破壊活動をしているせいか、親友の少女と目を合わせると何をしてしまうか分からなかった。
それに気づくことなく、アリシアは少し離れた場所にあった新たな獲物……コンベンションホールに襲いかかっていった。まずはパンプスと三つ折りソックスに包まれた足で駐車場を蹂躙する。巨大な足跡が無数に残り、潰された車が爆発炎上したりしたが、構ったりせずに手足を使って車を集めて山のように積み上げて、思い切り踏み潰してしまった。
「この程度では満足できないのよね~」
 平然と言いながらスクラップを蹴散らすと、そのまま建物へと襲いかかっていく。まずは自分の腰下ぐらいまでの高さを誇る建物に豪快なキックを食らわせる。その一撃だけでホールの一部が吹き飛び、骨格などもむき出しなったが、さらに両手を振り下ろして屋根ごと倒壊させる。
「やっぱり簡単に壊せるわね♪」
 嬉しそうにつぶやくと、巨大少女は建物を壊しながら足を踏み入れると、足だけで内部をぐちゃぐちゃにしていく。屋根も半分崩落して踏み潰され、建物は既に原形を失いつつあったが、アリシアはなんとその上に座り込んでしまった。スカートに包まれたヒップがさらに残された部分を破壊したが、さらに足を思いきり伸ばして、ついには壁まで壊してしまった。
「凄い壊し方するのね」
 感心したようにリオンが声をかけてくる。その本人の周囲は瓦礫の山と化しており、元々何があったのか分からない状態だった。
「大きな建物は容赦なく壊したくなるの♪」
 笑って言い切るとアリシアはスカートなどから瓦礫を落としながら立ち上がった。止めとばかりに瓦礫を踏み潰すと、すぐ隣りにあった車両ヤードへと襲いかかっていく。まずは足で複線の本線を踏み潰し、架線を断ち切って火花を散らせる。それでもアリシアはそのまま歩いて、ヤード上の車両を全て踏み潰してしまった。
「あーあ。潰しちゃった……。ぐちゃぐちゃ」
 平然と言い切ると、腰をかがめて潰したばかりの電車を編成ごと持ち上げる。巨大な少女が怪獣のように電車を手にする壮絶な光景が展開されたが、アリシアは笑いながらそれを他の編成に叩きつけてしまった。その一撃だけでヤードの半分の車両が破壊され、電車
も一部が壊されたが、巨大化した少女はそれらを悠然とした足取りで踏み潰してみせる。
「遊ぶのにはちょうどいいのよね~。こうやって。えいっ」
 笑いながら言い切ると、アリシアは思い切り足を振り上げると、ヤードに残っていた車両をまとめて蹴飛ばしてしまった。その一撃でほとんどの車両が吹き飛んで破壊され、車両庫も中の電車ごと潰れてしまう。それでもアリシアは、再びその場に座り込むと今度は転がって止めを刺してしまった。あどけない少女の巨体が車両ヤードを壊滅させたが、アリシアは楽しそうに笑いながら体を起こす。まだまだ破壊劇は始まったばかりだった。

……どうしたらいいの? 気持ちを抑えられない。お姉さまがいれば何とかしてくれると思うけど、ここにはアリシアしかいないし。でもこんな時に発散したりしたら……。

……
何やら雲行きが怪しくなってきましたが、一旦終了させてもらいます。この続きですが、4番目のリククエストである「艦これ」の村雨&夕立コンビの大暴れを単発でアップしてから書きたいと思います。どうも長くなりそうなので……。

(巨)大妖精

街破壊巨大少女幻想138

pixivにも上げたのでご覧になった方が多いと思いますが、こちらにもアップします。前々から描きたかった巨大な大妖精です。
海外サイトでは大好評でしたw 

SSリクエストシリーズ第3弾はもう少しお待ち下さいね。

あ、来年も更新は続きますのでよろしくお願いします!

戦う巨大娘たち

pixiv上にもアップしたのですが、せっかく描いた巨大娘イラストなのでこちらにもアップします。
街破壊巨大少女幻想137

オリキャラの千鶴(左)とブルーアロー(右)の戦いを描いてみました。こういう構図で描くのは初めてだったので勉強になりました。よく確かめてみると巨大娘同士のキャットファイトというのも少ないですよね。まあ、難しさは半端ではないので無理もないですが。今後もこんな感じのイラストを描いてみたいと思います。

次回の更新はSSの予定ですが、イラストも含むので来年になるかもしれません。話自体も非常に長くなりそうですからね~。
お楽しみに!

リンク欄より、「巨大な巫女さんを眺めるブログ」へのリンクを削除しました。管理人のsim35様より閉鎖の連絡があったことによるものです。巨大な巫女さんも大好きだったので残念ですが、残された自分も頑張りたいと思います。長い間お疲れ様でした。

博麗の巫女の結界破り

SSリクエストの5連作の第2作目「博麗の巫女の結界破り」が完成したのでアップします。今回もイラストを1枚入れています。
霊夢は可愛いので巨大化して暴れると絵になりますよね~。

……
「ちょっと……どうなってるのよ、これ」
自分の置かれた状況に気づいた瞬間、博麗霊夢は思わず大声を上げた。
紅白の巫女服に身を包んだ少女は約三十倍サイズまで巨大化して、外の世界とおぼしき大きな街の中央に立っていた。パンプスに包まれた巨大な足は通りのアスファルトを陥没させ、複数の車を完全に潰してスクラップに変えていた。
「紫の仕業ね、どう考えても……」
こんなイタズラをするのは妖怪の賢者・八雲紫以外には考えられなかった。そもそも、縁側でお茶を楽しんでいたところ、いきなり空間上に開いたスキマに落とされてしまったのだ。
油断も隙もあったものではなかった。
「で、なんで巨大化してるのよ。そもそもここって本当に外の世界? まるで人の気配は感じられないし、覚えのある妖力だって感じられるし……」
<ご名答。さすがは博麗の巫女ね~>
「紫! すぐに元に戻しなさいよ! イタズラばっかりしてると本気で退治するわよ!」
<あら、ご挨拶ね♪ 貴方にちょっと頼みたいことがあるのよ>
「あんたの頼みなんて怪し過ぎるわね。またろくでもないことを企んでるんでしょう?」
<そんなはずないじゃない~。要はその街を完全に破壊し尽くして欲しいのよ♪>
「へ?」
<殴ったり、蹴飛ばしたり、体当りしたり、押し潰したり……どんな手を使ってもいいわ。但し、弾幕とスペルカードは使用禁止。貴方の身体と力だけで壊して欲しいの>
「なにそれ。本気なの?」
<私が嘘を言ったことがあったかしら?>
「……。こういう時に嘘をついたことはなかったわね」
<ふふ。ありがとう。実はその街は私が作った架空の街なのよ。実際は街ではなくてとある結界なんだけど、どうしてもそれを破らないといけなくなったのよ。で、貴方の出番となったわけ>
「ただの結界破りにしては手が込んでるわね。まだ裏がありそうだけど……要するに私が身体と力で結界を壊さないと駄目な状況なのね」
<さすがは飲み込みが早いわね~。つまりはそういうことなのよ。というわけで、お願いするわね♪>
あっと思う間もなかった。
紫の気配は消えて、架空の街の中には巨大化した霊夢だけが残された。
結界破り、ね……確かに得意だけど、こういう方法ってある? 普通にやった方が早いのに。
不平半分思いながら足を振り上げて、足元の車を思い切り蹴飛ばす。その一撃だけで複数の車が巻き込まれてスクラップになり、一部が爆発炎上する。車の一部は通りに面した建物の正面を思い切り破壊し、電線が切れて火花を散らす。
恐ろしくリアルだったが、架空の街なので霊夢自身は熱さも痛みもまるで感じなかった。
簡単に全部壊せそうね。こんなに巨大化してるんだから当然かもしれないけど……。
そう思うのと同時に、心が熱くなるのを感じる。当の本人は気づいていなかったが、それは純粋な破壊衝動だった。
「……。仕方ないわね。こうなったら思い切り暴れてやるから!」
半ば開き直るように宣言するのと同時に。霊夢はついに動き始めた。

最初に破壊されたのは、通りに密集していた車だった。さっきの一撃で既に一部がスクラップと化していたものの、霊夢の巨大なパンプスによって道路のアスファルトごと潰されていったからだった。
「簡単に壊れるのね。ま、こんなに大きくなっているから当然だけど」
十歩ほど歩いてから、霊夢は口元に手を当ててつぶやいた。
「それにしても大きな建物ばかりで自然なんかまるでないじゃない。こんな所に暮らして何が楽しいのかしら。しかも……」
言葉を切って、霊夢は白い袖に包まれた両腕を通りに面していた建物めがけて振り下ろした。それだけで建物は両断され、階層がむき出しになる。瓦礫が道路に落下し、さらに車を潰してしまう。
「想像以上に脆いじゃない。これなら幾らでも壊せそう。えいっ」
もはや躊躇いは一つも存在しなかった。巨大化した博麗の巫女は膝上までのスカートを思い切り翻して、半壊したビルに蹴りをお見舞いした。パンプスと三つ折ソックスに包まれた足が凶器となって建物をまとめて破壊し、周囲のビルなども巻き込みながら倒壊する。一気に瓦礫や埃が舞い上がり、さすがの霊夢も口元を押さえたが、視界が晴れるのと同時に。かすかに笑みを浮かべた。
蹴りの一撃によって、街の一部は原型も止めないほどに破壊されていたからだった。一部からは黒煙も吹き上がっていたが、霊夢は気にすることなく足を踏み入れる。瓦礫を踏み潰すたびに不思議な快感が込み上げてきて、下半身が少しずつ熱くなってくるのを感じる。
……無理ないじゃない。こんなに楽しいんだから♪
立ち並ぶビルをスカートに包まれた足で破壊しながら進み、両手で大型の商業ビルの屋上を鷲掴みにして引きちぎる。それを無傷の住宅地に叩きつけると、小さな家がまとめて瓦礫と化していく。それでも霊夢は手を止めたりしなかった。
自分の胸元ぐらいまでの高さを誇る大型マンションに行く手を塞がれると、再びキックを食らわせて中央部を破壊する。そこに足を踏み入れると今度はむき出しになった部分を何度も殴って破壊し、最後は両手をかけて押し倒してしまう。1分もかからずに、大型マンションは瓦礫の山となり、霊夢はそれを踏み潰しながら新たな獲物へと襲いかかる。
「これ……鈴奈庵で借りた雑誌で見たことがあるわね」
次に霊夢が目をつけたのは、大型の電線塔だった。無造作に足元の建物を蹴散らしながら近づくと、軽く手をかける。
「でも武器代わりにちょうど良さそう♪ えいっ……あ!」
軽く力を込めて地面から電線塔を引き抜いた霊夢だったが、電線が切れた瞬間、派手に火花が散ってさすがに驚いた。それでも熱くなかったので無理やり電線を引きちぎると、両手で電線塔を持つ。
「うん。いい感じいい感じ。やっぱり武器がないと駄目よね~」
笑いながら言い切ると、紅白の電線塔を持った紅白の巨大巫女は住宅が密集する地区を踏み潰しながら歩くと、大きめのビルに襲いかかっていく。まずは手にしていた電線塔をを思い切り振り下ろす。その一撃で建物を壊そうとしたが、壊れたのは塔の方だった。
「……。なにこれ、全然じゃない」
不満げにつぶやいて原形を無くした電線塔を無造作に投げ捨てると、憂さ晴らしに派手なキックを食らわせる。体重の乗ったそれによってビルは中程から真っ二つになり、瓦礫が派手に飛び散って周囲の建物や住宅、道路上の車などをめちゃめちゃにしていく。それでも霊夢は残った部分ににも蹴りを食らわせて、ついに周囲ごと瓦礫にしてしまった。
「まだまだかなり残ってるわね。大変かも……」
口ではそう言いながらも。霊夢は無邪気な笑みを浮かべていた。
怪獣のように暴れるのは楽しくて仕方なかった。

巨大化した博麗の巫女が下半身の熱さをはっきりと意識したのは、大きな街の四分の一が瓦礫と化した頃のことだった。
「……なんでこんな時にこうなるのよ。確かに興奮して仕方ないけど何もこんな時に……」
口ではそう言ったものの、原因は分かりきっていた。制限のない破壊行為が、ちょっとした背徳感と混じり合って今まで経験したことがない性的興奮に結びついていることに……。
「でも適当なものなんか……あるじゃない♪」
密集する住宅を壊滅させて、その上に仁王立ちになっていた霊夢だったが、瓦礫を蹴散らして次の標的へと向かっていく。そこにあったのは……電車の高架線だった。
「さっきから気になってたのよね~。武器にはしづらそうだけど、大きさもちょうどいいし」
言い訳半分つぶやいていたが、身体は正直だった。高架線の上にあった通勤電車を先頭から掴み上げると、二両分だけを引きちぎって手に持ったからだった。一瞬だけ周囲を見回して誰もいないことを確かめると……赤い巫女服の上から胸の谷間にこすりつけ始めてしまった。途端に今まで経験したことがない程の快感が背筋を走り、とろけるような恍惚感と共に霊夢は高架線を壊しながら尻もちをつく。
「う……うふっ、箒と違って刺激的♪ こういうのもいいかも……ああ、駄目……!」
思い切り足を伸ばして高架線や周囲の建物を破壊しながら、電車で胸の谷間を刺激し続ける。小ぶりながらも形の良い胸が揺れるたびに少女の唇からは喘ぎ声が漏れ、下半身の熱さが加速していく。
「もう……どうにでも……なれ!」
しばらくして、ついに霊夢はスカートの中に電車を入れてしまった。よく箒でやるように、短めのドロワ越しに原形を失いつつある電車で秘部を思い切り刺激する。さっきまでの何倍もの悦楽が全身を支配し、霊夢はまるで獣のように転がってしまう。ふわりと翻った黒茶色の髪と赤いリボンが住宅などの上にかかり、さらに転がってきた博麗の巫女の巨体が簡単に全てを押し潰していく。それでも霊夢はスカートが完全にまくれたあられのない姿で一人遊びを続ける。
「ああっ……駄目……ドロワの中までぐちゃぐちゃ……後で大変なのに……でも……凄く気持ちいいかも……」
小さなアパートを枕にしながら、巨大化した少女はつぶやく。両手は握りしめた電車をドロワに押し付けたままだった。
「まさかこんな状態でイッちゃうなんて……思わなかった……でも、何回でもイケそう……」
平然と言いながらさらに転がって住宅街を破壊する。巨体の下で建物が潰れていく感覚すらも気持ちよくて、秘部から幾らでも熱いものが溢れるのを感じる。
極楽にいるかのような悦楽に浸りきって、霊夢がゆっくりと体を起こしたのは、それからしばらくしてからのことだった。道具代わりした電車を無造作に投げ捨て、乱れた髪を直しながら辺りを見回す。大きな架空の街はたったひとりの少女の手によって、一部が原形を残さないほどに破壊し尽くされていた。あちこちからは黒煙や炎が吹き上がり、瓦礫とも相まって地獄絵図と化しつつあった。
それでも、霊夢の笑顔は崩れなかった。
「でもまだまだ無事な建物とかが多いわね。もっともっと壊さないと♪」
そんな事を言いながら立ち上がる。汚れた巫女服からは瓦礫などがぼろぼろと落ちてきたが、気にすることなく次の獲物へと襲いかかっていくのだった。

その後も巨大化した博麗の巫女による大破壊は続いた。アーケードを持つ大きな商店街はそのアーケードを武器にして破壊し尽くされて無残な姿を晒し、高架線の駅は電車ごと壊滅し、その周囲に立ち並んでいた大型のビルもまた全て倒された挙句、完膚なまでに踏み潰されてしまった。
「まだまだ壊し足りないわね~」
ゆっくりと瓦礫の上から体を起こしながら、霊夢はつぶやいた。街の中心部に襲いかかって約十五分で、主な部分は壊滅していたが、なぜか物足りなかった。

街破壊巨大少女幻想136

「もっと大胆に壊した方がいいのかも。たとえば……」
両膝をついた状態のまま、巨大化した霊夢は移動を始めた。また車などが潰されて爆発したが、構ったりせずに目についた無傷のビルに襲いかかる。いきなり、全体重を預けて寄りかかる。小ぶりな胸の下で建物が崩壊していったが、そのまま押し潰してしまう。それでも満足できなかったので、今度はセミロングの髪やリボンを思い切り揺らしながら転がる。約1500トン近い体重を受け止めて、周囲の建物が次々に瓦礫となっていく。
「やっぱり楽しいわね~。こういうのも。こんな事もしたりして」
密集する住宅地の中心部に横たわって、巨大な少女は二の腕がむき出しになった腕を伸ばすと、そのまま立ち並ぶ建物を巻き込みながら腕を閉じてしまった。綺麗な両腋の下で、住宅などが破壊されていったが、霊夢は笑っていた。
「腋で建物を壊すなんて私ぐらいかもね~。胸はあまりある方じゃないし……」
一瞬、自分よりも立派な胸を持つ別の腋巫女の存在が心に浮かんだが、すぐに打ち消して霊夢は立ち上がった。全身に付着した瓦礫を振り払うと、今度は工場などが立ち並ぶ地区へと襲いかかっていく。
「このあたり壊すと酷いことになりそう~。でもやっちゃったりして♪」
爛漫な笑みを浮かべると、霊夢は躊躇いを見せることなく工場へと足を踏み入れていく。パンプスに包まれた足で正面ゲートを踏み潰し、まずは目についた腰ぐらいまでの高さの建物を壊しながら歩く。原形を失うほどに破壊されたのを見ると、今度は足を振り上げて周囲の建物ごと壊してしまう。
「やっぱり脆いわね~。簡単に壊れるじゃない」
わざとらしくつぶやきながらも、手足を使って次々に工場を壊していく。
大型のクレーンがスカートに倒れ掛かってくると両手で持って武器にして暴れる。
ガスの詰まったタンクを見つけると地面から引き抜いて、別の建物に叩きつけて大爆発を引き起こす。
吹き上がる爆炎と煙を悠然とかき分けながら何かのプラントに襲いかかって、さらに爆発炎上させる。
気がつくと、30倍サイズに巨大化した霊夢の周囲には、無残なまでに破壊された工場と、派手に燃え上がる瓦礫などしか残されていなった。
「よく燃えるわね。焚き火がわりにちょうどいいけど♪」
気がつくと、街の半分は破壊されるか炎上するか、灰燼と化していた。全て自分が起こした惨劇だと気づくと、霊夢は自分の胸に手を当てて少し俯く。罪悪感に駆られたわけではなかった。自分の<力>に改めて興奮しつつあったからだった。
一度は鎮まったはずの下半身が激しく疼き、新たな性的興奮を求め始める。
「ああもう……。私ってそんなに淫乱じゃないのに……」
<可愛らしい顔をしてえげつないほどエロい>ことにも気づかないまま、霊夢は興奮を鎮めるために大暴れを再開する。それでも、一度火がついた欲情を止めることはできなかった。

夢中になってどれだけ暴れただろうか。
巨大な博麗の巫女は高層マンションなどが立ち並ぶ地区へと襲いかかって、瀟洒な建物をまとめて瓦礫へと変えていた。
「えーいっ!」
気合の入った掛け声と共に、まだ壊していないタワーマンションの中央部にキックを喰らわせる。その一撃でも崩れないのを見ると、今度は白い袖を大きく翻しながら拳を叩き込み、最後にショルダータックルまでお見舞いして一気に倒壊させる。派手に埃が舞い上がり、視界が悪くなったが、気にすることなく踏み潰して仁王立ちになる。
「かなり壊したわね……。もうそろそろ壊滅しそう」
さすがに少しばかり息が荒くなっていた。疲れを感じたこともあり、壊していない建物をスカートに包まれたヒップで潰しながら座り込み、大通りの車などを巻き込みながら足を伸ばす。巨大化した少女が動くたびに新たな破壊や爆発が発生したが、もはやまったく気にならなかった。
「……駄目。止まらない……。なんでこんなに興奮するの……」
スカート越しに秘部を両手で押さえて、霊夢は赤面した。一度は発散したはずの疼きが止まらず、正直困り果てていた。
「でも同じ方法じゃ駄目だし、もっとこう激しくないと……」
ふと、すぐ近くにまだ壊していないビルが目に入った。巨大化した少女の腰ぐらいの高さがある建物だったが、ある事を思いついた瞬間、霊夢の理性は吹き飛んでいた。
弾かれるように立ち上がると、そのビルの前に立ってフリルの付いたスカートを豪快に捲り上げる。短めのドロワが丸見えになってしまったが、霊夢は興奮を抑えられないまま、ドロワに包まれた秘部をビルに押し当て始めてしまった。電車を使った時とはまた違う興奮が脳天を刺激し、可愛い顔に似合わない喘ぎ声を上げる。
「うう……す、凄い! この感じこの感じ! これが欲しかったのよ~。なんで今まで思いつかなかった……うふっ……」
もはや本能の命ずるままだった。霊夢は腰を激しく動かし、まだ未熟な下半身をビルに擦りつけ続ける。道具代わりにされたビルは屋上の施設が簡単に破壊され、上層階までむき出しになったが、それがまた新たな刺激を少女にもたらす。
「あふう……うっ……あああ……駄目……見られたら最悪なのに止められない……気持ちよすぎ……」
自分がビルを壊しながら角オナをしていると思うと、恥ずかしさも背徳感も最高潮だった。しかし、それ以上の悦楽が全身を支配して、博麗の巫女を性欲の塊に変えていく。
絶頂に達した瞬間、一段と激しく腰を動かしたせいでついにビルが倒壊した。勢い余った霊夢は前のめりに倒れて、大通りの車などをめちゃにしながら転がる。スカートはまくれ上がり、濡れそぼったドロワの下でもトラックなどが潰れていたが、少女は愉悦の笑みを崩さなかった。
「ここまできたら何をしても平気ね……。見られてもかまわない♪」
絶頂を迎えたばかりだというのに、霊夢の興奮は止まらなかった。全身から瓦礫やスクラップを落としながら立ち上がると、残っていた建物を夢中になって壊しては、その場に座り込んで自慰したり、角オナを繰り返したからだった。
大きな架空の街が瓦礫と炎と灰燼に沈んだのは、霊夢が何回目かの絶頂に至った直後のことだった。

いい壊しぶりね~。さすがは霊夢。可愛い顔をして本当にエロいんだから。ま、最後は少しばかり理性の<境界>を弄んだけど、この程度ならいいわね♪ この映像を外の世界に流せば莫大なアフィリエイト収入があるんだから……。

……
次回はSSリクエストシリーズ第3弾というわけで、神風様からのリクエストに応えたいと思います。前にも登場してもらったロッテ・リオン姉妹&スノウ・アリシア姉妹が主人公の大暴れを予定していますが、正直かなり長い話になると思います。ネタの多いキャラたちですからね~。ただの巨大少女破壊ものではなく、普通の小説としても読めるような話にしたいと思います。お楽しみに!
プロフィール

小笠原智広

Author:小笠原智広
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード